1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー紹介(フィールドセールス)

言語的なハンディキャップを取り除いて
日本企業のグローバル化をサポートできることにやりがいを感じます

「言語の壁をなくしていく」というビジョンに共感して入社

昔から、仕事を選ぶ際には「何をするか」と「誰とするか」を重視しています。この2つを見極めた上で仕事を選びたいと思っていました。入社前、「いつの日か言語のハンディキャップが消え、日本人が世界と対等のステージで、自由に羽ばたける時代がくることを」という弊社代表のメッセージに強い共感を覚えました。言語的な能力が欠けているというだけで、優秀な人材を重要なポジションに配属できない企業が多いのが実状ですから、その壁をなくしていきたいと日々感じています。
また、ロゼッタの面接でお会いした当時のマネージャーと事業部長も、ご一緒に働きたいと思える方でした。2つの条件が揃ったことで、すぐに入社を決めました。


インサイドセールスから引き継いで、新規顧客に営業

ロゼッタの営業は分業されており、新規のお客様へのアポイントはインサイドセールスが担当しています。また、既存顧客のフォローをするカスタマーサクセスチームも別にあります。私の仕事は、フィールドセールスとして、商談を引き継いで新規のお客様のもとにご訪問させていただき、登録までの流れを作ること。最近では、かなり関心を持たれている企業様が増え、導入企業様からのご紹介も多くなっています。


インサイドセールスから引き継いで、新規顧客に営業

ロゼッタの営業は分業されており、新規のお客様へのアポイントはインサイドセールスが担当しています。また、既存顧客のフォローをするカスタマーサクセスチームも別にあります。私の仕事は、フィールドセールスとして、商談を引き継いで新規のお客様のもとにご訪問させていただき、登録までの流れを作ること。最近では、かなり関心を持たれている企業様が増え、導入企業様からのご紹介も多くなっています。


営業としての醍醐味は
お客様の利益拡大や技術開発に寄与すること

医薬品業界や大企業を中心に担当させていただいていますが、ロゼッタのお客様は、外国語がわからないというより、わかるけれど翻訳に使う時間がもったいない、という方々が大多数です。
例えば、多くのお客様がグローバル化や新技術開発など、目指すべきビジョンやミッションがあり、その実現に全力を尽くされています。私たちも、T-4OOを通じて、ビジョン、ミッションの実現を支援していくことが何よりも重要だと考えています。そのために最速・最熱・最短でベストな提案を心がけています。
これまでは部署ごとのご契約が多かったのですが、最近は全社での導入も増え、仕事のスケールもどんどん大きくなってきました。お客様の利益拡大や新しい技術開発にどれだけ寄与できるか、各企業のIR情報で売上・利益向上を確認することが、営業としてのモチベーションアップにつながっています。

大事にしているのは、関わるすべての人

仕事を通じて関わるすべての人を大事に考えています。お取引させていただくにあたりお打合せさせていただく方だけでなく、実際にご利用いただけるユーザー様なども含め、たくさんの方に対し、我々に何ができるのかを考えながらやっていくことを重視しています。
いままで言語的なハンディキャップが原因で仕事がうまくいかなかった人たちが、我々のサービスを通じて、スムーズにお仕事できる環境を作っていくのが目標です。
また、その環境を実現させるのは、今の自動翻訳だけとは限りません。我々がまだ想像もできないような方法で、新しい技術で、それを実現できる未来も見据えています。


社内一丸となり協力体制を築いている成果を出しやすい環境

営業職のため普段は社外にいることが多いので、リモートワークができる環境が整備され、WEB会議や掲示板などクラウド上でディスカッションができるのはありがたいですね。業務効率化にもつながっています。
また、時として、お客様からのご要望を実現するために社内各部門のサポートを必要とするケースもあります。ロゼッタにはフラットでオープンなスタンスの社員が多く、部門を問わず一体となってアシストしてくれるため、お客様の要望にお応えしやすく、成果を出しやすいと感じています。

権限移譲が進んでいるから、考えて行動できる人に最適

これまでに数社で働いていますが、その中でも最も権限移譲が進んでいる会社だと感じています。その分責任も伴いますが、権限と責任のバランスのとれている会社。業績を明確に評価してくれる点も魅力です。
それだけに、待ちの姿勢の人はロゼッタにマッチしないかもしれません。業績に紐づく数字的、行動的な目標はありますが、やらなければいけないノルマという概念はありません。そのため、自分でやることを考え、前向きに取り組まなければ適正な評価は得られません。
弊社に興味をもっていただけたら、ぜひ実際に足を運んで、オフィスの雰囲気を見て、そこで働く人たちと話してみてください。きっと我々の想いを感じとっていただけるはずです。


株式会社ロゼッタでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング