This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

未来に仲間になるあなたに伝えたい株式会社空の1年記

株式会社空のこの1年間の変化、未来に実現しようとしていること、起業家個人としての変化、今お会いしたい人についてまとめました。

TechCrunch Tokyo 2018、今年も楽しかったですね。僕もProduct Updateという枠で、10分間だけ時間もらってステージでお話ししてきました。写真がこちらです。


ちなみに、1年前の動画がこちらです。
https://youtu.be/kWJy6nuXRe8
「あのプレゼン、Youtubeで見ましたよ!」って会場で何回か言われました。ちょっと照れくさいけれど嬉しいですね。

ステージでも少し話しましたが、この1年間は色んなポジティブな変化があり、とても充実していました。そして、さらに大きなゴールも見え、目指せるようになっています。それをこのブログにまとめようと思います。ちょっと長くなりそうです。

■事業の変化

ニュースでも取り上げていただいているように、素晴らしいホテルの皆さんにサービスを活用してもらうことになり、それを発表できるようになりました。
最近では、旅行や出張で訪れる各地にホテルの知り合いがいるようになって、滞在もとても楽しいです。

カスタマーサクセスへの注力

1年前は、出したばかりのプロダクトがあるだけでした。そこから、僕も入り込んでカスタマーサクセスに注力。プロダクトだけから、少しずつ活用して価値が感じていただけるソリューションになってきていると思います。

カスタマーサクセスについてはこちらのブログにも書きました。
https://note.mu/mattsun/n/n62426546d7e2

ようやくお届けできた成果と満足度

カスタマーサクセスへの注力と、その取り組みのなかでニーズの理解を深め、プロダクトの改善や新機能開発を繰り返すことで、だんだんとホテルの皆さんに満足いただける度合いが高まってきました。結果として、このように成果を実感された方の活用事例紹介もできるようになってきています。
https://www.hotelbanzuke.com/column/voice/the-centurion-classic-akasaka/

僕も、日本各地のホテルに伺って、活用状況のヒアリングや、公開用のインタビューをさせてもらっています。お会いする皆さんはとても気さくで優しくて、ときにはラウンジの美味しいコーヒーを御馳走になったり、ときには温泉をご馳走になったりしました。

温泉を奢っていただいたのは生まれて初めてでした。皆さん、いつもありがとうございます。


■組織の変化

人数は1年で約3倍に 早めの人事担当者採用

空で働くメンバーは、今年一気に増えました。そして、次の1年はさらに増える予定です。
ただ、キングダムで信が言ったとおり、「戦は“数”じゃねェ “人”だ」です。

採用のペースを早めながらも、ビジョンや価値観に強く共感のあるメンバーだけに徹底してこだわり抜く。これができているのは、今年のはじめに入社してくれた人事担当者の存在が大きかったと思います。

「スタートアップはとにかく早めに人事担当者を採用したほうがいい」 色んなところで言われるようになってきましたが、僕が始めに教わったのはSmartHRの宮田さんからでした。ここはマジで先輩のアドバイス通りで、あのタイミングで採用して本当に良かった、助けられたと感じています。

いろいろ試行錯誤して、今年の夏からは毎月2名くらいずつ素晴らしい仲間が空に入ってきてくれるようになりました。毎月歓迎会です。(日々のスピードが早すぎて、ゆっくり歓迎できてない人いるかも、ごめん!)


体制も成長 専門チームが誕生

チーム体制としても、これまでは「みんなで何でもやる」でしたが、だんだんと「役割を分けてそれぞれの専門性を磨く」に移ってきました。新たな役割も加わって、人事・財務・経営企画などバックオフィス系専門チームも立ち上がりました。

そんな空の採用活動は、ついに表彰もいただくようになりました。Wantedlyさん、ありがとうございます!
https://www.wantedly.com/companies/wantedlycs/post_articles/142052



■経営者としての僕の変化

僕自身にも変化があったので、記しておきます。

素晴らしい本に出会い、結びつけてきた

今年も、たくさんの素晴らしい本に出会い、刺激をもらいました。学生や新社会人の頃から経営学の本を読んでいましたが、やっぱり自分が経営者の状態で読むと吸収力が段違いです。本で学んだことをすぐに会社で試し、修正して、次の本を読む。こう繰り返しているうちに、複数の本のいいところが結びついて、自分の会社に合った知恵になっていくのを感じています。

そのなかでも『学習する組織』には助けられました。

“システム思考”を知り、トレーニングしたことで、
・長期間かかっても良いから本質的な課題解決に集中する
・定期的に立ち止まり、学ぶことにフォーカス
この2つができるようになりました。

おそらく、スピードと実行重視でやってきたメンバーには戸惑いもあったと思いますが、信じて乗っかってくれたことで、実際に嬉しい結果として返ってきました。その一例が、前に紹介したお客様の成功事例だと思います。

事業戦略と組織戦略

戦略、というものも少しだけ見えるようになってきました。特に、事業戦略と組織戦略を強く結びつけて考えることについて、僕はかなり好きなんだということもわかりました。

SaaSは本当に企業の総合力が必要な事業です。セールスだけが強くても、技術だけが強くても回りません。ここは、専門性が低く、広く浅く知ってるタイプの僕にちょっとだけ向いている事業特性かもと思っています。

組織戦略とか組織論とか言っても、そこにいるのは僕たち人間です。思い悩みながら、1回っきりの人生を懸命に生きる一人ひとりです。そしてみんな、様々な方向はあれど、自分の人生の幸せのために仕事をしています。この、人間の感情や幸福について深く理解することが重要です。

おそらく僕は、「生きること・幸せ・そのために組織が何ができるか」について、経営者としてはかなり考えている方な気がしています。もっと事業やお金のことを考えて!(笑)と経営チーム内でツッコまれるくらい、この部分が好きで、日々考えているので、同じく強い思いのある方とぜひ会って話してみたいです。

幸福や組織戦略について考えるときには『サピエンス全史』が役に立っています。いい具合に常識とか普通とかの枠組みを壊してくれる(デフレーミング)ので、言葉通りの「ゼロベースで考える」に近付くことができています。

より大きなビジョンへの覚悟ができた

ちょっとだけ大きな話をします。

前述のように考えて、考えて、わかったことは、「思考すること、考えを広めることがとにかく楽しい」という自分の特性でした。

経営者には、事業成長や、雇用創出や、企業価値の向上など色んな役割があります。
そんな中で、僕ができる一番のことは、Happy Growthという僕らのビジョン、フィロソフィーを世界に広げるという役割にあるのかもしれないと感じ始めています。これは、1つのサービスを作ることや、ちょっといい会社を作るというレベルを越えた、大きすぎるゴールです。我ながらやべー話をしている、どこを目指してるんだこいつは、と感じています。

ただ、ゴールが見え、賛同してくれる仲間もいます。そして達成に向かって、あらゆるちいさなことにブレずに越えていく覚悟もできました。

でも不思議なことにプレッシャーは感じません。大きなビジョンへの覚悟が固まると、それは必死というより晴れ晴れとした感覚です。かえってリラックスできるようになりました。

■Happy Growthを目指して、本格的な組織戦略にも手が回るようになってきた

空の話に戻ります。
サービス作りと改善に引き続き全力ですが、素晴らしいメンバーが実務を見てくれることで、組織の戦略や制度作りにも手が回るようになってきました。

今考えている理想的な会社

「同じビジョンを信じる、自由なマインドで、傑出した才能のメンバーが、最大限のパフォーマンスを出せて、幸せであれる会社」
まだまだ議論や検討中で、詳細は変わっていくと思いますが、大きな方向としては、空はこんな会社を目指しています。

・ すべてにおいて、フェアでオープンで納得感を重視する
・ ホールネス、人格すべてで接し合う
・ チームメイト、採用にこだわり抜く
・ 内発的モチベーションに集中する
・ ビジョンの達成を最優先におき、すべてを合理的に変えていく

こうしたコンセプトに紐付いて、個別の制度や施策が決まっていきます。これらが自分の価値観と近いかもと思った方は、ぜひ空にお越しください。

必要になるひと、役割

空は前述の理想形を目指して、これからかなりのペースで大きくなります。そこには新しい仲間が必要です。中長期的なものも含めて、ぜひ加わってほしいと思う仲間像を書いておきます。

・幸福という経営指標について、学び合い、研究し合い、実践し合う、社内外の経営パートナー

これは半分僕の趣味も入っているんですが、もし先ほど書いたような想いに共感してくださり、共に高め合えるかもしれないと感じてくださった方がいたら、社内外の経営パートナーとして力を貸して欲しいと思っています。
事業、技術、投資、デザイン、研究、組織、どんな専門性でも構いません。一緒に、未来を構想し実現するチームを作りましょう。

そんな稀有な方がいらっしゃるか、そして空に来てくださるかはわかりませんが、呼びかけてみないことには始まりません。どうかよろしくお願いします。

・事業ビジョナリー、リーダー候補

空の事業責任者を担ってくれる方を、社内外から募集しています。ホテルのレベニューマネジメントサービスに始まった、このプライシング事業を導くリーダーを探しています。おそらく空は複数の事業体になるため、事業責任者もそれぞれに必要になります。

ビジョナリーと書いたのには理由があって、それは事業責任者の主な仕事が「不確実な状況で決断をすること」になるからです。前提知識は問いません。チームや僕がこれまで学んだことは蓄積され、一定の引き継ぎ期間をもちろん用意して、受け渡していきます。
まずはやってみたい、と思った方に、事業責任者候補として空のチームにJoinしてもらえればと思っています。

・ビジョンと価値観に共感した、エンジニア、ビジネス、バックオフィス全職種

エンジニア、機械学習エンジニア、デザイナー、セールス、マーケティング、カスタマーサクセス、人事、総務、各職種ももちろん全力採用しています。
ありがたいことにエントリーも少しずつ多くいただくようになってきましたが、まだまだ足りません。とても困っているので、どうか皆さんの力を貸してください。

株式会社空では一緒に働く仲間を募集しています
22 いいね!
22 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう