1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【ストアカの社内表彰プログラムの様子をお届けします!】第4回ストアカバリューズアワード


こんにちは!ストリートアカデミー株式会社でカスタマーサクセスを担当している松宮です。

少し前になりますが、11月にストアカの社内表彰プログラム「第4回ストアカバリューズアワード」を開催しました。今回はその様子をレポートしたいと思います。

そもそも「ストアカバリューズ」とは?

「ストアカバリューズ」は、ストアカのミッションである「まなびの選択肢を増やし、自由に生きる人を増やす」を実現するために策定された行動指針のことです。

ストアカは、それぞれのメンバーが自律的に働く組織を目指しています。そのために、みんなが行動する際の価値観を合わせる指針が必要だと考え、2018年に当時の役員メンバーを中心となって3つのバリューを策定しました!

Enjoy the Waves
 未踏への挑戦を楽しむ
Be Professional
 最良を考え抜く
No Border
 枠にこだわらない

これらのバリューズは、ストアカオフィスの会議室の名前にもなっています。「No Borderで13時から打ち合わせね!」という感じで使われていて、細かいところでもメンバー同士が日々バリューズを意識するきっかけをつくっていたりもします。

各会議室にはバリューズがペインティングされてるんですが、これもストアカメンバーでDIYしたもの。自分たちの手で描いたんだと思うと、なんだか愛着が湧くから不思議です!

(その時の様子はこちら:ストアカBranding Project #1:オフィスペインティングで、チームビルディング!


「ストアカバリューズアワード」が始まった経緯

このように日々の生活の中で自然とバリューズを意識するようにしているわけですが、「よりバリューズをチームに浸透させたい!」「社内にほめ合う文化をつくりたい!」という思いからスタートしたのが、「ストアカバリューズアワード」という社内表彰制度です。

バリューズアワードの目的は、ストアカバリューズを最も体現した人を讃えることで、チームが目指すバリューズを理解・浸透させるというもの。

アワードは数ヶ月に1度実施します。タイミング的には社員合宿や研修の一部として行うことが多いですね。アワードでは役員以外のメンバーが1人ずつ1人5分でプレゼンを行い、全員の投票で各バリューズごとに1位を決めます。

今回のバリューズアワードでは、どんなプレゼンが聞けるんでしょうか?!

第4回目バリューズアワード in ストアカオフィス(恵比寿)

いよいよスタート!今回は初めて参加する入社したてのメンバーもいるので、バリューズのおさらいをしてからメンバーのプレゼンタイムが始まりました。

今回は記事のボリュームの関係上、個人的にとっても気になったメンバーのプレゼンの様子を抜粋してご紹介していきます。


ストアカのチーフデザイナー・マッサンこと鈴木雅人。自身のデザイナーとしての仕事だけでなく、会社全体の「デザイン文化」を自らの手でつくっていきたいというマッサンの秘めたる熱い想いがヒシヒシと伝わってきました。



マーケティング担当のもっちさんこと城本真奈実 のプレゼン。インプットをしっかりと重ね、努力と実績を積み重ねている彼女の「いろいろと学べるこの環境は最高です」という前向きな言葉に、思わずジーンときちゃいました。



プロジェクトチームのリーダーも務めるエンジニア・Tasos Anesiadis。「エンジニア視点とベンチャー視点のバランスを意識するようになった」という話から、Tasosのエンジニアとしてだけでなく、リーダーとしての成長を感じました。Tasosのさらなる"No Border"な活躍が楽しみです!



カスタマーサクセスのりっこちゃんこと鈴木里佳。「ストアカ補償制度」の導入や利用規約改定など、これまでに経験したことがない仕事にも果敢にチャレンジし、やり遂げている彼女。既存のルールを常に見直して、改善し続けているプロフェッショナルぶりに拍手です!





エンジニアのミッチーことMitchell Aaron Carroll。スタートアップの精神を大切にしているというミッチーのプレゼンは、普段なかなか聞くことができない彼の想いとストアカを心からEnjoyしていることが伝わってきました。



笑顔でプレゼンするのは法人営業のてんてんこと十河貴行。しかし、このプレゼン、自分の内容ではないんです(笑) この日急遽お休みした同じ営業部のホリーこと堀中由未の資料を代打で発表してくれました。みんなが驚くような領域までチャレンジしているホリーにびっくり。そして、自分自身のプレゼン以上に(?)イキイキと仲間のことをプレゼンするてんてんにも一同びっくりでした!



他にも全部で20名近くのメンバーがプレゼンを行いました。プレゼンテーションや資料づくり(情報セキュリティ上、具体的にお見せできないのが残念…)にもそれぞれの個性が現れていて、時に笑いあり、時にホッコリする場面も…。

こうして全メンバーの個性あふれるプレゼンが終了!あっという間の2時間でした。プレゼンの後には、各メンバーへの質問タイムがあったのですが、質問よりも「いつもありがとう」「本当に成長してる」といった感謝や讃えるメッセージが多かったのもとても印象的でした。

いよいよ投票&決定!

オンライン・アンケートで投票を行い、いよいよ結果発表です。
第4回ストアカバリューズアワード受賞者はこの3名に決まりました!

Enjoy the Waves賞:
 コミュニティーマネージャー 古屋徹秀
Be Professional賞:
 デザイナー 鈴木雅人
No Border賞:
 デザイナー 江本美和子

受賞した皆さん、本当におめでとうございます!
見てください、この素敵な笑顔。

代表・藤本からのメッセージ

最後に、代表の藤本からこんな言葉がありました。

「よりユーザーに価値を届けたい、圧倒的に自分が成長したい、成果を出したい。この3つを発表しているメンバーが多かった。単に褒め合っているだけでなく、お互いからインスパイアされていることを感じた。このメンバーなら、ストアカはもっと成長できると確信しています!」

バリューズの理解はもちろんですが、日々メンバーが試行錯誤しながら積み重ねていることや想いを知ることができる、本当に貴重な機会です。次のバリューズアワードは半年後に開催予定。

次はどんなプレゼンが飛び出すのか、今から楽しみです!

ストリートアカデミー株式会社では、一緒に働く仲間を募集しています!

現在ストアカでは、プロダクト開発チームをはじめ、各職種にて一緒に自由に生きる人を増やすメンバーを探しています。また、今回の記事でご紹介したようなバリューズに共感いただける方にも、ぜひエントリーいただき、私たちが目指している未来やサービスについて、お話しできればと思います。

ストリートアカデミー株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング