1
/
5

なにをやっているのか

課題先進地域である北海道で地域の課題を解決し、そのモデルを日本中へ、そして世界へと広げていきます。
私たちが大切にしている価値観を「ミッション・ビジョン・バリュー・ウェイ」として言語化しました。
【北海道から日本を、世界を変える】 1972年、スーパーマーケットの一角にわずか15坪の小さな薬店として始まったサツドラ。 現在は北海道を中心に200を超える店舗を構え、グループ会社リージョナルマーケティングの運営する共通ポイントカード「EZOCA」は北海道の191万人以上の皆さまにご利用いただけるまでに成長しました。 私たちサツドラホールディングスはこれらの強みに加え、AIやPOS開発などテクノロジーによる小売の仕組みのアップデート、教育関連事業の取組み、通信事業の開始、地域の皆さまの健康支援に向けた取組みなど様々な形で地域をつなぐことで課題を解決し、お客さまのより便利な生活の提供に努めてまいります。 ■私たちの3つのバリュー 〈地域とつながる場所がある〉 約50年かけて築き上げた200店舗あまりのドラッグストアチェーンは、地域で暮らす人々と直接つながることのできる場です。 〈地域をつなげるコミュニティがある〉 EZO CLUBやEZOママ、そして2020年に完成する新社屋のシェアリングスペースは、地域の人々をつなげるコミュニティです。 〈未来へつなぐ課題解決力がある〉 地域とつながる場、地域をつなげるコミュニティ、そこに最先端のテクノロジーやアイデアを加えることで、人口減少や高齢化等の社会課題を解決する力に変えていきます。

なぜやるのか

ただモノを売るだけの小売から、地域に関わるあらゆるヒト・モノ・コトを繋ぎ、未来を豊かにするビジネスへと進化。
地域の様々な企業・コミュニティ・自治体と連携し、EZOCAという共通ポイントを活かしたプラットフォームを築きます。
【ドラッグストアビジネスから、地域コネクティッドビジネスへ】 私たちの考える地域コネクティッドとは。 地域のあらゆるヒト・コト・モノをつなぎ新たな未来を創造することは、小売、コミュニティ、スポーツなど様々な地域のつながりを培ってきた私たちだからこそ、実現できることです。 ■地域と地域が連携し地方創生のモデルに 地域と地域が手を結ぶことで、日本はもっと元気になれるはず。 地域の魅力を発掘し、社会に大きな変化をもたらす人・モノ・仕組みを創造することで、地方創生の最先端モデルを生み出すことを目指します。 ■地域プラットフォームづくり 北海道の企業やコミュニティ、自治体と連携し、EZOCAという共通ポイントプログラムを軸とした、豊かで便利な暮らしの実現を目指します。 ■ライフコンシェルジュ構想 急速なテクノロジーの変化により、店舗の果たす役割は「モノを売ること」から「モノ×サービスの提供」へと変化していきます。私たちは〈リアルな店舗〉で〈人間〉にしかできないサービスを追求します。 ■健康プラットフォーム構想 地域の医療機関や介護施設などが健康情報を共有し、連携・サポートし合うことで地域住民が住み慣れた街で永く健康に暮らせる社会を目指します。

どうやっているのか

「人生100年時代」に仕事を楽しみ、社会に貢献し続けていくサツドラらしい行動をウェイとしてまとめました。
採用チームメンバー一同、新たな仲間との出会いにワクワクしています!
【7つのSATUDORA WAY】 〈好奇心を忘れず、挑戦から学んでいこう〉 一生青春、一生勉強。変化を恐れず何事にも興味を持って挑戦する。 〈困難を乗り越えて、ひとつ上を目指そう〉 問題ではなく、自分を成長させる課題として捉えて解決していく。 〈何でも自分事にし、自ら行動しよう〉 なぜやるか、どう思うか。自分主語で語り、行動する。 〈オープンに、フェアにいこう〉 情報共有し、公明正大に。家族に誇れる誠実な行動を。 〈まわりのヒトを喜ばせて、ファンをつくろう〉 お客さま、取引先、仲間から学び、他者に貢献することで支持を集める。 〈違いを認めあい、互いの強みを活かそう〉 他者の良いところを探し、自分にできることと掛け合わせることで、一人ではできないシナジーを出していく。 〈いつでも、心と体の健康に気をくばろう〉 お客さまを笑顔にするのはあなた。何よりもまず自分の健康を第一に。