1
/
5

世界暗算大会!SOROFES2021に運営として参加した話

オンライン暗算大会”SOROFES”とは?

SOROFES」とは、株式会社Digikaが手掛ける、iPadを用いた新暗算学習法「そろタッチ」を活用した私達独自のオンライン暗算大会です。そろタッチを学習する「そろキッズ」が国内外から集まり、日頃の学習の成果を競い合います。


今回で3回目の開催となるSOROFESには、国内外から総勢600名を超えるそろキッズが参加し、熱い戦いを繰り広げました。
午前中は暗算力を競う「個人戦」、午後は所属する教室毎にチームを組んで勝ち進む「団体戦」が行われ、それぞれの舞台で上位入賞を目指します。また生徒は自分の暗算レベルによって「ステージ」に分けられており、自分と実力が近い、これまで会ったことのない様々な人と対戦をすることとなります。

参加するそろキッズだけではない、SOROFESの楽しみ方

SOROFESを楽しむことができるのは参加するそろキッズだけに留まりません。
SOROFES当日の様子はYoutubeで世界中にライブ配信され、誰でもどこでも気軽に視聴することができます。そのため、例えば、普段はなかなか遠くに住んでいて会うことのできないおじいちゃん、おばあちゃんにお孫さんの活躍を見てもらう、そういった機会にもなっています。ライブ配信の様子や、そろフェスに参加したそろキッズの保護者の記事は下記のよりお楽しみいただけますので、ぜひご覧になっていただければと思います!

SOROFESの運営スタッフとして参加して                     

前々回、前回と運営に参加させていただき、とても楽しかったこともあって、今回のSOROFES2021も沢山のそろキッズに楽しんでいただけるよう、取り組んできました。

私自身の今回の大きな変化としては、裏方として参加していた前回までと異なり、大会の司会・進行役として表に立って実際にそろキッズたちと大会を盛り上げていく役割を任されたことです。普段あまり授業をする機会がない為、他の先生方のようにうまく進行を進められるか不安な部分もありましたが、サポートして下さった方々や、参加した子供たちの協力もあり、無事に務めることができました。



アルバイトの私にもこういったいろいろな仕事にチャレンジ(たまに無謀なこともあるけど、、笑)させていだだけるのは自分にとってはとても貴重な経験となっています。

また、実際に子どもたちが一生懸命取り組んでいる姿を目の当たりにすることで、改めてそろキッズのレベルの暗算能力の高さに気付かされ、圧倒されました。私自身にとってもとても刺激的な一日となり、今後も沢山の子どもたちが参加してくれることを期待しています。

世界に羽ばたく暗算名人を生み出すために

株式会社Digikaでは、今後もわくわくドキドキ、世界中の子供たちをつなげ、一生役立つ暗算力を効果的に身につけるアプリの開発やイベントの運営を目指し、日々進化してまいります。

株式会社Digikaでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう