1
/
5

なにをやっているのか

【東京都防災アプリ】災害への備えに役立つ多くのコンテンツの中から、自分好みでメニューをカスタマイズして利用できます。2018年3月1日にリリース以来、現在まで運用と機能追加の開発を続けているプロジェクトです。
【SHAKE DE 福笑い画像】スタジオスプーン初の自社プロダクトとして、年始めのご挨拶の御年賀に制作したスマホ用アプリです。モバイルデバイスのジャイロ機能を使い、「振る」という行為で福笑いを楽しむことができます。
【JUST DESIGN, JUST DEVELOP.】 スタジオスプーンは、クライアントの課題をデザインとエンジニアリングの力で解決するデジタルクリエイティブプロダクションです。マーケティングや企画から生み出された「こんなクリエイティブが必要なんだ」というオーダーに、最高品質のアウトプットでお返しします。 事業領域は、Webサイトや Webアプリケーション、ネイティブアプリケーション(iOS / Androidアプリ)のデザイン〜開発まで多岐に渡ります。最近では、ブロックチェーンを活用したプロジェクトにも携わるなど、領域を拡大しています。 2013年7月に創業し、現在8名のメンバーが在籍。クライアントをはじめ、多くのステークホルダーのおかげで、創業10周年が視野に入ってきました。スタジオスプーンは、これから事業をさらに拡大させ、2027年には50名規模の組織を目指します。 ▼得意なこと ・グッと側に寄って行う丁寧なヒアリング ・堅実な仕上がりに、少しの遊び心を加えたビジュアル制作 ・命吹きこまれたごとく、かろやかに動き出すエンジニアリング <会社概要> https://studio-spoon.co.jp/about/ <制作実績> https://studio-spoon.co.jp/works/

なぜやるのか

代表取締役 中村昌司
代表取締役 中村明史
【「つくることの喜び」と、「とびきりのありがとう」】 クライアントの多くが、商品の魅力を相手に上手く伝えられないという課題を抱えています。そういった課題に、私たちは最高品質のアウトプットで応えていきます。最高品質のアウトプットには、「つくることの喜び」が伴います。そして、目指すのはクライアントからの、とびきりの「ありがとう!」 この「つくることの喜び」と、「とびきりのありがとう」が私たちの原動力です。

どうやっているのか

【神戸オフィス】フルリモート勤務のため、自分らしい働き方が可能です。
【当たり前を、きっちりと。】 納期を守る。 丁寧に伝える。 意見を交換し合う。 無理をしない(強がらない・嘘をつかない・安請け合いをしない)。 私たちが最も大切にしている行動の原点です。その上で、私たちは常に新しい知識を取り入れ、自分たちの技術を磨き続けています。そして、一人一人が健やかに働き、能力を発揮できる環境づくりにも注力しています。 ▼時間や場所に縛られない フルリモート・フレックスタイム勤務を導入し、時間や場所にとらわれない仕事が可能です。リモート勤務手当もあり、実際に地方在住で働く社員もいます。 ▼ワークライフバランス 平均残業時間は月8時間(2020年11月〜2021年10月平均)。仕事とプライベートの両立を大切にしており、有給取得率100%の社員も数名います。出産・育児休暇などの制度も整っています。 ▼オープンなコミュニケーション 役職や社歴に関係なく、誰もが自由に発言できる環境です。優れた意見があれば積極的に取り入れ、より良いアウトプットに繋げています。