This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「人の役に立てるデザイナーになるためには」【SAKURUG MEMBER INTERVIEW】

こんにちは!SAKURUG 広報担当の鈴木です。

wantedlyにてSAKURUG メンバーインタビューを掲載しています!

今回は入社まもない、SAKURUG デザイナーの原さんにインタビューしました!

入社のきっかけ

前職での現場で一緒だった箱谷さんの紹介でリファラル採用という形で入社しました。
面接で、私のスキルでもお仕事に生かせることができるとお話させていただき、入社に至りました。

前職について

美大を出ていたので、何かクリエイティブな現場で仕事が出来たらいいなと思っていました。
大学卒業後ご縁があり、京都にあるお茶屋さんに就職しました。
オンラインショップもやっている会社だったのですが、
クリエイティブなことができる人がいないので探していると聞き、
私でも役に立てることがありそうと思って入社したんですけど、
最初の1年はずっと接客業や電話注文を受けていました。

もっとクリエイティブなデザイナーとしての仕事がしたいと思い上京しました。
デザイナーの求人はだいたい実務経験3年以上が条件なのですが、そこがクリアができなくて。
ちょっとずつ近づいていこうかなと思いIT系の会社にとりあえず入りました。
始めはSNSの担当者とかデザイナーのちょっと横にいるくらいのポジションを経験して、
徐々にバナーを作るようになったりして、気づいたらデザイナーに近づいて行った感じです。

一応目標に向かってきているのかなと思っています。
前職ではUIの改修や、webページの一部を修正したり、
お客さんの使いやすいように入力フォームを修正したりする作業などをしていました。

色々な経験を積むことで、ランディングページを1ページ任せてもらえたりするようになったので経験が生かせているのかなと思います。

成長ややりがいを感じたとき

成長というと、以前は”ちゃんとしたデザイナーになりたい”と漠然と思っていました。
やっているうちに徐々に業界の空気を感じるようになり、
仕事も分かるようになってきて、実務的にもバナーなど一部のところから始まり、
今では丸々1ページ任せてもらえているので、成長したなと思います!
やりがいだと、以前ウエディング会場のページを作成していて、ページの目的は会場見学の申し込みをしてもらうもので、私がデザインを変えたことで申し込み数値を上げられたのはすごくやってよかったなと感じました。
数字が上がっているということは、ユーザーの方もちょっとはわかりやすくなったのかなとか、そういう部分が見えるとやりがいを感じます。

どんな学生でしたか?

美大に通っていたのですが、定期的に課題の提出があり、
そのスケジュールにあわせて動いていたので、課題をこなすのが精一杯でした。
高校までは普通の学生で、誰とでも仲良くできるタイプではあったのですが、心から価値観のあう子はいなかったです。
大学に入ってから同じような考えの子がいて、趣味が合う子が居て、
真面目にいろんなことを考えてたり、作品で表現できる子が多かったのですごく楽しかったです。
卒業した今でも話していて楽しいです。
先生方も現役でバリバリ活躍していて、普通の生活では絶対出会えない人くらいエネルギッシュな方ばかりでした。
それでも学生にもわかるように指導してくださって。社会に出た今でもなかなかそのレベルの方とは出会えないなと思います。
美大って割と破天荒なイメージですが、私は割と現実を見て淡々とこなすタイプの学生でした。
とにかく就職して安定したいと考えていました。



今後やってみたいこと

これまでいろんな現場を経験して、現場ごとにきちんと自立していらっしゃるデザイナーさんがたくさんいて尊敬できる方もいます。
尊敬できる方を見てそうなりたいなとは思っていても、そうなるにあたっては何をやればいいんだろうみたいなところにいます。
ランディングページなどをもっと自分1人で任せてもらえるようになることが短い目でみた目標です。
長い目で考えると、将来的には人の役に立てるデザイナーになりたいです。



プライベートの楽しみ

旅行とインドアな趣味と2面あります!
旅行は最近行けていないのですが・・・海外に行くのが好きで、来年は台湾に行こうと計画しています。
今まで東南アジア、台湾、中国、シンガポール、インドネシアのバリが好きで3回くらい行っています。
あとはフランス、オーストリアに行ったりしています。

インドアな趣味は絵を書いたしています。あとは声優さんが好きなのでライブを兼ねて旅行に行ったりします。
春にも地方に行ったりしていました。普段はインドアですけど旅行に行く行動力もありますね。


【取材後記】

お忙しい中、お時間を見計らいインタビューにお答え頂きました。同じ芸術系大学出身で課題時期の忙しさやパワフルな先生方の話など、他にも趣味の話で盛り上がってしまったりと・・・いろいろな共通点のあるお話しもできとても楽しい時間でした(*´∀`*)正直、時間が足りなかったです!!笑

株式会社SAKURUGでは一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう