1
/
5

スクラムマスターはじめました。part2

こんにちは、マーケティング事業部で制作の管理をしている奥村です。

前回のストーリーを読んでいない方は下記からどうぞ

https://www.wantedly.com/companies/sharing-tech/post_articles/314201

とりあえずやってみよう

ということで何冊かの書籍で予習し準備万端!?です。

制作のスタッフに、導入目的や各役割、イベントについて簡単に説明して開始します。

横文字がいっぱい

手始めに導入したのは次のイベント

  • スプリント(1週間):通常Scrumでは1週間〜4週間で1スプリントとして運用する
  • デイリースクラム:朝会、毎日15分
  • スプリントプランニング:今回のスプリントで行うタスクの見積やゴールを設定
  • スプリントレトロスペクティブ:スプリントのふりかえりを行う

もともと「Click UP」というタスク管理ツールを使用しているので、ツールの使用方法をScrumに最適化します。

下記をそれぞれ作成しタスクを入れ込みました。

  • プロダクトバックログ(全体の残タスク)
  • スプリントバックログ(スプリント毎のタスク)

ベロシティが上がったぞ

毎日朝、決まった時間に進捗確認や、問題の有無を確認し、スプリントを進めます。

スプリントは1週間単位なので、1週間ごとにスプリントレトロスペクティブ(ふりかえり)を行って、メンバー全員で、改善できること、取り入れられることを探して導入していきました。

はじめは、戸惑うことも多く、うまくできないことも多々ありましたが、9回のスプリントを経て、ベロシティは緩やかに上昇傾向となっています。

※ベロシティ:1スプリントで達成できたタスクの見積ポイントの総量、速度(タスクの量/1スプリント)

今後にむけて

今のところベロシティは上昇傾向になっているので、今後はメンバーの満足度や幸福度をあげ、持続可能なペースで最高のアウトプットをしていくことができるようにメンバーをサポートしていきます!

シェアリングテクノロジー株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング