This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

私の考えと同じ社長さんがいるんだという…運命的なタイミングのめぐり合いでした【SAKURUG MEMBER INTERVIEW】

こんにちは!SAKURUG 広報担当の鈴木です。

wantedlyにて公開している、SAKURUG 内定者メンバー インタビュー!

いよいよ残すところあと一名・・・!!

SAKURUGってどんなところ??たくさんのワクワクが詰まった、内定者にお話しを聞いてみましょう!

今回は、18卒内定者の平塚さんにインタビューしました!



入社を決めたきっかけは?


SAKURUGの説明会に参加し、自分の夢がまだ決まっていないと話したら

”決まってなくてもいいんじゃん”と遠藤さんがおっしゃっていて。

私自身、色々なことに興味はあるけど、まだ明確に“これ!”という目標や夢を決めていなかったので、

私の考え方とぴったり合う人がいるんだ・・・そういう社長さんもいるんだ!と驚いたのを今でも覚えています。
説明会を聞いていくうちに、そこから会社のビジョンや考え方に共感をしました。
運命的なタイミングのめぐり合いが一番大きいですね。

SAKURUGを選んだ理由は?

ビジョンに共感したのが一番大きいですね!

SAKURUGはどんな会社?

ここの会社に、初めて来たのが9月の説明会だったのですが、
その直後に懇親会がありました。面接選考中でも声をかけていただき、参加させていただいて、
社員さんたちとお会いし、お話しさせて頂きました。
その際に、社風が分かってから、入社したほうがいいよと言われました。
内定も決まっていないし、面接一回だけの状態で懇親会に参加させていただいたのに、
周りが気にかけて話しかけてくれて、暖かい会社だなと思いました。

SAKURUGの魅力は?

”人”だと思います!
遠藤さん中心に、人を大切にする会社だと思います。



特に、“ビジョンとカルチャー”を体現している会社だと思います。

学生時代打ち込んだことは?

スターバックスでアルバイトをしていました。
アルバイトの目的は、留学の費用を貯めることでした。
店長が社会に出てからも困らない、世の中で活躍できる人材になってほしい
育ててくれて、一年半くらいで新人教育の担当になり、
会社に入って後輩ができたら、どう教育したら良いか、などを教えてくれたので、
そこで、人を育てられる人材になろうと思いました。



無事に留学費用が貯まり、
大学3年に夏休みに、ワシントンDCに5週間行きました。
兄がアメリカに住んでいたので、そこに住みながら、
語学学校に通いました。
語学学校では、英語を勉強するのですが、
ブラジル、アラブ、トルコ、ガボンの人達に混ざり、私ひとりだけが日本人でした。
とにかく、スピーキングが難しく、アクセントもみんな違くて、
アメリカ人の先生以外の話を聞き取るのが難しかったです。
その中で4週間各国の会話を聞いて、刺激を受けました。


どれくらい本場の英語を聞き取れるんだろうとか、
買い物に行って、なにかトラブルがあったときどう対応すれば良いのか?とか、
留学中に、”自分は意外と、こんな対応ができるんだ~”と気付けることができました。


新人に必要な心構えとはなんでしょう?

とにかく、いろんな人と話すことです。
懇親会で思ったよりも、いろんな職種の方が社内にいて、
いろんな経験をしている人がいることを知りました。
自分が知らないことがすごく多くて、こういうことしています!って
言われても、まだわからないことが多いので、どんどん深堀して
話しかけるのと、聞いたり質問していこうと思いました。

入社してやってみたいこと

知っていることが少なく、営業さんがどんな働き方をしているとか、
見たこともないですし、エンジニアさんの仕事内容もわからないといけないな、と思ったので、
たくさんの人と関わって、仕事をしていきたいです。
営業事務として一人前になることが目標です。


平塚さんの、学生時代の様々な経験を聞けば聞くほど・・・今から活躍が楽しみですね!!!

株式会社SAKURUGでは一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる