1
/
5

「フォロワー数が200人→1000人に」Twitterの企業アカウントを運用/1年間の施策を振り返り

どうも、最近は公園でギターを練習するのが趣味の上神です。お面のような被り物をするギタリストが同じ公園に出没するらしく、対抗して何か被り物を模索中です。(いつか遭遇したい)


さて、入社して2年目を迎える私ですが、ちょうど去年の今頃、会社の広報「PRチーム」に参加させていただきました。

▼PRチームのご紹介


最初はメンバーも少なかったため、会社のTwitterもInstagramも全員で運用していましたが、徐々にメンバーも増え(今では8人)、各々担当が分かれるようになりました。

そこで担当を任せていただいたのが、タイトルにもあるようにTwitterです。


今まで個人アカウントの運用経験はありましたが、企業アカウントははじめてだったので、戸惑いはありましたが、それ以上に初めての挑戦でワクワクし、のめり込むようにTwitter運用にハマっていきました。(一時は本業とのバランスが取れないほど……汗)

一方で、Twitter運用を行っていたある時、一つの問題に直面しました。


「フォ、フォロワーが全然伸びない」



そう、Twitter運用者なら一度は悩んだことがあろう『フォロワー数思ったより増えない問題』です。


最初はユーザーにメリットがある情報や面白そうなネタをツイートすることで、フォロワーが増えるだろうなと考えていました。

もっと専門的にいえば、ターゲティングを絞り、インプレッションよりもエンゲージメントを高めることで、徐々に”数字もついてくる”だろうと。しかし全然伸びない……僕の高校時代からの身長くらい伸びない……(身長も欲しい…)


そこからは、様々な施策に挑戦する日々が続き・・・

フォロワーも徐々に増え始めて、この1年間で200人→1000人にまで右肩上がりに増加しました。大雑把ですが、グラフに表すと以下の通りです。


ではどんな施策を打ち、どんな試行錯誤があったのか。

1クールごとに時系列を追って振り返ってみました。


「2020年7月~9月」

Twitterチームとして始動し始めた頃です。この時点では「フォロワー数200人」ほどでした。

とにかく数を量産しようと、ブログ記事や社内イベント情報を拡散しつつ、本業(Web広告運用)に関連するお役立ちツイートを発信していきました。

▼お役立ちツイートの主なトピック

  • Web広告運用(マーケティング、コピーライティング等)に関する情報
  • Webサービス、ツールなどを生かした仕事術・ライフハック的な情報
  • ブログ記事を各ジャンルや人気ランキング毎に厳選

ユーザーとのコミュニケーションが皆無だったので、質問箱をはじめてみたのもこの時期。

▼質問箱の詳しい内容はコチラ(社内ブログ)


「2020年10月~12月」

相変わらずWeb広告運用、マーケティングに関するお役立ち情報を発信していきました。ツイート本数は週に2~3本くらいだったと思います。ちなみにフォロワー数は少し増えて250人前後。

この時期は、お役立ち情報以外でも様々な角度のツイートを行い検証を進めていました。(施策Aと名付けます)

▼愛媛のみかん🍊訴求という斜め上のクリエイティブも


「2021年1月~3月」

この頃には徐々にフォロワーが増え・・・ればよかったのですが、250~300人程で伸び悩んでいました。

そこで発想を切り替えて”ある別のユーザー層”(内容は後述します)をターゲティングし、アクションを行っていきました。(施策Bと名付けます)

すると徐々にフォロワーが増え始め、3月の終わりには600~700人まで増加しました・・・


「2021年4月~現在」

この頃には右肩上がりにフォロワー数も増え、施策A、Bどちらもフル回転させていきました。

そしてついに今年の6月、目標の1000人を突破しました。

嬉しさのあまり思わず社内のチャットグループにもアナウンスしようとしましたが、反応がイマイチだったら切ないので、Twitterチーム&PRチーム内で報告をさせていただきました。

「目標はフォロワー数1000人」と豪語していたので、とりあえず達成できた安堵感と「これからどう展開していこうか…」とまた新たな問題に直面する現状でした。


なぜフォロワーを増やすことができたのか?

上記、最も気になる部分かと思います。

おそらく様々な要因ありますが、一番は「自分と近しい環境のユーザーとコミュニケーションを深めた」という点を推測しています。近しい環境のユーザーとは主に以下の2つです。

  • 企業公式アカウントの中の人
  • 広告運用を始めたばかりの人

また、大きくフォロワーが増えることになった「施策B」は具体的に以下の通りです。

企業公式アカウントを運用する『中の人』をターゲットとし、こちらからフォロー&いいねをしたり、企業公式アカウント向けのツイートを発信したりする内容。

なぜ上記を行ったかというと、同じような環境のユーザーだからこそ、悩みの部分を自分ごと化しやすく、距離感も近くなることでフォローしてもらえるのではと仮説を立てたからです。

結果的にフォロワーも増加したため、仮説はそれほど間違っていなかったのかなと考えています。

また並行して広告運用をはじめたばかりの人の悩みをフォーカスし、刺さりそうな内容もツイートした点も要因の一つかなと。

どちらも共通するのは、自分が実際に経験した悩みだからこそ、共感してもらいやすい点

もちろん、ユーザーにとってプラスになる情報発信も必要ですが、時にはユーザーの感情の部分も意識しながら発信を行うことで、また新たな展開が見えるかもしれませんね。

あとがき

目標を達成したとはいえ、やるべきことは変わりません。まだまだ課題も山のようにあるので、相も変わらずフォロワーさんのタメになるような、共感されるようなツイートをしていければと思います。

ぜひTwitterのいいね&フォローしていただければ幸いです。よろしくお願いします~~

Twitter_Shift(公式)

ちなみに、ゆるっとした韻踏みツイートもたまに放り込みます。


\ShiftではブログやTwitter, Instagramで運用型広告のことや社内のことを発信しています/

Shift オフィシャルブログとなりのフトシくん
Shift オフィシャルTwitter@Shift__official
Shift オフィシャルInstagramshift__official
株式会社Shiftでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう