1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

いま話題の地方暮らしには魅力がいっぱい!東京から仙台へIターン

こんにちは!そして初めまして。経営管理部のタモツです。
初の執筆ってこともあり、少々緊張しております。

まずは何を書こうか色々と考えてはみたものの、なかなかテーマが思い浮かばず…。
なので自己紹介的な意味も込めて、今回は自分で自分にインタビューをしてみました。

インタビューテーマは「Iターン」。
IターンまたはUターンを検討されている方に少しでも参考になれば嬉しいです。

Iターンをされたのはなぜですか?

子どもの将来について妻と話す機会があったんです。会話の中で「自然の多い環境に移住してのびのびと育てたいね」と意見があったのがきっかけです。

また自分自身も東京の暮らしに疲れていたこともあったので、すぐに移住先を探し始めました。いくつか候補地を見学したのち、妻の故郷である仙台へ移住することに決めました。

決め手となった理由は妻の実家があること。また東日本大震災後、妻の両親や友人などから仙台の状況を聞いていたので、東北に貢献したかったのも理由のひとつです。

それぞれフリーランスとして活動していましたが、僕自身は東北に貢献したい思いがあったので、東北に根付いた企業へ再就職するためIターンを考えるようになりました。

Iターンをする上で不安などはありましたか?

まったくと言っていいほど不安はなかったです。むしろ知らない土地で生活することにワクワクしてました。

あるとすれば…、義理の両親とうまく付き合っていけるかどうかですかね(笑)

実際に仙台へ移住をしてみていかがですか?

まず驚いたのが人柄の温かさです。

地下鉄に乗っているとき、まだ0歳だった息子が急に泣き出したんです。東京にいた頃は乗客からの視線が怖く途中下車していたので、今回も途中下車するつもりでいました。

でも近くに座っていた乗客のひとりが「泣くのが仕事だもんね」と孫を見るような目で声を掛けてくれたんです。まわりの乗客も優しい笑みを浮かべ「赤ちゃんだから仕方ないよね」という雰囲気が伝わり、とても感動しました。

あとは公園がたくさんあり、いろいろな公園で子どもと一緒に遊べるのもいいですね。しかも、どの公園も広くてビックリ!
子どもも広い公園で走り回り、目を輝かせながら遊んでますよ。

シムネットを選んだのはなぜですか?

シムネットを知ったのは、エージェントからシムネットを紹介されたことがきっかけです。

コーポレートサイトを確認したら、仙台を拠点に自社のWebサービスを開発している会社だと知り、ここで自分のスキルを活かして会社と地域に貢献したいと思い選びました。

さらに社員インタビューやブログを読み、共感できるところが多く、会社の雰囲気も明るくフラットな社風が伝わってきたので選考を受けさせてもらいました。

面接でマネージャーの人柄とシムネットの社風に魅力を感じて入社を決めました。

シムネットではどんなお仕事をされていますか?

入社後はWebディレクターとして「みんなのペットライフ」の担当となり、SEO施策やCMS機能の改善業務などを行っていました。

マネージャーやメンバーのスキルがとても高くて、自分が苦手とするWebマーケティングや効果分析について困ったときは、すぐに相談できる環境なので安心した気持で業務に取りかかれました。

現在は経営管理部で、採用マーケティングを中心に業務を行っています。

仕事のやりがいはどんなところに感じますか?

東京で勤めていたころは、年収が上がるたびにやりがいを感じていました。

いまは年収よりもWebサービスを利用していただいているお客さまや、自分の仕事を通じてメンバーに喜んでもらえることが一番のやりがいです。もちろん、生活があるのでお金も大事ですけど…(笑)

こんな風に考えられるようになったのは、移住したことによって「仕事」への価値観が大きく変わったんだと思います。自分のやっている仕事が、会社への成長に繋がり、さらに地域貢献へと繋がっているので、充実した日々の中で働けています。

最後にU・Iターンを検討している方にメッセージを

仙台は子育て世帯にとって住みやすい環境がそろっています。

また国内外からIT企業が次々と進出しており、IT産業が増加傾向にあるので、スキルや技術力を高める環境も充実してくるはずです。

この素敵な街「杜の都」で、一緒に東北を盛り上げていきましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

株式会社シムネットでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう