1
/
5

インサイドセールス・テレアポ代行会社って何をしているの?

■インサイドセールス(IS)とは?

ここ数年「インサイドセールス」という言葉をよく耳にするようになりました。

インサイドセールスとはいわゆる内勤営業(電話・メールなど)のことを指す言葉です。ですが、ほとんどの文章では下記3つのことを指しインサイドセールスと呼んでいます。

  • 見込み顧客の中から受注に繋がりそうなリードを見極め、営業に流す
  • 見込みの低い顧客とコミュニケーションを取り、つなぎとめる
  • 既存顧客に対して営業担当者の代わりにフォローする

■テレアポとは?

「テレアポ」とは電話を使い営業をする手法です。

こちらから電話することを「アウトバウンド」、カスタマーセンターみたいに受電することを「インバウンド」と言います。

テレアポなんて時代遅れだという声もありますが、法人営業(BtoB)においてはヒアリングからクロージングまで電話で進めることが多く、まだまだ主流なんです。

soraプロジェクトがテレアポ代行で主に受注をしているのも法人営業の案件です。

たま~に質問されますが、受話器とダイヤルは使用しておりません。

ヘッドセットとPCからコール(架電)するシステムを使ってます!

■両方とも売上げを上げるための営業活動

簡単に言うと「電話でセールスをすること」をテレアポと呼び、その営業手段が発展して、「潜在顧客を発掘したりリピーターを得るために顧客育成(ナーチャリング)をする」ようになり、「その手法を包括したもの」がインサイドセールスだと考えると理解しやすいでしょう。

インサイドセールスの中でも重要な手段の一つが現在のテレアポなのです。

■テレアポ・ISの市場とポジション

テレアポ・インサイドセールスと言っても、各社によって確保している人材や得意とする領域は色々です。「料金」「商材の複雑性」に応じて3つに分けると、以下の領域に分けることができます。

弊社soraプロジェクトは、中スキル/価格両立の領域にポジションを置いています。

情報量や質はそのまま、代行する業務範囲をカスタマイズできるからです。クライアントである企業様にとって「ちょうど良いインサイドセールス」のサービスを提供できるようにそのような形となりました。

■料金体系で見る業務範囲

インサイドセールス・テレアポ代行の料金体系は大きく2つにわけることができます。

  • 成果報酬型 - 依頼された営業活動に対しアポイントが取れた件数に応じて報酬が発生
  • 固定報酬(従量課金)型 - 電話をかける本数や時間に応じて報酬が発生

料金体系が違うとロジックが違うため、扱いやすい(商談に向いている)サービスが違います。

  • 成果報酬型は初期費用が捻出できなくても依頼できる
  • 固定報酬型は、アポイントが取れれば取れるほど安くなる

私たちの「ちょうど良いインサイドセールス代行」においては、固定報酬(従量課金)型が最適です!

なぜなら目的が「アポイントの獲得」だけではないからです。

  • 「断られた理由」
  • 「検討するならいつか」
  • 「他のサービスを利用しており更新まで時間がある」

など、あらゆる情報を獲得するために従量課金型を採用しています。

  • 「とにかく決められたリストにコール(電話営業)をして欲しい」
  • 「内容のヒアリングよりも、挨拶コールで良いからたくさん電話をする必要がある」

反対に上記のような目的の場合は成果報酬型の方が良いということです。

料金体系からかみ砕いていくとインサイドセールス・テレアポ代行の会社がどのような業務を行っているかを理解することができるのです。

■インサイドセールスのやりがい・このスキルが身につく

クライアント様の課題を一緒に解決する

インサイドセールスは「営業」と一緒くたに解釈されることがありますが、役割が違います。営業チームが引き受けた課題の解決を、実行するのがインサイドセールスです。

リレーと似ていると弊社のインサイドセールス担当者は言っていました。

自分が受け継いだバトンをどう次に渡すか!第一走者の時もあれば、アンカーとして1位でゴールするためにダッシュする事もある。お客様のリレーチームに加わるリレーのプロということです。

課題を解決し次のステップに進む過程をお客様と一緒に走る、それがインサイドセールスチームの醍醐味と言えるでしょう。

「営業を科学する」インサイドセールス

  • ヒアリング力
  • 顧客のビジネス・商品についての深い知識
  • データの分析と集計、KPI分解スキル
  • 情報処理能力・SFA/CRMツールの運用スキル
  • 活動プランの策定能力
  • 進捗管理スキル

インサイドセールスの担当者を通して得られるビジネススキルは幅広く、あらゆる職種で求められるスキルを身に付けることができます。

それだけ日々の業務は濃密で忙しく、魅力的な仕事がインサイドセールスなのです。

■まとめ

インサイドセールス・テレアポはいわゆる営業手段のひとつです。

電話営業は法人営業(BtoB)において現在も営業手法の中で重要とされており、様々な営業範囲・料金体系の業者があります。

私たちsoraプロジェクトは確度の高いアポイント獲得とリサーチ(電話調査)、そして継続して売上げを上げるためのインサイドセールス代行を行っております。

インサイドセールス・テレアポは、決してレガシーな業界ではなく、あらゆるサービスの新規営業を分業しチームの一員として走る熱い業界です!

soraプロジェクトでは現在インサイドセールスを行うメンバーを募集中です。

【福岡|インサイドセールス】
当社は、営業戦略におけるテレマーケティング領域「インサイドセールス代行」「マーケットリサーチ」「テレアポの代行」を通してお客様の売り上げ拡大を支援しています。

今回、事業拡大に伴い自社のインサイドセールスを募集します。

【業務詳細】
当社フィールドセールスと連携し、主にインバウンド経由の顧客に対し以下をお任せいたします。
・問い合わせから商談への転換率を高め、マーケティングコストの最適化
・見込み顧客に対して、経営や営業課題の仮説を立てアプローチを行う
・電話やメールなどで顧客課題の抽出、適切なソリューションの明示を行う
・マーケティングツール、顧客管理システムを用いた情報収集、顧客分析
・顧客ニーズを徐々に高め、適切なタイミングで商談機会を獲得

【やりがい】
・現在、営業は2名体制のため、組織の立ち上げフェーズを経験できます。
・CRMを活用し顧客データを分析・可視化、戦略立案を立て実行いただく為、『営業戦略のコンサルタント』として営業を科学し、幅広い提案力が身に付けられます

【業務で使用する主なツール】
HubSpot:顧客管理、セールスファネル等のデータ分析
Musubu:新規開拓選定における、企業リスト、情報収集

【配属部門/勤務場所】
・営業部/福岡市中央区
※勤務先は天神センターになります。

【必須(MUST)】
下記いずれかのご経験をお持ちの方
・法人営業経験
・コールセンターなど、非対面における顧客折衝経験
・顧客とリレーションを構築し、継続的なソリューション提案を行った経験

【歓迎(WANT)】
・新規開拓営業のご経験
・Webマーケティング、インターネット広告運用のご経験

【求める人物像】
・高い向上心と臨機応変なコミュニケーション力
・自分の仕事に枠を作らず、積極的に新しいことに挑戦できる
・責任感が強く、何事も最後までやり切る力がある
・相手の立場を汲んで細やかな気遣い・ホスピタリティーに長けている方

私たちと一緒に福岡のビジネスを盛り上げていきませんか?

詳しくは弊社までお問い合わせください!

株式会社soraプロジェクトでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング