1
/
5

インターン生入社エントリーVo.3 寺岡夏美

皆さん初めまして!

この度インターン生としてリクシィに携わることになりました寺岡夏美(てらおかなつみ)と申します。

今まで何をしてきたか

3歳からモダンバレエ小学校3年生からチアダンスを始め中学校では花笠音頭を夏休み中毎日練習して老人ホームで披露したり、体育祭では自ら有志を集め先生までも巻き込んで計11人でEXILEを披露したりなどダンスに暮れた日々を送っておりました。今でも体を動かすことは大好きで大学の競技ダンス部に所属し日本一を目指して頑張っております。

ダンス以外にも興味の幅は広く、高校ではバンド活動を本格的にしておりました。
アルバイトって色んな事経験できて最高!と気付いてからは、ファミレス、売り子、お花屋さん、ウエディングドレスショップ、コーヒーショップ、結婚式場設営スタッフ、サービススタッフ、バーテンダー、お弁当配達、飛び込み営業、などなど様々な接客のアルバイトをしておりました。

そんな中でも特に人生を変えた出来事は
高校時代のインターンです。

経営学に興味を持ったはいいけど学校で教えてもらえないし、会社いけば分かるか!と超軽いノリで気になったベンチャー企業にアポを取りました。

社長の直近で学ぶ経営はそれは刺激的で、社員さんも歳が近いのになんか凄い頭の使い方してる人(当時はこんな感じにしか思えなかった)で、もういい環境に飛び込んだなーと思う毎日。toBのサービスを手伝ったりマネジメントや会社統括の部分までいろいろと経験できました。

ブライダル業界って面白いな

私がブライダル業界を志したのは12歳の時です。ウエディングプランナーに密着!というTV番組をぽけーっと見て、この人自分が好きなこと沢山している人だなあキラキラしてるなあと小学生なりに思い直感的に将来の夢になりました。

それから中学高校と夢は変わらず、経営に興味を持ち始めてからはブライダル「業界」に目を向けるようになりました。
高校生2年生の時に日本にある結婚式の上場企業ベンチャー企業を片っ端から調べてホームページの企業理念を読んだり、ブライダルの歴史を日本海外問わず勉強し、なし婚の市場化について考えたり、ゼクシィ結婚トレンド調査を読み漁ったりしてました。実際に気になったブライダル企業にジョインして本物の結婚式を沢山お手伝いさせて頂きました。

「やっぱりブライダルって面白い」

今でもそう思い続けています。
人口減ってるし、晩婚化だし、まず結婚選択する人減ってるしで市場としては最悪。普通に考えたら優秀な経営者は手ださないでしょブライダル…

ってところに今でもワクワクします。この絶対的母数が減る中でどう盛り上げていく!?どういう視点で進化していく!?日本の結婚式業界!!

そう、儀式なのに結婚式の形ってどんどん進化してるんです。時代背景がとても反映されやすい。私はそんな所にこれからの革新的な面白さや魅力を感じています。

リクシィだからできること

リクシィの企業名の意味合いの1つ

×ITがあるんです

ここ大好きなポイント。ブライダル業界って良くも悪くもアナログな所が多々あり「いやなんでこんなアナログなの!?」と火吹きたくなるレベル。
そんな中×ITを掲げている企業があるだと!?とリクシィは創業時から気になっていました。

日々進化していくテクノロジーを利用してブライダルがより良いものに進化させていく事を業界最前線で出来るのはここ、リクシィだけだなと思っています。

大好きなブライダルが会社の根底にあって、社員全員がブライダルの事が好きで、進化も恐れていない。私にとって凄い魅力的な環境!!!

ここでブライダル業界をよりよく発展させるメンバーの1人として活躍したいです。

今後どんなことをやりたいか

個人としてはフリーウエディングプランナーとして数々の結婚式を手掛けたいです。

今ある[式場から選び始めるウエディング]ではなく、[プランナーから選び始めるウエディング]の文化を今後の人生をかけて日本に広めていきたいと思っております。

式場選びで後悔した人をゼロにしたい
より良い空間を作りたい
結婚式をする人に、もっと情報を届けたい
結婚式がその人の人生をより充実させるものにしたい

などなど...熱い想いをもって、ここリクシィでの仕事も精一杯努めていきたいです!

日本の式場により詳しくなり、多くのお客様の結婚式の手伝いができることが私の身になると思っております。

リクシィでは挑戦を恐れず、いろいろなことを果敢にチャレンジして先輩方からフィードバックを貰い成長できたら嬉しいです。


最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社リクシィでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう