1
/
5

なにをやっているのか

小さな会社やお店、個人事業など、スモールビジネスをITやデザインで支援する会社です。
累計2万ユーザーを超えるホームページ作成ツール「とりあえずHP」の開発と運営を行っています。
「小さくて無名な価値が、正しく必要とされる世の中をつくる。」をコーポレートミッションとして活動するWEBサービス開発会社です。「とりあえずHP」というスモールビジネス向けのWEB作成ツールを開発・提供しています。 「とりあえずHP」は、2009年にサービスをローンチした歴史の長いサービスですが、この数年で急速にユーザー数を伸ばしています。前身の会社より、この事業を独立させる形で、2021年4月に、株式会社smallwebを新設。さらなる拡大成長を目指し、採用を強化することになりました。 「とりあえずHP」は、小さな会社やお店を営む方、個人事業主の方を中心に、累計で2万ユーザー以上に利用されています。また最近では、リモートワークの浸透、働き方改革といった時代背景もあり、独立や複業などで起業にチャレンジする方も増えてきました。このコロナ禍においても、スモールビジネスオーナーに選ばれるWEB作成ツールとして、ユーザー数が加速して増え続けています。 私たちがやりたいことは、「小さくても素敵な仕事をする方たち」を、IT、デザイン、WEBサービスを通じて支援していくこと。その活動を通じて、街を、世の中を元気にしていくことです。 この挑戦には、仲間が必要です。興味を持った方は、お気軽にコンタクトしてください。

なぜやるのか

「とりあえずHPエピソード大賞」授賞式の様子
サービスロゴがクッキーに!
現在、世の中は大きな転換期を迎えていると思います。ビジネスにおけるDX化は、さらに加速していくことは確実ですが、スモールビジネスと呼ばれる、小規模事業者、中小企業、個人事業主は、DXに対応できていないことが多く、そのために、「可能性のある小さなビジネス」が、知られることなく、消えてしまうこともあります。 また、逆にいえば、この「スモールビジネスのIT活用支援」という領域は、未着手の市場とも言え、多くの可能性とやりがいに満ち溢れているのです。その中でも特に、「WEBサイト作成」という分野は、小さな会社、お店、個人事業など、すべてのスモールビジネスオーナーにとって欠かせない「小さなインフラ」でもあります。 さらに、「これからの生き方・働き方」を見つめ、独立や複業にチャレンジする人も、増加していくことに間違いはありません。そのシーンにおいてもまた、WEBサイト作成は、「はじめの一歩」の取り組みとなります。 世の中の事業者数の99.7%が、中小企業や小規模事業者だと言われています。 「スモールビジネス向けのWEB作成ツール」という事業には、世の中を活気づけることができ、そして私たち自身が大きく成長することができるチャンスにも溢れていると考えます。

どうやっているのか

とりあえずHP新機能のプレゼンテーション
スモールビジネスにデザインを!
前述の通り、私たちは、前身の会社より事業ごと独立分社して立ち上げた、新しい会社です。サービス自体はすでに累計利用者数2万ユーザーを超えるまでになりましたが、会社としては心機一転、新規設立です。 ですので、ここからどのように成長させるか、挑戦していくか、新しい仲間とともにその戦略づくりから取り組むことができるスタートアップ・ベンチャーになります。 現在、代表・役員・社員・委託メンバー含め、11名という小さな体制で運営しています。直近で20名に増員し、拡大成長を進めていきたいと考えています。 組織は、「マーケティング」「カスタマーサクセス」「プロダクト開発」の3つがあります。それぞれにリーダーを配置し、各メンバーにも大きな権限を持っていただき、1人1人が挑戦できる環境をつくっていきます。 このスモールビジネスのIT支援という領域において、大きな存在感を放つことができる会社を目指していきます。