1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【ShoProでの気づき vol.13】様々な年齢の子どもたちに寄り添い、子ども一人ひとりにあった保育を考えていきたい

ShoProでの仕事を通じてすべての方々の人生が「より前向きに」「より豊かに」なっていくことが私たちの願いです。実際に活躍している職員の声をお届けします♪

【Voice】小学館アカデミー飯田橋ガーデン保育園より
原 朋香(はら ともか)
小学館アカデミー飯田橋ガーデン保育園(2020年4月現在)
2019年4月入社


入社のきっかけ

就職活動をする中で、小学館アカデミー保育園に出会いました。「あったかい心をもつ子どもに育てる」という小学館アカデミー保育園の保育理念に共感したことがきっかけで入社を決めました。

入社して(働いて)・・・よかったと感じること、やりがい

入社してよかったと感じることは、2つあります。1つは、毎日、子どもたちの楽しそうな顔をそばで見れることです。そしてもう1つは、その子どもたちの成長のお手伝いができることです。

ShoProの魅力

小学館アカデミー保育園の職員は、「あったかい心をもつ子どもに育てる」という保育理念に共感して入社しています。あったかい心をもつ子どもに育てるため、職員もあったかい心を持って子どもたちに接し、働いている方ばかりです。


今の職場環境で好きなところ

2019年4月にオープンした園なので、園内のルールや行事など、みんなで一つ一つ作りあげていくことが多く、職員同士の団結力が高いのを感じています。新人の私も意見を発言しやすい雰囲気はとてもありがたく思っています。

保育士として大切にしたい(してきた)想いや価値観

子ども一人ひとりに寄り添うことです。思いやりや感謝の気持ちを大切にできる保育をしていきたいと思っています。

入社後に取り組んだ保育で一番思い出深いエピソード

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう自粛期間中に制作した玩具や手袋シアターを通して、子どもたちのイヤイヤが落ち着いたことです。手袋シアターに出てくる動物を通して話すと、子どもたちも喜んでくれています。


この経験から得た気づき

以前は、子どもたちのイヤイヤの反応に悩むこともありましたが、無理やり誘導して活動をしていくのでなく、改めて楽しみながら活動する方法を考えていきたいと思いました。

これからの展望

様々な年齢の子どもたちに寄り添い、子ども一人ひとりにあった保育を考えていきたいです。たくさんの保育者の素敵な保育を見て参考にし、自分自身もパワーアップしていきたいです。そして、将来、結婚して子育ても経験していきいと思っています。

私にとっての仕事。仕事をする上で、大切にしていること

責任をもって取り組むことです。それから、仕事をする上では、真面目に取り組むのも当たり前ですが、自分自身が楽しんでいきたいと思います。保育者が楽しんで保育していると、子どもたちも笑顔になることを、この1年半で感じました。

Text by talentbook

株式会社小学館集英社プロダクションでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング