1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

サービス開始から5年で2,500社に導入されました。
私達は「伝えることを、もっと簡単に。」をコンセプトのもと、B to B向けの手順書作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz(ティーチミー・ビズ)https://biz.teachme.jp/ 」「販促クラウドhttps://biz.hansoku-cloud.jp/」を開発・提供しています。 どの企業においても「知らないから出来ないだけ」の業務が多く存在します。 開発環境の構築手順書、交通費の精算方法、ロッカーの鍵番号変更、接客時の鉄板トーク、レジの返金操作手順など…。Teachme Bizはそんなあらゆる企業内の業務知識を写真・動画ベースで簡単に手順書として作成し、共有を可能にする新しいスタイルのクラウドサービスです。 Teachme Bizは金融から小売、飲食、宿泊、物流、医療まで国内外問わず導入されており、様々な社内業務や手続きを可視化・共有するプラットフォームとして各社の生産性向上に寄与しています。 ▼お客様導入事例 ・キリンシティ株式会社様 (飲食業) https://biz.teachme.jp/casestudy/kirincity/ キッチンやホール、共通業務のマニュアルを作成・配信することで新人スタッフの自己学習を支援するのと同時に、Teachme Bizを使って社内でマニュアルコンテストを開催。トップダウンで手順書を配信するだけでなく、現場のベテランスタッフが持つナレッジを吸い上げ、組織全体に拡げる取組みとしてもTeachme Bizを活用頂いています。 ・株式会社トレタ様 (ITサービス業) https://biz.teachme.jp/casestudy/toreta/ アプリのオンラインマニュアルをTeachme Bizを使って作成、配信。従来のマニュアル作成時間が1/2以下に短縮され、常に最新の手順書をわかりやすく伝えられるように運営されています。 参考URL: https://teachme.jp/16816/f/toreta/sf/3406/

なぜやるのか

◆会社のビジョン 「伝えること」のロスをなくし、生産的でクリエイティブな仕事に集中できるようにするため、「伝えることを、もっと簡単に。」していくことが当社のミッションです。 そうやって、知る、考える、作り出す喜びを感じられる場面を増やし、「知的活力みなぎる社会」を実現することが当社のビジョンです。 ◆読むマニュアルから、見るマニュアルへ 手順や方法は正しく伝わらなければ、手順間違えやロスを生み、業務の生産性を大きく引き下げる結果になります。 世界中にはびこったマニュアルや手順書の多くは、紙ベースで文字で記述されたものが大半です。 文字は、理解のブレ、認識の間違いを生みやすく、ファイルで綴じられ大量の文字で記述されたものは読まれないというリスクもはらんでいます。 我々は、この課題を解決するために、マニュアルを「文字だらけ」から「画像、動画だらけ」にして、クラウドベースで早く、正しく届けるられるように「Teachme Biz」を開発しました。 これを日本にとどまらず、世界に広げ、企業の業務生産性向上に貢献するべく事業を展開しています。 ◆日本の生産性向上への貢献 労働力が減少していく日本では、人材育成を効率化し、即戦力化すること、そして貴重な労働力として外国人をいかに活用していくかは、国策といってもよい重要なテーマです。 業種、業界、企業規模を問わず求められるこのテーマに、当社は「Teachme Biz」という事業を通して応えていきます。

どうやっているのか

各部にミッションがあります。
◆徹底したミッションへのこだわりと実践 当社のメンバーはみな、スタディストが掲げる 「伝えることを、もっと簡単に。」というミッションに共感し、 集結したチームです。 全社ミッションは、部門ミッションにブレイクダウンされ、全社一丸となった取り組みを重視しています。 新たに改定されたValueとともにスタディストは次のフェーズへと進んでいきたいと思います。 ____________________ 〈Value〉 ◇Deep Work 仕事とは、長く時間をかければ良い結果になるというものではない。 策を立て、密度高く、集中して取り組むことを心がけよう。 仕事において、時間やリソースが潤沢になることなどあり得ない。 不足があるからこそ、回避策の工夫、ひらめきやアイデアが出る。 「どうしたら、できたと言えるか?」 「どうしたら、時間やリソースの不足、浪費を回避できるか?」 この「どうしたら?」が「策」である。 策は、想定もできなかったような成果を、早く引き寄せてくれる。 人生は短い。 「策を練らず、時間をかけて仕事をする」ことに慣れてしまったら、 知的活力が漲ることもなく、膨大な時間が浪費されるだけだろう。 ディープワークは、「study - st」としての基本姿勢。 ◇Fair Play 道のド真ん中を、両手を振って、 太陽の下を堂々と歩くかのようにいこう。 真摯な態度と謙虚な姿勢で、サービスを提供することにこだわろう。 企業とは、社会に役立つ事業を行うために存在するチームである。 正しい行いすら実践できないチームは、 社会に役立つことなどできない。 正しい行いを貫く姿勢は、チームの最大の強みである。 どんなことであれ、フェアプレイをしよう。 ◇Full Ownership 他人事、自分の仕事だけ終われば良い、クオリティも適当で良い、 そう思って取り組む仕事ほど結果が出ないものはない。 成長もしない。 どんな仕事であっても、取り組むからには 自分の価値を何か付加できないかを意識しよう。 そうすれば、全体最適の視点になり、知恵も出る。 結果として、大きな成果に結びつく可能性も飛躍的に高くなる。 他人事になり、逃げの姿勢が出た瞬間に、 成長のチャンスは逃げていく。 オーナーシップを持って取り組み続ければ、次のチャンスを獲得し、更に成長する。 これぞまさに「study - ist」のあるべき姿。 何事も、フルオーナーシップでいこう。 ◎Value改定の記事はこちら~ https://www.wantedly.com/companies/studist/post_articles/160987 ____________________