1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【インタビュー#16】「楽しいことを”自由”にできる会社に」【会計税務事業部長・長谷川】

こんにちは。人材戦略室の竹内です。

今回は汐留パートナーズの会計税務事業部長である長谷川祐哉にインタビューしました!

学生の頃は酒に弱い理系男子

竹内:どんな学生時代でしたか?

長谷川:小学生の頃から、暗記するだけの作業が苦痛だったので、好きな科目は数学と理科でした。暗記科目のテストだと、覚えていなければテストのときになにも出来ないですが、数学や理科は憶えていなくても頭を使えば答えを導きだせるところが好きです。運動も昔から好きで、小学生ではサッカーチームに所属して、中学生のときはバスケットボール部に所属していました。高校生の頃は部活には入らず、色々な部活に顔を出して遊んでました。笑

高校卒業後は、出身が福島県で、地元付近の国立大学で検討していて進学先として埼玉大学を選びました。当時法律や経済が好きだったので、埼玉大学には法学部がないから法律の要素もある経済学部社会環境設計学科に入りました。サークルはテニスサークルに入ったんですけど、入ってはみたもののテニスにあまり興味がわかなかったので笑、辞めました。

その後、ブライダル関係のアルバイトを始めて、人生の大きなイベントに携われることにやりがいを感じましたね。それと同時に、簿記の講義をきっかけに何か専門的な資格をとりたいなと考えて、夏から大原に通い始めました。税理士と会計士のコースがあったのですが、学生のような煩わしい集団生活よりも、個人の裁量が大きい仕事をしたいと考えていました。当時会計士はあまり独立的なイメージがなかったので、税理士のコースを選択し、大学3年で税理士科目の簿記論と財務諸評論に合格しました。

半年で退職を決意した新社会人

竹内:アルバイトと学業と税理士の勉強と、かなり充実した学生生活だったんですね!

長谷川:いや、ここからがだいぶ暗黒時代です。

士業の業界にそのまま進もうと考えてたので、就活はせずにそのまま大学を卒業し、アルバイトで生活費を賄ってました。生活を維持することに集中しすぎて、その年の税理士試験当日もアルバイトをしていたり。翌年の税理士試験にそなえて勉強しないといけなかったんですが、働かないとまずいという感覚があったので、10名程度の税理士事務所に就職しました。

>>>続きはこちら

汐留パートナーズ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング