This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「すべてを “自分ごと” で捉えれば、あらゆることが “仕事” になる」 #スマイルズ社員インタビュー

◇スマイルズでは、2019年より第二新卒採用をはじめます。

スマイルズは、1999年に食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo」の1号店をオープンし、創業いたしました。

あれから20年—“生活価値の拡充”という理念のもと、ネクタイ専門店やセレクトリサイクルショップ、ファミリーレストラン、海苔弁専門店などあらゆる業態を展開し、既成概念にとらわれず新たな生活の在り方を提案しています。

そんなスマイルズで、ともに“世の中の体温をあげる”仲間を募集いたします。

ここでは、そんなスマイルズで活躍する社員たちをご紹介。個性あふれるメンバーたちの人となりや哲学に触れてみてください。

今回は、2014年4月に新卒でスマイルズに入社し、現在はPASS THE BATON 事業推進グループ グループリーダーの箕浦をご紹介します。

箕浦 俊太(ミノウラ シュンタ)
1989年、愛知県出身。
立命館大学 経済学部 経済学科専攻修了。
学生時代は音楽活動に没頭し、その後2014年4月にスマイルズに新卒として入社。

就職を決めたきっかけは、“人が良かったから” 。

僕がスマイルズへと入社することを決めたのは、第一に、「人」の存在があります。就職活動において当時の僕は、正直、"僕よりもできる人間はいない” と、高を括っていたんです。ディスカッションにおいても、グループワークにおいても、 誰にも負けない自信がありました。

そのなかで、「こいつ、面白いな」と思える人がいて。彼は僕の1つ年上で、気が合ったので就職活動の際にもずっと連れ合っていました。ある時、某企業の選考帰りに彼と話した際、「この会社、行く気ある?」と聞いてみたんです。そうすると、彼は『いや、無い』と。では「どっか気になるところある?」と聞いたところ、即答で『スマイルズ』という言葉が返ってきました。

それまでは、正直スマイルズについて一切知らなかった。何をやっているのか、社長がどんな人なのか、まったくの情報を持っていませんでした。ですが、彼の自信満々な表情から、次第に「気になる会社」になっていきました。彼の熱意がきっかけで、興味が湧き、気がつけば僕はスマイルズの門をくぐっていたんです。

(その時の彼も新卒でスマイルズに入社、現在は市場開発部にてスマイルズ各ブランドの市場・立地の開拓を行っています。)


スープづくり・店頭接客から、企画提案・財務経理、そしてPASS THE BATON。

入社してから5年、さまざまな業務にかかわってきました。一番最初は、スープストックトーキョーの店舗アシスタントマネージャー。スマイルズでは全員最初は接客、キッチンなど店舗運営業務からです。スープストックでは、毎日店舗内で仕込み作業を行います。僕はレードル(スープ用のおたま)なんて持ったことも無いし、なんなら包丁を握った経験も数える程度。ルッコラと水菜の違いが分からず怒られたこともありました。料理の「り」の字も知らないまま、現場に飛び込んだような形で、よくやっていたなと思います。

一年と二カ月の現場勤務を終え、その後はスマイルズ本社・経営企画本部へ。その後は、財務・経理部、そして現ポジジョンであるPASS THE BATONの事業推進グループ。意識していたのはとにかく、どこにいても与えられた仕事はすべて全力で行う、ということです。仕事である以上、120%の価値を生み出してこそ、と思います。なので「キツい」と思ったことはほとんどありません。


「仕事が多い」よりも「仕事がない」ほうがキツい。

それでもたったひとつだけ「キツかったこと」を挙げるとするなら、本社勤務が始まった後の数日間でしょうか。

“本社勤務だ!!” と心を躍らせ、デスクにつきます。いざPCを開いて、メールをチェックする。一通も届いていない。それはそうですよね。出社したは良いものの、仕事が一切見つからない。今思えば、「本社に行けば仕事がある」とあたりまえのように思っていたのもしれません。

『自分で仕事をみつける』それがわかっていない僕にとって、それは時間が過ぎるのを待つだけの、地獄のような一日でした。ただただデスクに座り、定時を待つだけ。「仕事が多い」ということよりも、「仕事が無い」という方がずっと厳しいのだということを知りました……。


上司のアドバイスと、はじめての「仕事」

しばらくして、上司が僕を呼び、二言だけアドバイスをくれました。

“ひとつミッションをあげよう。人の役に立ちなさい”

その言葉の意味がまったく分からず...。それでも何かしなければと僕なりに悩み考えた結果、僕がはじめたのは「オフィス掃除」と「積極的な声掛け」でした。

毎朝、誰よりも早く出社し、全員のデスク拭きとゴミ出し。泥臭い仕事ですが、ひたすらに続けました。プリンタの用紙を補充したり、落ちているゴミを拾ったり。気が付くところがあれば、すべて僕が掃除・整頓。それを毎日続けました。

掃除が終わり、オフィスにメンバーが集まりだしたのを確認したら、次は「声掛け」です。メモ帳とペンを持って、それぞれ社員のデスクへ。“何か困っていることはありませんか?” と聞いて回ったんです。

そのうち、“本棚が汚い” と言う声が。 “チャンス!!!” と思い、誰に許可を取るでもなく、自主的に本棚の整頓を始めました。みんながガツガツ働いているオフィスで、たったひとり、黙々と本棚の掃除をしました(正直、プライドはズタボロでしたけど。)

それからは、本棚の整理整頓は、僕だけの「仕事」になりました。これこそが、僕のスマイルズにおいて、初めて自分が作った仕事でした。この経験から、“仕事の作り方” を学んだような気がします。泥臭い経験も、今でこそ、「徹底的にヒアリングして問題を洗い出し、検証し、ひとつひとつ着実に解決していく」という、プロセスに他ならないと思っています。


何をすれば、未来の自分を豊かにできるか。

思い返すと、様々な経験がありますがこれまでかかわってきた業務では、とにかくすべての仕事を、「自分ごと」として行ってきたような気がします。スープストックでは、アシスタントマネージャーとしての仕事をしつつ、積極的に企画書を送り現状を改善しようと試みていたし、とにかく「口に出して言い、自分からひたむきに行動する」というのを心がけました。

“これやりたい!!” とアピールしていれば、どこかで誰かが聞いていてくれる。それは、ただただ新しいことを言いまくる、ということではありません。

現場での実務経験を通じて、期待値を超える行動によって “信頼” を勝ち取ること。泥臭い仕事だって、一生懸命にやりきること。手を広げるときめたなら、まずやるべきことは徹底的にやりこむということ。これが大切なのだと思います。

未来の自分を豊かにするためにも、まずはあらゆる仕事に全力で取り組むことが大切だ、と考えています。また、すべてを「自分ごと」として捉えるのが大切なのだろう、と思います。それが、やりたい仕事であれ、やりたくない仕事であれ。そうして、だんだん出来ることが増えるから、自身の「幅」が広がっていくのだと思うんです。


「これまで」と「これから」

スープストックでの現場ならアシスタントマネージャーの経験、経営企画本部、財務経理部。そして、現在務めているPASS THE BATON 事業推進グループリーダー。数多くの業務に携わってきましたが、もちろん楽しいことばかりではないし、悩み、思い惑うこともたくさんあります。

仕事の内容が変われば、それにともなって自分の立場が変わっていきます。マネージメント “される” 側の「アシスタント」から、マネージメント “する” 側の「グループリーダー」としての自分。それでも、全てを自分ごととして捉えることは変わりません。すべて120%の力を振り絞って努力していきます。今は、全力でPASS THE BATONのミッションにフルスロットルでコミットしていこうと思っています。

Text・Photography: Nozomu Miura

スマイルズではともに“世の中の体温をあげる”仲間を募集いたします。
募集中の職種やお仕事の詳細はそれぞれの募集記事をご覧ください。


未来の幹部候補生
Smiles: 第二新卒採用
Soup Stock Tokyo、PASS THE BATON、giraffe、100本のスプーン、海苔弁山登りなど、「世の中の体温を上げる」事業を創造してきたスマイルズも、設立19年を迎えました。 今後は既存事業のイノベーションと共に、新たな事業の立ち上げ(住まい、環境、クリエイティブ、教育、IT、など)、外部コンサルタント・プロデュースを進めていく方針もあります。 「生活価値の拡充」を通して、世の中の体温を上げるというスマイルズのビジョンに強く共感し、共に社会の課題を解決するために進んで行く仲間を求めています。 - マーケティングにとらわれない既存事業 - スープ専門店「Soup Stock Tokyo」という新しい飲食店のスタイルを世の中に生み出し、 その後も様々な領域で「スマイルズがやったらこうなった」と言われる提案を続けてきました。 慌ただしい日々の中に見落とされている当り前のことに、新しい価値を見出し、 それを丁寧に磨き上げて、ひとりでも多くの方にお届けする。 そんなことを通して、少しでも生活を拡げて充たしていくお手伝いをしていきたいと考えています。 ■食べるスープ専門店「Soup Stock Tokyo」 http://www.soup-stock-tokyo.com/ ■セレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」 http://www.pass-the-baton.com/ ■ネクタイブランド「giraffe(ジラフ)」 http://giraffe-tie.com/ ■ファミリーレストラン「100本のスプーン」 https://100spoons.com/ ■LOVEとARTのレストラン「PAVILION」 http://www.pavilion-tokyo.com/ ■海苔弁専門店「海苔弁山登り」 http://www.bento-smiles.com/
株式会社スマイルズ


未来の幹部候補生
スマイルズの未来を創るビジネスプロデューサー募集!
Soup Stock Tokyo、PASS THE BATON、giraffe、100本のスプーン、海苔弁山登りなど、「世の中の体温を上げる」事業を創造してきたスマイルズも、設立19年を迎えました。 今後は既存事業のイノベーションと共に、新たな事業の立ち上げ(住まい、環境、クリエイティブ、教育、IT、など)、外部コンサルタント・プロデュースを進めていく方針もあります。 「生活価値の拡充」を通して、世の中の体温を上げるというスマイルズのビジョンに強く共感し、共に社会の課題を解決するために進んで行く仲間を求めています。 - マーケティングにとらわれない既存事業 - スープ専門店「Soup Stock Tokyo」という新しい飲食店のスタイルを世の中に生み出し、 その後も様々な領域で「スマイルズがやったらこうなった」と言われる提案を続けてきました。 慌ただしい日々の中に見落とされている当り前のことに、新しい価値を見出し、 それを丁寧に磨き上げて、ひとりでも多くの方にお届けする。 そんなことを通して、少しでも生活を拡げて充たしていくお手伝いをしていきたいと考えています。 ■食べるスープ専門店「Soup Stock Tokyo」 http://www.soup-stock-tokyo.com/ ■セレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」 http://www.pass-the-baton.com/ ■ネクタイブランド「giraffe(ジラフ)」 http://giraffe-tie.com/ ■ファミリーレストラン「100本のスプーン」 https://100spoons.com/ ■LOVEとARTのレストラン「PAVILION」 http://www.pavilion-tokyo.com/ ■海苔弁専門店「海苔弁山登り」 http://www.bento-smiles.com/
株式会社スマイルズ


サービス・キッチンスタッフ
料理を通して大人も子供もワクワクさせる、エンターテイナーWANTED!
100本のスプーンは、家族のことをとことん考えた、あたらしい「ファミリーレストラン」。 二子玉川店、あざみ野ガーデンズ店、東京都現代美術館内店それぞれに趣を変えて、お客様をお迎えしています。 ■二子玉川店 食べたいものを少しずつ集めた「リトルビッグプレート」や、お子様用に「ハーフサイズ」が用意されているなど、お客様との会話も楽しくなるメニューがたくさん。 店内には巨大な現代アート作品や、コドモだけが見つけられる遊び心あふれるオブジェなどが隠れています。 こどもだって、ドカッとソファに座りたい、ワイングラスで乾杯したい・・・そんな想いを叶える、家族のための特別なレストランです。 ■あざみ野ガーデンズ店 はじめて一人でお留守番した日、テストで100点を取った日、かけっこで1等賞になった日。 家族の毎日は、小さなハレの日の連続です。 少し贅沢なコースを楽しむ時間は、家族みんなで過ごすハレの日。 週替わりで楽しめる旬な食材を使った色とりどりの季節のコースメニューが、家族の時間に彩りを添えます。 ここから始まる「100のものがたり」と「100の想い出」。 記念日のお祝いやハレの日の家族の食事、コドモもオトナも楽しめるイベントなど、家族のものがたりを紡ぎます。 ■東京都現代美術館内店 家族の食卓を彩る、アートな仕掛けたち。 店内の奥には、子どもも大人も気軽に作品づくりに参加できる「アトリエ」というキッズスペースをご用意しました。 「アトリエ」内にあるのは、大人の背丈ほどもある大きな2つの彫刻。タイトルは、「みんなでつくる彫刻」です。 みんなで色を足したり、引いたりしていくことで、毎日ちがう表情の作品に生まれ変わります。 はじめて出会うお友達と一緒に、作家気分で作品づくりをすることも。
株式会社スマイルズ


”体温を上げる”ネクタイの販売
すべての働くヒトを元気にするネクタイ屋!giraffeが店舗メンバー募集!
あなたは普段、どんなふうにネクタイを選んでいますか? ネクタイというアイテムはどれも同じ形をしていて、 洋服に比べるととても面積の狭いものですが、 実はさまざまなデザインがあり、それによって驚くほど印象が変わるのです。 自分に似合う色や好きな柄、その日の気分に合わせてセレクトするのも楽しいですが、 これから始まる1日をイメージし、天候や外出先の街並み、 仕事先の方の顔や好みを思い浮かべながらベストな1本を選ぶ……というのも なかなか癖になります。 giraffeは「ネクタイ専門店」として、カラフルな色柄で、素材もシルエットもさまざまなネクタイを販売しています。giraffeネクタイの特徴は、 34℃、36℃、38℃、40℃と4段階の体温に区分けされていること。 その日の気分に合わせてチョイスするのはもちろん、 内に秘めた思いをひそかに伝えてみたり、 今日目指すべく温度・テンションを設定し、 その温度のネクタイに自分を叱咤激励してもらうのもアリです。 ネクタイを通した、様々な楽しみ方を提案しています。
株式会社スマイルズ
株式会社スマイルズでは一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう