1
/
5

「memento mori」・・・いつかは土に還る。

「memento mori」というラテン語を訳すと

「死を思うこと」
「自分もいつか死ぬことを忘れないこと」
・・・だそうです。

最近、身近な人が亡くなり、
「死」の身近さを感じる時間は増ましたが、

いつ起こるか予測しづらい事と
今すぐ起こる確率が低い事を
今、真剣に考えるのは苦手なほうです。

・・・それが必ず起こる重要な事だとしても。

自分のあるがままに生きるのは
社会や会社の中にいることで難しいように感じたり、

そもそも「自分のあるがまま」が何なのかを深慮せず、
人生の多くの時間を消化してしまうこともありますが

与えられた限りある人生という時間を
私たちは無駄なく精一杯に生きる権利も義務も持っているのだと思います。

明日死ぬかのように自分のあるがままに今を生きること。

それが1年の365日を連続することができなくても、
断続的であったり、一瞬であっても燃焼ができる人生を・・・と。

*「memento」という映画は、なかなかの妙味です。

------------------------------
・AIRzサービス(AWS コストマネジメントサービス)
・AIRz奮闘日記・技術者ブログ
・シンプラインのコーポレートサイト

シンプライン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
シンプライン株式会社 からのお誘い
この話題について、
話しませんか?
気軽な情報交換や相互理解に活用できます
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
シンプライン株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?