1
/
5

社長室ってなにする部署? ROBOT PAYMENTの社長室業務をご紹介!

はじめまして、ROBOT PAYMENTで社長室業務を担当している新藤です!

みなさんは、「社長室」 が普段、
どんなことをしている部署かご存知ですか?

社長室と言っても会社によって業務内容は様々なのですが、
経営をサポートする目的で設置されていることがほとんどです。

私自身は、「将来経営に携わる仕事がしてみたい」 と考えていたので
社長室への配属を希望したのですが、同じような思いを持つ方が少しでも

社長室の仕事を理解できるように、普段私が行っている仕事をご紹介したいと思います。


そもそも社長室ってどんなことをするの?

会社によって役割が異なるので、
今回は弊社のケースをお伝えしたいと思います!

弊社の場合、
社長が感じている課題(=経営課題)を解決するために次々と手を打っていくこと」 が
社長室の仕事です。

具体的には、「経営企画的側面」 「プロジェクトマネジメント的側面」 の2つの側面があるので、それぞれ解説していきましょう。


「経営企画的側面」

収益分析・予測・KPI分析・管理・策定・経営会議資料作成・ファシリテーションなど経営判断の材料となるデータの分析や提供、経営戦略立案のサポートを行っています。

CFOや事業部長と協力して進めることが多いです。


「プロジェクトマネジメント的側面」

上記経営課題の分析や論点出しを行ったうえで、
解決のために必要な施策をプロジェクト的に進めます。

例えば、カスタマーサクセスチームの動きをより活性化する、
中堅社員の成長を促すための人事制度を作る、などですね。



弊社は創業20年の会社なので、社内文化はしっかりと形成されていますが、規模で言うと100人未満の会社なので、まだまだ足りていないロールやこれから整えていく組織・制度なども多々あります。


具体的には何しているの?

社長室業務のプロジェクトマネジメント的側面の一環で、
広報チームの立ち上げを行いました。

弊社では、元々マーケティング部で
プロダクト広報のためのプレスリリースや取材対応などを行っていましたが、
プロダクトや会社全体の認知度をもう一段高めるべく、
広報専任メンバーを社内で募り広報PR活動を始動したんです。


PR会社や事業部メンバーと協力し、
「経理の働き方」 にフォーカスを当てた「日本の経理をもっと自由に」 プロジェクトを発足しました。


プロジェクト発表会後、
フジテレビ「Live News α」にて取り上げられ、ヤフトピにも掲載されたんですよ!
他にも、CI(コーポレートアイデンティティ)の策定を行ったことも。


先述の通り弊社は、創業から20年経っており、文化がある程度確立しているのですが、新メンバーも増えてきたので、このタイミングで今一度「ROBOT PAYMENTとはどんな会社か」 「何を目指すのか」 を再認識してもらうため、コーポレートブックを制作しました。



CI策定を行うと、メンバーの認識に統一感が生まれるので、かなりおすすめです。


社長室って結局どうなの?

私は元々、社長室の仕事というのは「社長の業務の補佐をする仕事」であり、「社長の手が回っていないことを代わりにやることで、社長が他の課題に注力できる」ためのものだと考えていました。

たしかに、そういう性質もありますが、
どちらかというと「社長の脳内を完全コピー」 して、
それを確実に実行するのが仕事だと、今では考えています。


社長が作家で、社長室は編集者なイメージですかね…!


ですので、社長が注力したい課題に対しては一緒に向き合い、
より高いクオリティと、より早いスピードで解決するのがバリューだと捉えています。

最高にクリエイティブでエキサイティングな仕事だなと、毎日楽しく働いていますよ!


さいごに

現在、弊社では「日本の経理をもっと自由に」 プロジェクトを立ち上げ、
経理の方をノンコア業務から解放し、より柔軟な働き方ができるよう支援をしています。


例えば弊社のサービスでもある請求管理ロボは、
「請求管理の自動化」 をサポートすることで経理の方々の業務を省力化しています。


このように、今後も経理の方々の業務を手助けし、経営に重要な業務に時間を注げるようサポートすることで、日本全体に貢献していく所存ですので、弊社のビジョンに共感いただけた方のご応募をぜひお待ちしています!



ROBOT PAYMENTの人材を募集しています!

職種なんでも
広告でおなじみの超最先端なIT企業が、オープンポジションで募集!
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
職種なんでも
経験なくても大丈夫!超最先端なITベンチャーで一緒に成長していきませんか?
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
将来・キャリアが不安な人
コロナ禍でキャリアとか転職とかどうしよう~な人、人気IT企業で働きませんか
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
株式会社ROBOT PAYMENT では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう