1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【内定者インタビューvol.2】内定者インターンってどんなことするの?セールスとエンジニアに配属された仲間を直撃インタビュー!

◆インタビュアー◆
中村(20卒内定者 人事配属)
6月から内定者インターン生として参加。
主に新卒採用に携わっています!

◆プロフィール◆
後藤 (20卒内定者 営業配属) ※写真左
4月からセキュアの営業職として新卒入社。
インターンは8月から参加、主にセールスチームで様々なことに挑戦しています!

神田(20卒内定者 技術配属) ※写真右
4月からはセキュアのエンジニアとして勤務。
後藤と同じく8月からインターンとして早くも活躍中!

本日はよろしくお願いしまーす!
ー(神田、後藤)よろしくおねがいします!!

早速なんですが、2人はどんな大学生活を過ごしてました?

ー(神田)僕はプログラミングかな~(笑)高校の頃からプログラミングをしていたし、将来もエンジニア志望だったので大学でも授業や独学でプログラミングを学んだり、チームでウェブサイトを作ったりしていましたね。

ー(後藤)僕は資格の取得とインターンに熱中してました。行政書士と宅建とか取得しましたが、資格自体が欲しいというより、難しい目標に対して自分の行動を設計して実行していくことが好きなんです。

インターンも就活とか仕事のためというより成長のためにやっていました。人材(学生イベントなどを作る)、不動産(営業)、IT(某外資系コンサル出身者多数)とか全部で3つの長期インターンを1~2ヶ月スパンでやってました。様々な業種の理解が広がり、色んな会社の人と時間を過ごすことで自分がどんな人と働きたいかがより分かるようになりました。

ー(後藤)あと、いい意味でも悪い意味でも仕事について知ることが出来たのもよかったかな(笑)

全く異なってきたことを経験してきたお二人にズバリ聞きます!最終的にセキュアに決めた理由は??

ー(神田)まず、僕は就活では会社の事業内容働いている人を大切に企業選定をしてました。最初はSIerを検討していたのですが、SIerの仕事は表にはあまり出ない(目に見えにくい)なと感じたため、もともとエンジニア志望ではあってその中でも自分がやっている仕事が世の中の人の目に届きやすいものがいいなと思うようになりました。

セキュアに決めた理由としては、事業自体やっていることは地味っぽいんですが(笑)、これからの事業の成長性、純粋にこの事業の今のフェーズに携われるのが楽しそうだと感じました。
また、社員さんと社長の雰囲気ですね。社長はいつも楽しそうに話しているし、社長が話している将来のセキュアや事業について楽しそうだな、一緒に実現したいと思ったんですよね。

(偶然、社長が挨拶に来てくれて、神田くんニンマリ笑)

ー(後藤)僕は自分の成長と誰と働くかっていうところを特に意識していました。
長期インターンを3社行ったことで、ほかの人よりも「誰と働きたいのか」というところは強く意識してきたいし、純粋に幸せそうな人と働きたいと思うようになりました。
目の前の人のことを真剣に考えて相手の視点にたった行動が出来る人みんなで会社を大きくしていきたいというような雰囲気がセキュアにはありますね。

もう1つ成長ってところで言うと、セキュアの事業は今右肩上がりだしこれからはいる自分たちと一緒に会社も成長している段階だからその中に入って自分の力をつけたいし、自分の成長がなければやりたいことも出来ないし、お金も稼げないし幸せになれないと思うんですよね(笑)

なるほど、2人とも誰と働くか、成長性のある事業にどれだけ関わることができるか、を大切にしているということですね。


ところで、夏から内定者インターンに参加している2人は実際何をやっているの?(ぜひ就活生の参考材料になるように教えて欲しいです!)

ー(神田)開発に関わっているプロダクトは大きく2つあって、1つは『顔認証システム』もう一つは『IoTデバイスを管理するプラットフォーム』の開発をしています。

(中村の頭の中)→(?_?)(?_?)

ー(神田)1つ目は、顔認証用のエンジンを社内で使えるようにするWEBシステムのフロントエンドとバックエンド(サーバーサイド)の両方部分を作っていました。簡単に言うと顔認証システムの中にある顔の特徴、情報を抜き出してWEB上で表示できるようにしたって感じですね!

★言語:顔認識エンジン→C#
★フレームワーク:Bootstrap,Ajax,Node.js

(なるほど!なんとなく意味は分かりました!!笑)


ー(神田)2つ目は1月から始めたんですが、カメラなどデバイスの一元管理を可能にするプラットフォーム(※)で使うためのアプリケーションの開発環境の構築と開発をしています(Dockerを使ったデバイスの管理とアプリケーション開発)!簡単に言うとまな板(他社製品のプラットフォーム)の上で様々な材料(カメラからの顔認識の情報)を加工して料理を作っているという感じですね。

なんだかどちらも難しそう、、!

★言語→Python
※プラットフォーム自体は他社製品

ー(後藤)僕はいろいろやっておりまして。。。(笑)

(神田、中村)うん。知ってる(全員笑)何やってるのかすごい気になった(笑)

ー(後藤)最初は物流関係をやってたんだけど、最近はWEBマーケとRPAをメインにやっているかな。物流では主に在庫管理や発注をしてたんだけど、それだけじゃなくて様々な業務にかかわりたいなと考えて深尾さん(人事)に相談してみたらWEBマーケとRPAやってみない?と言って頂いたのでやることになりました。

WEBマーケでは、もうすぐセキュアの新しいWEBサイトが出来るのでそのサイトのチェック(デザインや画像はこれでいいのか)や現在のWEBサイトの分析などを行って解析データを表にし、営業さんに渡すなどが主な業務です。

また、RPAでは社内の業務の中で効率が悪い、煩雑かつ定期的に行わなければいけないような業務の時間を削減できるような仕組み作りを行っています。営業さんたちのスケジュールや進捗を部長や課長がすぐ見れるような自動配信機能を作ったり、今は監視カメラなどの在庫についても自動配信できるような仕組みなども作ってます。


その中での、やりがいとか大変なことって何でしたか?

ー(神田)僕の場合、上記のプロジェクトで使った4つの言語すべて初めて書いたものでした(笑)
初めての言語を学びながら作っていくのは大変だし、わからないことを調べてもわからないしみたいな感じの日々が続くんだけど、そこで諦めずに深く学び続けると必ず答えにたどり着く。さらに1つ解決すると他の部分も解けて理解できるようになっていくのが実感できるのが大変であり、楽しいとも思える。

ー(後藤)大変でもありやりがいがあったのはやっぱりRPAの事業ですね。僕が作ったのは、部長・課長、役員が各部下の営業進捗をチェックする際に発生する無駄な時間を削減するために毎日各部課の営業進捗についてまとめたメッセージを送信するものでした。

これを作ったことで、社内でも感謝されることが多くなり、話すきっかけが増えたことでとてもやりがいを感じました。やっぱり、自分の作ったもの、自分のしたことが誰かの役に立っている実感が出来るっていうのは自分のモチベーション維持のためにも大切ですね。

最後に、入社後の最初の目標を教えてください!

ー(神田)僕は、今作ってるプラットフォームで管理してる情報などをつかって、まだ世の中にない、便利に出来るものを作っていきたいなと考えています。就活をしていた時の軸と同じように、まだ世の中にないものでみんなの生活を便利にできるのは楽しいだろうし、まだこの世にないものを自分が作るだけでもワクワクしますね!

ー(後藤)僕、最初は1年で営業の1位になるってほざいてたんですよ(笑)でも、今インターンでWEBまわりに携わらせてもらってることもあって、最近「WEBを最適化すれば面白そうだし、売上を上げるのに貢献できるんじゃないか」とも思ってるんです。もちろん営業も魅力的なんですがこうやって内定者インターンをしていることで、自分が今まで携わったことのない分野について知ることが出来、自分のやりたいことの幅を広げることが出来たのが僕にとってよかったです。だからまだ完全に決まったわけではないのですが、経営企画などに携わってみたいという気持ちがあります。

ふたりの同期と私も春から『セキュアの未来作り』に夢中になります!
最後までありがとうございました。
ほかにも内定者・社員インタビューがあるので是非ご覧ください!

株式会社セキュアでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング