1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社員の成長と会社の成長2020《株式会社ロックシステム》

どうも大阪のシステム開発会社「株式会社ロックシステム」の岩元です。

久々のストーリー更新です。

まばたきしている間に3年という月日が経ってしまった気分。

そういうわけで3年前の自分のブログを読んでみた。

2017年5月4日「社員の成長と会社の成長」


3年前の自分の文章を読むのはキツイ笑

当時何を思ってたのを知れるのは素晴らしいことだけどね。読み返してみると3年前と現在で会社の理念がぶれてないのはすごく良かった。

①会社は社員を守る義務がある。 ⇒だね

②社員を守るとはすなわち事業を継続して給与を払い続けるこ ⇒だね。

③会社ができることは社員が成長できる環境を作るということ ⇒だね。

④コミュニケーション能力は重要だ。 ⇒だね。


①②は今んとこOK。

③④についてももっと活発になるように精進する必要はあれど及第点ということにしておきましょう。

コミュニケーションについては記事に書いてるような、ロックシステム会で「もっとコミュニケーションしようぜ」っていうのも大事だけど、

最近ではイノベ会議という集まりが特にお気に入り。


イノベ会議とはロックシステムでやってる参加したい人々が集まって「新アイデアをみんなで発表しようぜ!」って集まりで、アイデアを出してチームでブレストしたり発表したり、という寄り合い。


良いアイデアが生まれるのが会の目的なれど、もっと根本的なところでは社員に自分の考えを発表する経験をしてほしいなーと思ったりしてる。

「システムエンジニアっていうのは(特にSESのエンジニアは)黙々と言われた作業をするもんだ、それがしたいんだ」って人もいるんだけど、一歩進んだエンジニアになるためにも思ったことは言った方が良いと思うな。

自分の考えや想いを伝えるのは本当に大事。

そりゃあプロジェクトで急に意見をビシバシ言い出したら最初は何言ってんだコイツって思われる可能性も無きにしも非ずだけど、しっかりと順序だてて説明して説得力を持つことはエンジニアとしての価値を高めると思うんだよね。(そしてワークライフバランスの道へと繋がっていく)
ということでイノベ会議への参加者は継続して募集中。

もちろんそのためのイノベ会議ってわけじゃないんだけどね。練習大事ということで。
イノベ会議の本来の目的は最優秀アイデア大賞を決めて、自分のアイデアの実現を業務として専任でやってもらう予定だったのに。コロナ禍でイノベ会議は現在休会中。コロナ憎し。まーコロナ終わりにまた再チャレンジしましょう。理想通りにいけばそういうのも成長出来る環境であり、会社の成長に繋がるはず。

会社の成長と言えば2017年から比べたらエンジニア数が10人くらいから60人くらいに増えました。やったぜ!

その原動力は未経験者をエンジニアとして育てるという取り組みがでかいかな。
私、岩元はシステムエンジニアという仕事がわりと好きかつ結構良い仕事と思っているのでそんな思いから未経験からのエンジニア育成を始めました。
それがちょうど上のブログを書いた数か月後の話。それから3年。

なんだかんだと30人近くの人がシステムエンジニアデビューを果たしました!!ぱちぱち。

システムエンジニアの道は長く厳しい。

だけどみんな思ったことビシバシ言って(←今日はここが大事)大きく成長してもらいたいものですね。

私も頑張ります。

株式会社ロックシステムでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング