1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

5期目を迎える森未来、これまで と これから

2020年4月28日に森未来は誕生日を迎え、会社は5期目に入りました。

4月28日には、オンラインでメンバー全員参加の5期目の方針発表会議を実施しました。代表の浅野から森未来の経営方針、新たに制定したMV(ミッション・ビジョン)をメンバーと共有しました。

今回は未来の森未来メンバーに向けて、これまでとこれからを、5期目に新たに制定したMVをお伝えしたいと思います。森未来のミッションは「事業を通じて、林業を持続可能な産業にし、豊かな森林を後世に残す」ことです。この意志を新たに「Sustainable Forest」という言葉に置き換えました。

このミッションを実現するために、森未来が目指している姿が「All Wood Platform」です。木材流通スタートアップとして、日本全国の木材情報を集約し、小さな工場も、老舗の大規模メーカーも、すべての木材事業者の強みを活かして、木材流通を変革させるために私たちは挑み続けます。

それでは設立当初の森未来について振り返っていきます。森未来は2016年4月28日に代表の浅野と金久保の2人で立ち上げました。社会的に意義のあること、自分の好きなこと、事業によって社会に影響を与えるようになりたい。そんな想いで、浅野はIT企業から森林・林業・木材業界に挑戦することを決意しました。

4年前の創業時、スタートアップの世界も知らない中、資金の壁が立ちはだかりました。当時は林業を持続可能にさせる前に、自分たちが存続することすら危うい状況でした。そのため木材に関することでキャッシュ・カウ(安定した利益を上げることのできる事業)を生まなければなりませんでした。創業時からデザイン全般を担っていた金久保が、木材業界の会社からウェブ制作を引き受けたり、浅野は起業前に現場を知るために木材組合に勤めていた経験から、木材コーディネートを引き受けたりしながら、なんとか会社を存続させていました。

木材業界でITの知識を持った人はほとんどいません。そのため業界の木材事業者の方々から色々とお声かけいただける機会も多く、いくつかのプロジェクトにも参加させていただきました。「東京の木で家を建てるTOKYO WOOD」「家具デザイナー小田原健さんとの展示会」など、依頼いただく仕事に全力で取り組んでいました。

しかし、それらの仕事も安定した収入源にならず、きちんと柱となる事業を自分たちで作り、安定した収入源を作らなくてはならないと覚悟を決めました。2018年からウェブ制作、プロジェクト案件などの受託を縮小し、インターネット木材市場「eTREE」の開発に専念することにしました。

eTREEは、いわば木材板のZOZO TOWNです。浅野、金久保は共に前職でEC(ネット販売)に携わっていたため、これならいけるだろうという自信もありました。しかしリリース以降は思ったようなトラフィックは生まれませんでした。eTREE上で木材を販売する売り手サイドは、これまでの業界の会合への参加、現地視察を実施していたことで、多くの製材所・材木屋に参加いただくことできました。

オンラインでの販売に並行して、リアルの木材調達サービスとして、木材コーディネート事業を始めました。2019年11月に商空間の設計者・施主・メーカーが集う展示会「BAMBOO EXPO」に出展したことで、いくつかの木材コーディネート案件が成立、木材コーディネート事業は第一歩を踏み出しました。

事業と組織が良い方向に向かいはじめ、2020年2月にアクセラレーションプログラムである「G-STARTUP」に採択され、事業を前進させるための環境も整い、2020年4月には資金調達も実施することができました。

木材コーディネート事業の更なる飛躍に向け、プロ向け木材コーディネートサービス「eTREE DASH β版」(https://dash.etree.jp/)ローンチ予定です。森未来は森林・林業・木材産業をIT化することによって持続可能な産業にしていきたいと考えています。そのため、今行っている木材コーディネート事業をサイクルを加速させ、そこから得た顧客のニーズを木材コーディネートを自動化するシステム開発に反映させていきます。これはミッション実現のためのビジョンである「All Wood Platform」を実現するためのスタートラインです。

いかがでしたか!これまでの森未来の歩んできた道のり。スタートアップという世界における森未来のリアルが伝わればと思います。そんな森未来では木材コーディネート事業を更に加速させるセールスマネージャー、システム開発を担うエンジニアを募集しています。森未来のミッション・ビジョンに共感していただける方、そして森未来の"これから"を担うメンバーとして一緒に働きましょう!

株式会社森未来では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう