This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

東大インターンが、お金いっぱいもらえる外資系戦略コンサルの内定を辞退して入社した理由。

こんにちは、スマートショッピング採用広報です。
東京大学在籍時より、インターンとしてスマートショッピングで働いていた町田。
数ある内定を辞退し、スマートショッピングに新卒入社を決めた理由はどこにあったのだろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016年10月より学生インターンとしてスマートショッピングに関わる。
2018年5月に大学院中退後、外資系戦略コンサルティングへの内定を辞退の上、同社に通販支援サービス「スマートショッピング」のプロダクトマネージャーとして入社。 一貫して同サービスの売上計画立案及びサービス改善の企画・エンジニアチームと並走しての実行に携わる。EC事業部サービス企画部部長。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-外資系戦略コンサルを目指す。スマートショッピングに入社する予定はなかった。

大学4年の終わりからスマートショッピングでインターンをしていましたが、当然普通に就活もしていました。
正直言いますと、その時点でスマートショッピングに入社するという選択肢は全く頭になかったです(笑)




代表の林と業務で関わる中で「こんな頭いい人いるんだ!」と衝撃を受けたこともあり、外資系の戦略コンサルをメインで考えて就職活動をしていました。

スマートショッピングでのインターンは、あくまで社会人を学生のうちに経験をしたい、運動会の部活もなくなり暇になったからやることを探したいという思いがあった中で、大学の先輩からの誘いを受け参画した、という軽いものでした。


〜外資系戦略コンサル < スタートアップという選択。足元のお金より短期で成長できる環境を選んだ〜

就職活動では目指していた戦略コンサルから内定を頂くことができ、自分としてもその道に進むつもりでした。ただ、結果としてはスマートショッピングというスタートアップで挑戦していくという選択肢を選ぶことになります。

ちょっと変わっているのですが、まず修士2年の5月に大学院を中退し、フルタイムでスマートショッピングで働き始めます。しかし、その時点でも新卒として戦略コンサルに入社する予定でしたし、それを代表の志賀に伝えてもいました。



しかし、8月くらいからそのまま就業しないかという誘いを本格的に頂くようになり、実際に就業してみて業務が面白かったこともあり、少しずつスタートアップという選択肢を意識するようになりました。業界のことや他スタートアップのことを調べ始めたのもこの頃だったと思います。

そして最終的に戦略コンサル < スマートショピング(スタートアップ)という選択をしたのですが、この決断には大きく3つの理由がありました。
事業内容は、正直あんまり検討軸に入ってきませんでしたね(笑)


ーーーー
・成長速度

・働く人

・お金
ーーーー

◆成長速度:戦略コンサル < スマートショッピング

ありきたりですが、これは若い(経験がない)中で任せてもらえる範囲、経験という観点です。
戦略コンサルはしっかりとキャリアパスが決まっており、それに沿って進んでいきます。アソシエイトとして入社し、プロモーションするまでの2〜4年は分析業務中心で、その後プロジェクトを回すコンサルタントになるイメージですね。


もちろん役割や基準が明確となっているメリットも多くありますが、僕個人はロールに乗っ取って下積みを積んでから活躍するより、早く打席に立ってバットを振りながら考える方が面白かった。

実際に入社してみてから社会人同期と話していても、その考えはやはり間違っていなかったなと感じています。僕はジョインしたタイミングもよく、非常に多くのことにバットを振らせていただいてます。


何も分からないところから、いきなりPMですからね、、、、!
1サービスとしてのPMに留まらず、入社してからこれまで3ヶ年予算計画策定、EC事業部のプロダクト全てのPM、ソリューション営業などを矢継ぎ早に経験し、今はサービス企画部の部長を任せていただいています。



率直に、教育環境や研修などは全く整っていません。自分で調べ、考えてやってみて、出来なかったら人の力を借り、とにかくなんとかすることが求められます。PMの業務は施策の立て方をちょっと教わったのちに自走する形、営業は代表に同行して何回か経験したのちに自走する形でした。体当たりで業務を進めることを楽しめるのであれば、非常に面白い環境だと思います。

当初PMとしてやるべきことの全体像が分からない、人を巻き込むべき立場なのに巻き込み方が分からないなど課題しかなく、企画した新機能のクローズをはじめ、本当に多くの失敗をしました。しかし、それを許容して何度も打席に立たせてくれる環境は、素直に得難いものだと思います。


◆働く人:戦略コンサル < スマートショッピング

当然ですが、これは戦略コンサルに優秀な人がいないという意味ではありません。とんでもなく頭の切れる・尊敬できる方と何人もお会いさせていただきました。
判断軸としたのは、実際に尊敬でき、その人と働きたいと思える上司・チームメンバーと出会える確実性です。

戦略コンサルには優秀な人が多いとは言っても、実際にどんな人と仕事をするのかは分かりません。社員の方にもレベルの差はあることは強く感じましたし、例え優秀な人と出会えても、人間的に合う合わないという事もあると思います。

代表は外資銀行と外資戦略コンサル出身


反面スマートショッピングではすでに一緒に仕事をしていますから、代表をはじめ社員の皆さんのことを当然わかっている状態です。優秀かつ尊敬できる人と働けるという部分は100%確実でした。

そして、実際にその人たちと直に議論をする事ができる人数規模も大きな魅力だと感じました。
スマートショッピングは社員が少ないため、当然ですが距離が近い。優秀かつ尊敬できる方々と毎日深く関わって仕事が出来ることは大きかったです。

社員もサイバーエージェントやメルカリなどメガベンチャー出身が多い



お金:戦略コンサル > スマートショッピング


そして最後に報酬面で、お金はどこまで行っても重要です。足元では当然戦略コンサルの方が高いですよね、、、

ただ、入社時点での優先度では、足元のお金よりも、一緒に働ける人が素晴らしいこと、そこで学び成長できることの方が勝りました。若くて身軽ですし、実力さえあればまぁ何とかなるだろうと(笑)新卒にしてはもらっている方だとは思いますし。



また、アップサイドとしてはスマートショッピングの方が大きいというのは思っていました。

これは入社後明確に気付いたことですが、資金調達をしてキラキラしている企業でも、狙っている市場が小さいことは少なくありません。その点、スマートショッピングが狙っているBtoCの日用品通販という市場は10兆規模のポテンシャルがあります。

2、3年で取りに行けるような市場ではないですが、「日用品のリピート買いというめんどくさいお買い物を自動化する」という誰も文句なしで便利な未来を、5〜10年かけてスマートショッピングは本気で創ろうとしています。

それをサービスのPMという立場で実現できたら、どんなにすごいことになるだろう。そう考えると面白いですよね。

♦️ Have fun, make history:我々は正解がない業界にいる。失敗してもいいので大きなことにチャレンジしよう

※スマートショッピング行動指針の一つ

-スマートショッピングのインターンでの経験

スマートショッピングには大学4年生の時に出会うことになるのですが、そもそもは部活が終わり暇になったという単純なことがきっかけです。(笑)

部活は運動会で卓球をやっており、引退になったすぐ後くらいに、学科LINEで先輩からインターンの案内がきました。丁度打ち込める事もなくなってしまい、就活を控えた4年という時期も影響し、インターンに参加することを決断したんです。

インターンという立場ではありましたが、様々なことを経験しました。



当時は会社自体も立ち上げたばかりということもあり、今のSaaS事業はなくEC事業のみでした。社員は5名のみ(2020年1月現在はバイトの方も含めると30名ほど)。インターンをしている1.5年程度の間に会社がどんどん大きくなっていくのを見るのは、純粋に面白かったですね。

としては通販支援サービス「スマートショッピング」にて商品データベースの自動整理ロジック作成、サービスへの広告出稿に関わるクライアントへの提案資料作成などを担当していました。

インターンという立場ではありますが社員と同じ責任が問われる環境でもありますので、面白い経験ができたと思っています。あとは単純に、社会人としての基本を教えてもらえたのが個人的に大きかったです(笑)

〜社員目線の『仕事』をしつつ、キャリアについて学べる場。スマートショッピングインターンの面白さ〜



最後に、主に学生の方に向けて、僕が考えるスマートショッピングのインターンの良さを5つ挙げます。ここまで読んでいただいて、インターンに興味を持っていただいた学生の方は、ぜひ一緒に働きましょう!

①社員が外資系投資銀行(UBS証券/モルガン・スタンレー)・外資コンサル(ローランドベルガー)・Amazon・ネット大手(サイバーエージェント、楽天)の出身なので、いろいろな分野の話を聞ける&興味のある分野のお知り合いとお話する時間をセッティングしてもらえる

これが結局一番大きいと思います。

就活を経て強く感じたことですが、学生がキャリアをこれと決められないのは、ほとんど「働くとどんなことが起こるか」を全く知らないからに起因すると思います。
ですので、実際に社会人を経験していて、かつ自分が行きたいと思えるような企業で元々働いていた人に話が聞けるというのは、それだけで価値のある環境であると思います。

スマートショッピングはインターンは必ず社員とランチに行くことになっていますし、自分から話したい社員を指名できるので、キャリアに関しての相談にはもってこいでした。僕個人は代表の志賀・林とキャリア相談から就活対策までやっていましたし、月1で代表を誘っては自分のキャリア論の壁打ちをしているインターン生もいます。

②正社員は30人ほどの会社なので、直接経営層・マネージャーから教えてもらえる

もちろんメンターはつきますが、代表2名やCTO、エンジニアリングマネージャーとの距離が非常に近いです。
大手では中々代表と関わることはないと思いますので、スタートアップならではの面白さだと思います。

③単純作業でない、実際の仕事の一部が経験できる



就業体験とは名ばかりで、実際はエクセル整形、マニュアルがガチガチに固まったライティングに終始するなど作業ばかりを行うインターンも少なくありません。

その点、スマートショッピングは丁寧な研修指導ののち、実際のプロジェクトの一部に携われます。

価格比較サービスの根幹であるスクレイピング機能のリニューアルを一人で実装したインターン生、実際のクライアントワークを頭から終わりまでやりきったインターン生など、実際に大きな成果を残してくれたインターンが多いことは、大きな特徴の一つかと思います。

④会社がどんな風に回り、大きくなっているかが肌で感じられる

現状は正社員30名ほど、全雇用形態含め60名ほどですが、まだまだ組織としても拡大中のフェーズです。
組織がどう大きくなり、その中で何が変わり、どんな課題があるのか。それに会社としてどんな施策を打ち、次に進んでいくのか。それを肌で感じれるのは、単純に面白い機会だと思います。

⑤忙しい時期は週1で、学校終わりの3~4時間の出社とかでも全然良い

最後に、地味に嬉しい点です。

しっかりした学びを提供するために、普段は最低限12時間/週のコミットを前提としていますが、当然テスト前、卒論、就活など忙しい時期はあると思います。スマートショッピングでは、忙しい時期は柔軟に週1などの勤務への変更が可能ですので、非常にその辺はありがたいかなと思います。
面白そうなインターンでも、週2以上の稼働が絶対などの条件も少なくないんですよね、、、


インターン・第二新卒・中途などどんな場合にも限らずですが一緒に世界に通用する企業を目指して行きたい方がいましたら、是非お話を聞きにきて頂ければ幸いです!


株式会社スマートショッピングでは一緒に働く仲間を募集しています
34 いいね!
34 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる