1
/
5

なにをやっているのか

■食のエコシステムをつくり、よりよいごはんとの出会いを増やす 株式会社SARAHは2014年12月創業のフードテックカンパニーです。 提供する各サービスを通じて「食の行動データ」を蓄積し、そのデータを飲食店やメーカー、小売店などに提供することで、よりユーザーに寄り添った「商品開発」や「マーケティング」が実行できる環境を構築し、食における消費者の体験をより発展させていきます。 セブン-イレブン・ジャパン、三井物産株式会社や、ハウス食品グループイノベーションファンド、講談社など大手企業、ANOBAKA、元エウレカ代表の赤坂優さんなど多方面から出資を受け、総額約5.5億円の資金調達を実施しています。 ■株式会社SARAHのサービス ①おいしい一皿が集まるグルメコミュニティサービス「SARAH」 https://sarah30.com/ 一般消費者にむけたユーザー投稿型のグルメサービスです。従来のグルメサービスとは異なり「お店単位」ではなく、「メニュー単位」で検索、投稿することができます。「良いお店」ではなく「良いメニュー」にフォーカスすることで、ユーザーがよりおいしいごはんと出会いえる機会を提供します。 コロナ禍において大手グルメサイトと比較してもトップレベルの成長率を誇り、現在MAU150万、累計投稿数70万件超えと順調に成長しています。 ②日本初の外食ビッグデータ分析サービス「Food Data Bank」 https://fooddatabank.net 2019年2月にローンチした食品メーカーや大手飲食チェーン向けのサブスクリプション型サービスです。 SARAHに投稿されたビッグデータを元に、今まで定性的に扱われてきた「食のトレンド」を定量的に把握でき、食品の企画・開発やマーケティングに役立つ分析データを提供しています。セブンイレブン、味の素、ハウス食品、雪印メグミルクといった大手食品メーカーを中心に導入が進んでいます。 ③飲食店向けメニューの電子化サービス「SmartMenu」 https://smartmenu.sarah30.com/ 飲食店のメニューを電子化し、お客様のスマホでオーダー、決済まで完結することで、「いつ」「どこで」「誰が」「何を食べて」「どう思ったか」という行動データを収集します。 また飲食店がその行動データを活用し様々な情報を提案・提供することで、お客様のファン化を促し最終的に飲食店のLTV向上に貢献できるような価値を提供します。 2020年の5月にβ版をローンチし、現在は正式リリースに向けて目下サービス開発中です。 ■SARAHが目指す未来 「食のデータを活用して生活体験の向上へ」 1日3回と「高頻度」で蓄積される”食のデータ”はより深い分析をしていくことによって様々な 生活シチュエーションの行動予測に役立てることができます。 また、他の物事との「相関性」の高さも特徴です。例えば健康に気を使った食事が多い方は、ヘルスケアにも感度が高く、またより身の回りの物をオーガニックなもので揃えていく傾向があるように、ユーザーに合わせた様々な情報を提供しより便利に生活できる世界を目指しています。 <SARAHの採用情報> https://www.notion.so/sarah30/SARAH-97caa9e30b1941cfbacc35558d1af86a

なぜやるのか

代表高橋のポテトサラダリスト。ポテトサラダという1つのメニューをとっても様々な味わい、食感、見た目のポテトサラダがあります。
FoodDataBankでは、SARAHに投稿されたビッグデータを元に、今まで定性的に扱われてきた「食のトレンド」を定量的に把握でき、食品の企画・開発やマーケティングに役立つ分析データを提供しています。
■SARAHがスタートしたきっかけ 「おいしいポテサラが見つからない」 SARAHというサービスがスタートしたきっかけは代表高橋のふとしたできごとでした。 高橋が、渋谷でおいしいポテサラを食べたいと思い、検索ツールで「渋谷 ポテサラ」と検索したところ思うような検索結果が出ませんでした。 検索結果として出てきたのは「ポテサラがおいしいお店」ではなく、「ポテサラを出しているお店」の人気順しか出てこず、どのお店のポテサラがおいしいのかがわからなかったのです。 「おいしいポテサラが食べたいだけなのに、求めている情報が手に入らない。同じような違和感を持った人がいるのではないか。」この状況に感じた違和感を解決したいという想いから、SARAHというサービスが始まりました。 ■SARAHのMission 「よりよいごはんとの出会いをつくる」 私たちはよりよいごはんとの出会いを実現するフードテックカンパニーです。 近年、ごはんに求めるものが「おいしい」という画一的なものから非常に多様化しています。しかし、多様化したニーズに応えるごはんはまだまだ少なく、それらを便利に見つけられるサービスもありません。 テクノロジーの発展により、行動や物がデータ化されている中、それらをどう活用し、世の中を豊かにするかが求められています。 「想い」をベースに、食を通じて世の中を豊かにしていきます。

どうやっているのか

年に一度は自然に囲まれて合宿しています
2017年末に移転したオフィス。内装や家具はDIYが多いです
弊社は正社員、業務委託、インターン生など合わせると40数名の会社です。 グローバルなメンバーも在籍しており、雇用形態、職種、年齢、性別、国籍など分け隔てなく会社全体で1つのチームとして機能させることを意識しています。 また規模の割に、それぞれターゲットや性質が異なる3つの事業を行っており、一見統一感がないようにも見えますが、SARAHが目指す未来・世界観を指標に共通の意識で事業を運営しています。 また特にSARAHでは一緒に働く上でカルチャーフィットを非常に重要視しています。 そのカルチャーは4つのValuesに集約しています。 ■4つのSARAH Value 「でっかく、あつく、やさしく、つよく。」 <でっかく> - 失敗を恐れない大胆な判断と行動が大きな成果を生む - 社内という小さな枠組みでどう判断されるかではなく、世の中のためにどうあるべきかを考えることが自身と会社の大きくさせる - 相手の想像を大きく超えるアウトプットが心を動かす <あつく> - 仕事は最高の遊び - 理論だけでは成功しない 発想にあつい想いがあるか自問自答し続けよう - あつい想いが届ける時に、人は能動的に動く あつい想いを素直に伝えよう <やさしく> - 成功のためにやさしくするのではなく、やさしいこと自体が心を豊かにする - 多様性を認めて相手を理解する事を諦めない - 偉い人はいない <つよく> - 想いを実現するため、結果には貪欲に - 有限の時間を無駄にしない スピードを重要視する この4つの価値観に共感いただける方だと、すぐにでも活躍しやすい環境が整っていると思っています。