1
/
5

HPリニューアルのお知らせ+α

おはようございます!

株式会社ロボケンの寺田です。

この度、当社ではホームページをリニューアルいたしました。

URLは変わらず
https://robo-ken.jp/
です。


ロゴも真っ黒になってしまいました。

シンプルイズベスト。

今回のリニューアルではみなさんに、より見やすく!情報を分かりやすく!
お伝えしたいホームページとなるように、デザインや構成を一新しトンマナをそろえました!

より当社のことが理解してもらえるようなHPになったかと思いますので、ぜひ一度ご利用してみてください。

以上!







で終わってしまうと本当にHPリニューアルの報告で終わってしまい、それ以上でもそれ以下でもないですね。

果たしてストーリーに書く内容としてそれでいいのかという疑念も湧き上がってきました。

唐突に社名の由来でも

そもそも当社の名前の由来は、究極のAI搭載型ヒューマノイドロボット(人造人間)を実現させたいという思いから、ロボケンと名付けました。

当時は、ロボケンの「ケン」には研究の「研」、堅実の「堅」、建物の「建」などさまざまな意味を見出していました。

現在では、様々な事業を手掛ける様になり、別の「ケン」を表す文字がロボケンには相応しいかなとも思っています。

例えば、

「矜」・・・・・・ 名誉に思うこと。 自慢すること。誇りに思うこと。矜持に使われるこの文字もケンと読みます。
紆余曲折しながらも好奇心と社会貢献の意識を持ち続け前進し続けるロボケンを我ながら誇りに思います。自己肯定感は大事です。

「剱」・・・・・・つるぎの他にケンとも読みます。剣を表し、両刃の剣を指します。いわゆる諸刃の剣であり相手に対して多大な攻撃をしながら自身もダメージを受ける、という意味合いもあります。また剣を利用した武術や技術を意味します。
新規事業を手掛ける度に、「これが失敗したらどうしよう?」と正直思います。しかし、結果を求めるにはやはり行動しかありません。攻撃は最大の防御なり!

「献」・・・・・・私がよく口にしている貢献の「献」ですね。「物を目上の人に捧げる。たてまつる。さしあげる。献上する。」を意味しています。神話から漢字が作られていますが、端的に言えば社会や世の中の人に対して貢献するという意味合いです。ロボケンのコンセプトやミッションに深く関わっている様な気がします。

何故、「AIやITの力で、日本の科学技術の発展に貢献」したいのかといえば、そうすることで社会が豊かになり、喜んでくれる人が多くなるからです。

物の成り立ちや想いは実はシンプルなのです。

HPのリニューアル報告から別の内容に飛んだ気もするので、今日はこの辺でお開きにします。

ちなみに「ケン」読みの漢字は全部で170文字あるらしいです(笑)

文字数に困ったらまた「ケン」の文字を調べてみます。

株式会社ロボケン、今後の展望

話は変わり

弊社、ロボケンは年内に新規Webサービスのローンチを予定しています。

■今後の展望■
2021年11月現在、7つのWebサイトと1つの翻訳サイトの開発を進めていますが、新たな収益の柱とすべく、AI・ITを活用したソリューション・サービスをリリース予定です。

開発中のサイトは主に以下です。

◆物件情報サイト
∟2021年12月上旬
◆SaaS型資産管理サイト
∟リリース予定:2021年11月下旬
◆M&A仲介サイト
∟リリース予定:2021年11月下旬
◆外国人と日本の企業を結ぶ求人マッチングサイト
∟リリース予定:2022年7月頃
◆翻訳ソフト
∟リリース予定:2022年7月頃
◆大学・研究機関・ベンチャー企業向けのマーケットプレイス型ECサイト
∟リリース予定:2021年11月下旬頃
◆NFTマーケットプレイス
∟リリース予定:開発中
◆同窓会サイト(校友会サイト)
∟リリース予定:2022年3月上旬頃

リリース間近なものから開発中の案件まで多種多様です。
2022年夏までにはすべてのサービスをリリースし、会社としても新しい事業をメインに据えていきたいと考えています。

まだまだ株式会社ロボケンでは一緒に働く仲間を募集しています。

興味を持ってくれた方は、ぜひ一度お問い合わせください!

株式会社ロボケンでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう