This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

人事評価は使いこなすことができる

私はかれこれ2年ちょっとくらい、日経スタイルというサイトで出世のカラクリという記事を連載しています。

書いているタイミングは隔週。

その2019年3月26日更新分では、評価を受ける側としての、人事評価の使い方を書きました。

最近特に、結果を評価することの意義が低下しつつあります。

そもそも、結果を示されてからだとどうしようもないですしね。

そして会社としても「君はダメだった」ということなんていいたくないわけです。

むしろ「よくやってくれた」と称賛したい。

そのためには、結果をだすための取り組みが重要で、それは特に一番スタートになる、期初の時点からはじめないといけません。

そんなことを書いたので、ぜひご一読ください。




平康慶浩(ひらやすよしひろ)

セレクションアンドバリエーション株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう