This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

SAKURUGの一人ひとりに強みがあるから、面白い事も出来る【SAKURUG MEMBER INTERVIEW】

こんにちは!SAKURUG 広報担当の鈴木です。

wantedlyにてSAKURUG メンバーインタビューを掲載しています!

インタビューとともに、SAKURUGがどんな会社かご紹介します。

今回は、SAKURUG WEBディレクターの澤谷さんにインタビューしました!



SAKURUGに入社したきっかけ

前職ではデザイナーをしていましたが、新しいことをやりたいという思いがあり、
たまたま面白そうなことを始めようとしているSAKURUGを見つけて面接を受けました。
当時新しい事業ができるという話もあって、
そこの部分でも一から携わることが出来れば面白いと思い、興味を持ったのがきっかけです。
実際に対面して話をしてみないと会社側の求めていることもわからないことも多く、
面接でこちらの想いを伝えることの重要性を痛感しました。

前職ではデザイン以外の業務をしていた・・とのことですが、どのようなことををしていましたか?

直前ではありませんが、インターネット販売ショップの店長みたいなこともしてたことがあります。
ほとんどが制作業務ではあったのですが、営業・広報、全部署に関わる部分でサポートなどもやっていましたね。
割と長い期間、会社に在籍していたので全部署に渡りオールマイティに仕事をしていました!



なぜディレクターになろうと思ったのですか?

デザイナーはそのまま制作(現場)を続けて上に立っていく人も多いですが、
経験を生かしてディレクターになっていく人も少なくないですね。
今現在は制作というよりも現場の若手デザイナーに、
教えるのを含めディレクターをしています。
教育しつつ、ディレクションもやりつつ・・・というところです。

もともとのルートが、ディレクターとデザイナーの人だとそれぞれ性格がちょっと違うんです。
制作はデザイナーに作ってもらうので、結構デザインを分かっている、
デザイナー上がりのディレクターの方が頼まれたりすることが多いです。
そのあたりは仕事のやりがいを感じます。


次の目標はなんですか?

SAKURUGで最強の制作部隊を作りたいです!


SAKURUG内で会社の名前が残る何かを作りたいですね。

現在の2030MTGでも色々な話をしていますが、
社員全員集まると、結構大きなプロジェクトが
出来るようなメンバーが揃っているな~
と思います!
開発の人も多いし、制作・デザイン、ディレクター・映像制作もいたり。
大体はweb絡みが多いので、
サーバーまわりとバックとフロントがいれば、
そこから大きなプロジェクトに食い込むことも出来ると思います!



6期キックオフにて 社内MVPを受賞した澤谷さん

プライベートの楽しみ


趣味があまりないので・・・作りたいと思っています!


週末は職場の人と飲みに行ったりしています。また、2、3か月に1回はSAKURUGの社内イベントがあるので、それも楽しみの一つですね。あとは映像作品を見ることです。
ドラマはワンクール3本くらいは見ています。
あと、映画、アニメ、海外ドラマなど、
話題作や気になった作品は映画館に足を運ぶことも多いです。

【取材後記】

2030年MTG・・・そしてゆくゆく”社員全員プロジェクト”が実現したらどんなものが出来上がるのか・・・私もまったく予想がつかないくらい楽しみです!

澤谷さんに引き続きクリエイターの方々にインタビューをしていきます!お楽しみに!

株式会社SAKURUGでは一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる