Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

startbahn.org
毎年開催している「富士山展」
私達は現在ブロックチェーン技術を活用して、アートを流通・評価するインフラの開発を行っています。目指すのは「クリエイターが継続して活躍できる環境の創生」です。 創業以来、未来の社会を見据えたアートの環境づくりを行ってきました。 そして2018年から基盤技術にブロックチェーンを採用したサービスを展開しはじめました。 ブロックチェーン技術は、トレーサビリティ(追跡可能性)や証明書が価値付けに影響を及ぼすアートの世界と相性のいいポテンシャルを有しています。 この事業展開を通じてわたしたちが得た知見を社会に還元し、クリエイティブコミュニティ全体への貢献、そして自社事業の拡大を目指しています。

なぜやるのか

アートのインフラ「アートブロックチェーンネットワーク(ABN)」
ABNはアートの信用担保とさらなる発展を支える共通インフラ
スタートバーン株式会社は、世界中のアーティストそしてアートに関わる全ての人が必要とする技術を提供し、より豊かな社会の実現を目指す会社です。 新時代のアート流通・評価のインフラを構築することで、アートへの参入障壁を低くし、もっと多くの老若男女が誰でもアートを楽しめる世界を創っていきます。 ブロックチェーン技術が持つ重要要素の一つに、”トレーサビリティ”があります。これと「デジタル証明書」を組み合わせることで、二次流通のたびにアーティストに還元金が支払われる仕組みを作ることができます。 弊社が事業の中心とするアートブロックチェーンネットワークと、それ活用したウェブアプリケーション「startbahn.org」では、サービス内外での販売や権利移転に有効な仕組みの開発を行っていきます。 <参考記事>  -  - ブロックチェーンで日本をアート大国へ。現代美術家の顔を持つ起業家が文字通り、未来を「描く」  https://wired.jp/2019/11/06/sigmaxyz-startbahn-ws/  - ブロックチェーンで日本をアート大国へ。現代美術家の顔を持つ起業家が文字通り、未来を「描く」  https://forbesjapan-career.com/story/13  - 「7兆円のアート市場はブロックチェーンで変わるか?」3.1億調達スタートバーン新COO大野紗和子氏に聞く  https://www.coindeskjapan.com/6495/

どうやっているのか

海外の提携企業とイベント時に記念撮影
アート、IT、コンサル・・メンバーの出身業界も様々
職場は東京大学の本郷キャンパス内にある、ベンチャー支援施設「アントレプレナーラボ」の一角にあります。学生や研究者との交流が多く、学食が食べられることも特長です。 まだ20人程度の小さな会社ですが、今後は人が増えていく予定です。 外国人のスタッフも在籍し、国際的なサービスの構築を想定していることもあり、外国人採用にも積極的です。日本人スタッフも英語ができる者が多いので、英語でのコミュニケーションも可能です。 誰でも参加ができるブレーンストーミング(以下ブレスト)を定期的に行うような、フラットな環境です。自分たちのサービスに対してはみんなで話し合うのが当社の文化です。 メンバーは真面目でコツコツやるタイプの優しい人たちで、カルチャーに興味のある人が多くいます。