Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

人生の迷子になっていた私がRise UPに決めた理由 #19卒内定者ストーリー2

19卒内定者の山本歩実です。
私は、11月からもう一度就職活動を始め、今年の1月中旬にRise UPの19卒内定者になることを決めました。
この記事は、私がRise UPに決めた経緯と理由、そして今の想いについて書いています。


私は、好奇心旺盛な性格でおもしろそう!やってみたい!と思ったことにはとことん向き合い、何にでも挑戦してきました。(無人島でキャンプをしたり、インドネシアで5ヶ月間小学校の先生をしたり、北海道にあるゲストハウスで働いてみたり、など)
しかし、自分の興味と向き合い何でも自分で決めて挑戦してきたはずが、就職活動を目の前に、学生生活が終われば次は社会人というステップの中で私はこれから何をしていきたいと思っているのか、それが分からないという壁にぶつかりました。また、これまでしてきたことから共通点が見つからず自分に自信をなくしてしまいました。
これがしたい!という想いが見つからない、そんな状態のまま就職活動をし、いつの間にかつくった自分で勝負をしてしまっていました。周りの人たちには、「したいことを仕事にできている人なんてごく一部で、まずは何かやってみることが大事なのではないか」そんな声かけをたくさんもらいました。それでも、どこか自分の中に何か大切にしているものがあり、それを仕事にすることができるのではないかと信じていました。
しかし、結局それを見つけることができず、決まった内定先で「まずは何かやってみる」をしてみようと考え内定者アルバイトを始めました。
けれど、内定者アルバイトをしている内に、自分の人生なのに、それはこれからつくっていくものであるはずなのに自分のことを考え抜くことができなかったということと、自分が目指したい状態がないまま仕事をしてもワクワクしないということから「やはりこのままではだめだ」、そう思い11 月に就職活動を再開しました。そして、この2 回目の就職活動の中でRise UPと出会いました。


Rise UPの選考は、どれだけ自分と向き合えるか、そして向き合った先に見えたものがRise UPの目指すVisionと大切にしているValueに当てはまるかということを考え、これから何をしていくのかまでをも考えるような選考でした。
HR(人事)の籔田麻美さんと話す中で、上記のような選考を通して、私ははじめて自分と向き合うことができました。1回目の就職活動のとき、自己分析の目的がいつの間にか会社に自分をアピールするための武器探しになっていて、自分のためではなく会社基準で自分をつくっていくツールになってしまっていました。しかし、Rise UPと出会ってからはそれを自分のためにすることができました。「自分はどんな時にテンションが上がるのか」ということを考えることで、自分が感覚的に好きだなと思う瞬間や無意識的に大切にしてきた価値観を見つけ出し、自分の Vision(自分が生み出したい状態)を明確にすることができました。


私の場合それは「より多くの人の心を動かし、笑顔にすること」。
私は、これまで挑戦してきたいろんな経験の中で、目の前にいる人に対し自分がどのようなアクションを起こせば、喜ぶ、驚く、感動するなどの経験から笑顔にすることができるかということを考え行動し、その人を笑顔にするということをとても大切にしてきました。また、それによって生まれる笑顔の瞬間を見て私も笑顔になるというワクワクの連鎖がありました。
これからの私は、「目の前の人」にはもちろん「より多くの人」に対してどうすれば心を動かし笑顔にできるのか、手段は何でも良い、ただそれができる方法を考え、そのためにできることには何にでも挑戦していきたい。それによって期待値の差分から生まれる驚きや感動を生み出し、ワクワクを連鎖させていきたい。それが今の私のVisionです。これはRise UPが大切にしている「People First(=つながりを増やす)」、「All Out(=挑戦し続ける)」、「Delight More(=もっとワクワクを)」という3つのValueにも当てはまっています。
このように、自分のVisionがあり、そのVisionを目指すことが結果としてRise UPのVision=”世界をつなぐエンターテイメントカンパニーを創る”に繋がる、そんな想いを持った人たちが集まるVision Drivenな会社であるというのがRise UPの大きな魅力の1つです。それぞれの想いが1ピースとなって会社を創っていく、というところに魅力を感じたこともRise UPに決めた理由の1つです。
そして、自分が大切にしている価値観を大切に世の中に価値を生み出していくことができる、似た価値観を持っている人が集っている、そんな場所だからこそ、これから組織成長をしていくというフェーズの中で自分がそれに大きく関わりRise UPらしさ(=企業文化)をつくっていきたいと思いました。

ちなみに、写真は内定承諾をした際に私の誕生日が近かったということでお祝いしていただいたときのものです。期待値の差分から驚きや感動を生み出すことでワクワクを提供し、それが連鎖していき、そして自分自身もワクワクしていきたい、そんなメンバーが集まっているからこそできるサプライズであると思い、とても嬉しく、何よりもワクワクさせていただいた瞬間でした。

19卒内定者になった私は、現在4月から配属される部署EC 事業部のCS(カスタマーサポート)にて内定者インターンをしています。日々の成長の中で、常に自分が生み出していきたいVisionをイメージし、それに対して具体的に何ができるのかを考え、その状態をつくっていけるように一歩一歩、けれど加速度を上げて成長していきます。

「何をしていきたいのか大切にしている想いや価値観がある」
「自身がエンターテイナーとなりワクワクを生み出していきたい」
「常にこれで良いのかと自分を問い続けられる環境で成長していきたい」
そんな思いを持つ人は、ぜひ一度Rise UPに足を運んでみてください。

株式会社Rise UP(ライズアップ)では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう