1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

指名を取るためではなく、お客さまを輝かせるために仕事をしたい

「セット専門」サロンとの出会いは偶然でした。

高校のときからニュージーランドに留学をしていて、美容師免許をニュージーランドで取りました。
美容師になったのは、言葉を介さなくても人とつながれる技術を身につけたかったから。
親が美容師でその影響もあり、「手に職をつけたい」という気持ちもありました。

卒業後は日本で働きたいと思ったのですが、ニュージーランドの免許では日本で働けない。
だから日本で働きながら、通信制の美容専門学校で美容師免許を取ることにしました。

専門学校でたまたま錦糸町の「セット専門サロン」のスタッフ募集の張り紙を見つけました。
面接で、「セット専門サロン」とは、夜の仕事をする人たちの髪をセットする美容室であることを知りました。

当時は一刻も早く働きたいと思っていたので、面接当日から働き始めました。
セット専門サロンで働く中で、
「髪型をつくるときは、カットやカラーが重要だと思われているけれど、最後の仕上げのセットが完璧にできれば、髪型は自由自在。」
「カットやカラーがうまくいかなくても、セットで綺麗に見せられれば、満足してもらえるんだよ。」
と教えてもらいました。

僕自身、実はカットやカラーにあまり興味が持てず、「セット専門」という世界にハマったんです。
カットやカラーで人をきれいに見せようとすると何時間もかかるけれど、セットならたった10分ほどで、パッと華やかに仕上げることができます。そういった意味で、すごく魅力的な仕事に感じました。


卒業、独立、開業。

美容学校を卒業し、美容師免許が取れたのでお店をやめてフリーで活動しはじめました。

僕が活動の場に選んだのは歌舞伎町。
夜の街の本場です。
そこでキャバクラ、ホストクラブの最先端のセットを覚えたいという気持ちがありました。

フリーの働き方は自分にあっていたのですが、あるとき飼っていた大型犬に手を嚙まれ、1カ月ほど仕事ができなくなってしまったんです。手に職をつけたくて美容師になったけれど、「手」そのものを失ったらおしまいだと痛感し、生活を安定させるためにお店をやりたいと思いはじめました。

そこでSmappa!Groupのオーナーに「お店をつくりたい」という話をして、「Backstage.」がはじまりました。

「Backstage.」の内装は、その名の通り楽屋をイメージしています。きらびやかな表の世界に行く前に、本音の顔でくつろいでもらえるようにと思い、ソファーなどを置いてリラックスできる空間を大きくとりました。待合室の機能を果たしますが、ここで自撮りしても映えるよう、ディスプレイを工夫しました。

自動販売機を設置し、自由に飲み物を飲めるようにもしました。セットをしたあとに、ゆっくりされていく方もいます。「セット専門サロン」は鏡が全部つながっていたり、簡易的な椅子を使うところが多いのですが、当店は鏡も一人ずつ別々の大きなものを用意し、椅子も座りやすさを重視しました。空間を大きく使うことで、お客様の居心地の良さを追求しています。


自分のための指名ではなく、お客様のためのチーム力を。

お客さまは契約しているキャバクラやホストクラブのキャストの方がほとんどです。
大きな看板を出す必要もなく、宣伝もしていません。でも一般のお客さまにもクチコミで広がり、結婚式の二次会のセットなどにきてくださって、好評です。
そうやって広がっていくのは、理想的な形だと思っています。

「セット専用サロン」と普通の美容室では、お客さまとの距離感も普通の美容室と大きく違うところだと思います。いらっしゃるお客さまは毎日だいたい同じなので、お客さまとの距離感がぐっと近くなります。もうお友だちというか、親戚みたいな…。話す内容も深くなって楽しいですよ。
美容師さんは人間好きの方が多いので、そういった意味でも、とても楽しく働けます。

歌舞伎町の「セット専門サロン」で指名制をとっていないのは、うちくらいじゃないでしょうか。
毎日違うスタイリストが担当することで、いろいろなスタイルを楽しんでもらえます。

スタイリストも指名を取るために仕事をするのではなく、お客さまを輝かせるためだけに仕事をしてもらいたいと思っています。スタッフみんなが同じ目的で動くことで団結力が生まれるし、和やかにチームワークよく働くことができます。

歌舞伎町で一番活気あるサロンに

子どものころから新宿から数駅のところに住んでいたので、新宿は遊び場でよく自転車できていました。友だちの親御さんが働いていたり、なじみ深い場所です。ぼくが子どものころは歌舞伎町はブラックなイメージが強かったけれど、今は明るく、クリーンなイメージになりました。海外からの観光客も増え、昔よりも歩きやすくなったと思います。

手塚会長は、歌舞伎町商店街振興組合の理事もしていて、明るい街づくりを進めているおもしろい人です。こうした方々の働きかけもあって、歌舞伎町は夜の怖いイメージより、楽しいイメージのほうに相当変わってきていると思います。

一番の目標は、「backstage.」を、「歌舞伎町で夜のセットといえばここ!」と言われるような、この地域でひときわ存在感を放つサロンにしていくこと。歌舞伎町で一番イケている、活気のあるサロンにするというミッションを掲げ、今後もがんばっていきたいと思います。


■■(編集後記)■■
最後までご覧いただきありがとうございます。

ヘアセット専門サロンBackstage.はカットやカラーを行う美容室とは大きな違いがあります。
美容師免許は持っているけれど、美容業界なんかオカシイ...。って感じている方、歌舞伎町ならではのヘアセット文化からキャリアに再挑戦してみませんか?未経験からの挑戦も大歓迎です!

有限会社スクラムライスでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング