1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバーインタビュー【第2弾】 Get Ones Brighter 人と本音で話している瞬間がいちばん楽しい!コミュニケーション上手な組織・採用コンサルタント 多田圭次郎

STARMINE Inc.のメンバー紹介第2弾は、組織・採用コンサルタント として活躍する、多田圭次郎です!

人がありのままで生きられる社会を

採用事業やコーチング、ファシリテーションを得意分野とする多田。「人と本音で話している瞬間がいちばん楽しい!」というように、人とのコミュニケーションを楽しみながら、多くの人と企業を繋げてきました。どんな人でもありのままの自分で活躍できる場があれば幸せだと考え、採用事業や組織作りに取り組んでいます。

― まずは、人事の仕事に興味をもったきっかけを教えてください。

そもそものきっかけは新卒で入社したヤフーで、人事部に配属されたことでした。もともと教育にすごく興味があったんです。日本の教育に対して、あまり良い気持ちがなくて…。もし自分に子どもが生まれたら同じ教育はさせたくないなと思っていました。就活中に自己分析を進めていくなかでも、教育系の会社や世の中に大きな影響力を与えられるPR会社や広告会社などで勉強して、教育の問題点を発信したり、変えたりしたいと考えるようになりました。そこで志望した会社のうちのひとつが新卒で入社したヤフーです。子ども向けのインターネット教育をメインとしたサービスがあったのでそこに携わりたかったのです。入社して最初の配属が、たまたま人事部でした。そこでは新卒採用の担当になり、面接をしたり、インタ―シップの企画をしたりと、とてもやりがいがありました。

― 他にも人事や組織作りのおもしろさを感じたことはありましたか?

同じタイミングで、人事や組織作りへの興味をあと押しする出来事がありました。それは会社の社長が代わった時です。人事のトップの方が「コーチング」で、知見もある有名な方に変わったのですが、そこで初めてコーチングの存在を知りました。ますます人事や組織作りっておもしろいなと感じました。

― コーチングの知識や経験を深めるために何かしたことはありますか?

実はその頃、会社の仕事とは別のところでも、プロフェッショナルコーチに出会ったんです。私は友人と一緒に、教育従事者らを集めた交流会を企画していました。親御さんや学校の先生、大学で教育を学ぶ人、幼稚園・保育園の先生など、教育に関わる人たちが参加し、色々な情報交換ができる場です。教育に対して熱い志をもつ人たちが集まることで、それぞれが持っているアツい気持ちをキープできるんじゃないかと考えました。そこでたまたま、コーチングを仕事とする先生と出会ったんです。その先生が企画する半年間位のコーチングの研修プログラムにも参加させてもらい、さらに学びを深めました。こんな感じで人事や組織に関わる経験を深めるきっかけが続いたんです。

― 多くの人と出会う機会があったのですね。多田さんは、色々な人と話すことが好きですか?

僕は飲み会が好きで!社外の人とも知り合える飲み会も企画していたのですが、兵庫県の山奥にも友達ができまして…毎年機会を見つけては一緒に飲んでいたんです。そこで、とある市議会議員さんが企画する「キワモノ会議」というイベントに仕事として参加したこともありました。キワモノ、つまり、ちょっと変な人ですね(笑)40人ほどの参加者をいくつかのグループに分けて、1泊2日で、1日中お互いの話をするんです。グループごとに話を聞くファシリテーターがつくのですが、そのうちの1人として参加しました。それぞれが自分の生い立ちや社会への生きづらさ、それでもどうにか社会でうまくやっていきたい、という気持ちなどを3~4時間かけて話します。その時に社会に馴染めていない、いわゆる“変わった子”がいました。知識が豊富で、僕から見ても明らかに素晴らしい男の子でした。話を聞くうちに、なんでこんなに素晴らしい子が社会でうまくやっていけないんだろう、どうしたらうまく生きていけるのだろうと心の底から思いました。会議はみんなで関わり、認め合い、アドバイスし合うことで締めくくられました。これはもともと移住を促すイベントだったのですが、今彼はその街の市役所でいきいきと働いています。その経験から、どんな人でもありのままの自分でいながらハッピーになれる生き方や働き方を選べたらいいなと思いました。

― 最後に、夢を聞かせてください!

僕はいつかどんな人でも大歓迎なゲストハウスをつくりたいんです。というのも、初めての人と出会ったとき、仕事や年齢、性別などをクリアにしてから立場に合わせて話すのが安全だ、と思う人が多いと思います。でも僕はそういったのは好きじゃないんです。たとえ年齢や立場が違っても、同じ人間だし、お互いに本音を話せる方が本質的だし、楽しいなと思うんです。そういう空間を実現できるゲストハウスが欲しいなと。僕はこういった仕事をしているから、そこでは企業の研修も受け入れるし、近所の子やおじいちゃん、おばあちゃんも気軽に集まれて、誰でも誰にでも意見を気軽に言えるゲストハウス。それができたら絶対に楽しいと思うし、僕も家族もみんなが幸せになれるなと思うんです。人が人のまま人として暮らせる場所、ライフスタイルを実現したいですね。

ーーー

ホームパーティーが大好きで、料理の腕前もグングン上がっているのだとか。夢の実現も楽しみです!

これからも持ち前のコミュニケーション力を活かして、輝きながら働ける人を増やしてくれることでしょう。多田さん、どうもありがとうございました!

次回もどうぞお楽しみに!

STARMINE Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう