1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

《SOFTBRAIN KANSAI INTERVIEW #6》関西支社新規営業の入社理由・難しさとは

こんにちは、ソフトブレーン株式会社の奥田です。前回は支社長井上に新規営業チームの仕事内容や求める人財について語っていただきました。前回記事はこちら。今回は営業5部マネージャーの磯貝に新規営業を行う上での実際のやりがいや入社理由をインタビューしたいと思います。


営業5部 マネージャー 磯貝俊介(Isogai Shunsuke)

大学卒業後、Sierに就職。大学へシステムの営業。気合いと根性の営業スタイルで、複数の営業賞を受賞。その後、家業(音楽業界)に移り、取締役として従事。中小企業診断士を取得。新規事業の立ち上げ、中小企業診断士としての活動を通して、様々な企業と関わることに関心を持つ。業界・規模を問わず、様々な企業の課題を把握して、解決策を提案していくソフトブレーンのスタイルに共感し転職。


業種業界問わない企業の売上向上を行う営業コンサルティングへの出会い

Q.ソフトブレーンへの入社理由を教えてください。

磯貝)自らに課せられた予算を達成させることが難しいのに、他社の売上向上させることは更に難しいだろうな……と思いながらも、飽きることなく仕事に向き合えるのではないかと考えたからです。個人でコンサルタントになることも考えましたが、携わることができる企業がどうしても限定されてしまうと考えました。そのため、業種・業界、企業規模を問わず、企業の経営課題(営業課題)にチャレンジできるソフトブレーンを選びました。

ーーそう考えるに至ったきっかけは何ですか?

磯貝)大半の企業が売上向上に頭を悩ませており、難しさを体感したからですね。ソフトブレーンは3社目で、2社目は家業の取締役として働いていたんですけど、売上を上げるために何をすべきなのかが全く見えてこなかったんですよね。1社目はSier企業にてそこそこの成績を上げていたにも関わらず、いざ経営者として働くと全く分からなくなるのかと痛感しました。その後努力もあり自社の売上向上には成功して、難しいとか大変だという気持ちよりも楽しさややりがいといったプラスの気持ちが凄く大きかったんですよね。1社目は自分の売上を上げた、2社目は自社の売上を上げた、なら次は他社の売上を上げることにチャレンジしたい! と考えソフトブレーンに入社しました。


ソリューションセールスとしてお客様のニーズの全容の把握

Q.仕事を行う上で難しいと思うことを教えてください。

磯貝)お客様を理解することが難しい部分でもありますしやりがいを感じます。モノ売りではなくソリューション営業のため、お客様のニーズの全容を理解した上で提案する必要があります。私はセールスとしての経験は長いですが、今でも訪問する前はお客様が置かれている外部環境や内部環境、想定される課題といった事柄の事前準備は欠かさず行っています。


中小企業診断士を活かしたチームメンバーへのノウハウ還元

Q.これからの目指したいことを教えてください。

磯貝)自分の売上向上、自社の売上向上、他社の売上向上ときたので、次はチームメンバーの売上向上に貢献したいと考えています。例えば、企業に診断する前に何のどういう情報をどのように見ているのか等、今ですと毎週月曜日の夕礼でチームメンバーに紹介する時間を頂いています。自身の知見や経験を活かしてチームメンバーにどんどん還元していきたいと考えます!



ーーありがとうございました!


〈今回のまとめ〉

・業種業界問わない企業の売上向上を行う営業コンサルティングへの出会い

・ソリューションセールスとしてお客様のニーズの全容の把握が難しさでありやりがい

中小企業診断士を活かしたチームメンバーへのノウハウ還元

その他記事はこちらから↓

《SOFTBRAIN KANSAI INTERVIEW #1》地域に寄り添ったマーケティング~カスタマーサクセスの実現。関西支社が目指すべき姿と求める人財像

《SOFTBRAIN KANSAI INTERVIEW #2》関西支社コンサルティング部のミッション・仕事内容とは

《SOFTBRAIN KANSAI INTERVIEW #3》関西支社コンサルティング部への入社理由・オンボーディングのやりがいとは

《SOFTBRAIN KANSAI INTERVIEW #4》関西支社カスタマイズチームの仕事内容・求める人財とは

《SOFTBRAIN KANSAI INTERVIEW #5》関西支社新規営業チームの仕事内容・求める人財とは

ソフトブレーン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう