1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

ショッピングSNS「STYLISTA(スタイリスタ)」
Instagramも運用中
SPRING OF FASHIONは、誰でもスタイリストになれるファッション特化型ショッピングSNS「STYLISTA(スタイリスタ)」を2021年2月にサービス提供開始予定です。 ■STYLISTA https://stylista.link/LP 本サービスは、2020年のJR東日本主催のアクセラレーションプログラムに採択され、2021年3月に都内の商業施設にて協業の取り組みを開始予定です。2021年に拡大していくメンバーを募集中。 ----------------------------  STYLISTAとは ---------------------------- トレンド感度の高いSNSユーザーがソーシャル販売員としてフォロワーへ商品を販売する成果報酬型のショッピングSNS。リアル店舗とウェブを活用し、ファッション業界のDXを推進すると共に、これまでになかった体験価値を提供します。 ■販売方法はウェブとリアル店舗の2つ 【ウェブで販売】 ①PICK 投稿されているコーデ写真またはアイテムを「PICK」して(集めて)フォルダに追加します。 ②販売 PICKするとフォロワーに通知され、STYLISTA内で販売できるようになります。 ③発送 フォロワーが商品を購入すると、ブランドから直接発送されます。 【リアル店舗を活用して販売】 対象店舗にチェックインすると店舗にある全ての商品を無料でPICKできます。試着画像の作成や、サイズ感をサイトに投稿して販売できます。 ■サービスの特徴 ①誰でもスタイリスタになれる フォロワー数制限なく、誰でもスタイリスタとしてフォロワーへの販売が可能に ②熱量でブランドアンバサダーになれる 店舗でチェックイン数を達成すればブランドのアンバサダーになれます ③無料で着用画像が作成できる 店舗でチェックインすると、試着室や店内でSNSに投稿する着用画像を作成できます

なぜやるのか

リアル店舗の価値とは?という社会問題の解決
SNS利用者にも課題がある
---------------------------------- ファッション業界の課題 ---------------------------------- コロナの影響によりリアル店舗の変革が求められています。 Instagramを中心としたSNSの普及を活用し、以下の課題を解決します。 ■リアル店舗の課題 ・密を避けるため大きなPRが行えない ・EC浸透でリアル店舗の役割が問われている ・売上が縮小し人件費は増やせない ■インフルエンサーの課題 ・SNSで投稿するオシャレな写真を毎日撮るには服がない ・有名になりたい、何者かになりたい ・PR案件が来ないと仕事がない ■購入者の課題 ・インフルエンサーは一方的に見ているだけで繋がりもない ・お店であるような販売員さんの「ありがとう」はウェブでは経験できない ----------------------------    解決策 ---------------------------- 「STYLISTA(スタイリスタ)」を通じて、これらの課題を解決します。 ■リアル店舗の課題 ・密を避けるため大きなPRが行えない →STYLISTAの売り手が小さく、多く、熱く商品を販売 ・EC浸透でリアル店舗の役割が問われている →リアル店舗は買い物+販売を楽しむ為の場所に ・売上が縮小し人件費は増やせない →STYLISTAによりソーシャル販売員が一緒に販売を実施 ■インフルエンサーの課題 ・SNSで投稿するオシャレな写真を毎日撮るには服が足りない →リアル店舗で最新の服を着用して撮影し販売可能に ・有名になりたい、何者かになりたい →フォロワー数に関係なくチェックイン回数を達成すればブランドのアンバサダーになれる ・PR案件が来ないと仕事がない →STYLISTAで好きな時に好きなだけ販売活動が行える ■購入者の課題 ・インフルエンサーは一方的に見ているだけで繋がりもない →STYLISTAでは誰が誰から購入したのか顔が見え“繋がる購買”を実現します。 ・お店であるような販売員さんの「ありがとう」はウェブでは経験できない →STYLISTAの売り手は購入者に対して購入後にメッセージや自分にしかできない購入特典を設定できます。

どうやっているのか

代表の保坂とエンジニアの櫻井
UI/UXデザイナーの杉浦
スタートアップ企業で、今しかできないゼロから事業を創り出す経験ができます。 -----------------------------  ローンチまで ----------------------------- 2021年2月のサービスのローンチまでは、システム開発に注力します。詳細のやり方については、幅広い裁量を持って自由に動けるようにフォローします。ルールはありませんので、思いつく限りの行動を支援します! -----------------------------  ローンチ以降 ----------------------------- ローンチ以降はユーザーヒアリングを中心に、サービス改善に取り組みます。また同時にマーケティングやPR活動、SNSの運用等を行っていきます。自主的に動けるよう、多くの裁量権と、失敗を許容しその分スピード感をもって取り組めるようにします。活動に必要な資金等は全てサポートしますので、共に0→1を創造していきましょう。