1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新卒営業が目指す、企業や人に寄り添うIT企業とは?

2019年4月入社、営業本部所属のホープ、加藤 春菜さんに、スカイアーチネットワークスを選んだ理由と、実際に入って働いてみた感想などをお聞きしました。

「あなたの側で、あなた以上に考える」、ショルダーロゴに惹かれた出会い

私はもともと自分の直感を信じて行動するタイプなんです。私は文芸学部文芸学科を卒業していますが、入試の時もいろいろ受けてみて直感で進路を決めたものでした。

全くITとは無縁な環境で大学生活を過ごしていたのですが、就職するときも大学入試のときと同じように、業界を決めずに広く様々な企業を見ていきました。

ただ、その際は企業に対しては 1)ベンチャーマインドを持った会社、2)チャレンジをちゃんと評価してくれる会社であることを自分の条件として持っていました。

また、職種も軸は持っていました。ある教育系の会社のアルバイトで生徒に電話で質問を受けて答えるというコールセンターの仕事を続けていたのですが、その際に様々な提案をしてきた経験から提案営業をしたいと思い、無形商材の営業という商材と職種を第一候補にしていました。

こうして企業の軸、自分の軸、この2つを決めたとはいえ多くの該当する企業があります。商社や服飾、保険・・・実際に見てみないと分からない! と思い、本当にいろいろな企業を見て回りました。

そんなときに出会ったのがスカイアーチネットワークスです。弊社には「あなたの側で、あなた以上に考える」というコーポレートスローガンがあります。この言葉に出会った時はまさに自分の考えを言語化していると感じ、話を聞いてみると・・・今に至ります。(笑)

直感を信じて入社、憧れた女性像の人たちが実在している会社

直感を信じて入社して、いい意味でギャップがありました。入社前は直感があったといっても、ITには無縁の環境にいたのでキャッチアップしていけるかとても大きな不安がありました。ですが、入社後は直属の上長にあたる安達さんや伊藤さんにたくさんのことを学んでいて、これからどんなふうに自分が成長していくか、そのステップや具体的な姿が思い描けていると思っています。

安達さんや伊藤さんは、入社前にお話を伺っていて入社の理由の一つにもなったのですが、お二人とも働く女性です。私は以前から自分に自信を持って働く女性像に憧れを抱いていました。弊社にはお二人のような一線で活躍する女性が一人ではなく複数人いて、自分もなれるかもしれないと未来を描けることが安心感に繋がったのを覚えています。まだ早いかもしれませんが、ゆくゆくは自分もお二人のようにチームをひっぱっていけるように、そして自分もそうだったように後輩のいいロールモデルとなっていきたいです。そんなふうに思えているのは働く環境としてはとても安心感があり、まだまだ慣れないことも多いですが、先輩方と一緒に一つひとつ丁寧に取り組めていると思っています。

スローガンを体現できる営業になるためには自分自身が成長していくこと

具体的な業務の面では、これからヒアリング能力を強化していく必要があると感じています。今は先輩方に同行して商材の簡単な説明や、その他営業サポートの業務を担当して徐々に営業の仕事を覚えていているところです。今後2-3年で商材の説明からヒアリング、そして具体的な提案が一人でできるようになることを目指しています。

私の目標はお客様が納得していただけるような提案のできる営業になることです。今は提案できるまでの基礎的な知識をIT・営業共に着実に身につけていきたいと考えています。そのために今年はAWSの認定プラクティショナーの試験を受けました。結果は合格で、これまでIT経験のなかった私にとってはとても大きな自信をつけることができました。ITの知識は今後も資格補助制度などを有効利用して、お客様のためにも自分のためにも、積極的に学んでいきたいと考えています。

こんなふうに、自分にとって新しい業界でも、毛嫌いしても、いざ入社してみるとイメージがいい方向にガラッと変わりました。それが私にとってのスカイアーチネットワークスです。スローガンにあるように、お客様だけでなく、社員一人ひとりにも側によりそって成長を一緒にしていける会社だなと考えています。

もし過去の私のように迷っている、ちょっとイメージがわかないといった人でもぜひ固定概念を持たずに、ちょっとでもいいので会社情報などを覗いてみてほしいなと思います。

株式会社スカイアーチネットワークスでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう