This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

PMF・・人が欲しがるサービスであること。

AIRzを新事業として立ち上げる際に
もっとも重要だと考えていたのは、「Product Market Fit」(PMF)です。

サービスを必要とするユーザが存在して、
その数が十分に存在し、
そしてサービスコンセプトがユーザにとって正しいこと。

当然、私たちと市場には必ずズレはあるはずなので
修正しフィットさせていくことは折り込んでの事業開発です。

どう売るか
いくらで売るか
チーム体制はどうあるべきか
UIは使いやすいか、etc・・・

それらを考えずして 事業の成功は成しえませんが
それらよりも先ず考えるべきは、

サービスの機能が
顧客の実務的な課題を解決し
サービスのコンセプトが
顧客の経営課題の解決につながっていることです。

しかし気を抜くば
「どうすれば売れるだろうか・・・」
「ボタンやレイアウトが使いづらい・・・」
といったことに時間を費やしている自分に はっとさせられます。

PMF(プロダクト マーケット フィット)のゴールを
数値化することは難しいのですが
数値化しない目標は達成もできません。

徹底的に顧客の深い声に耳を傾けながら
PMFの完成とはどういうことなのかを試行錯誤中です。

——————————
・AIRzサービス(AWS コストマネジメントサービス)
・AIRz奮闘日記
・技術者ブログ
・シンプラインのコーポレートサイト

シンプライン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング