1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

過ぎた時間は戻せない。 だから、あらゆる機会を素敵な時間にするためは、事前の「時間調整」がとても大切です。 リザーブリンクは、時間を軸にして人(ヒト)・物(モノ)・場所(スペース)のタイミングを合わせる限界に挑戦します。 具体的には、「予約」や「事前注文」という切り口で、3つのプロダクトを開発・運営しています。 ◆予約管理システム「ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)」 http://www.yoyaku-package.com チョイスリザーブは、業界・業種を問わず「予約管理」にまつわる課題を解決するためのクラウドサービス(ASP・SaaS)です。2010年のサービス開始以来、セキュリティを重視する大手キャリア・金融機関様での来店相談やイベント、全国展開のジュエリー店・ヨガスタジオ、10万人規模の社内健診、FC展開する車検・タイヤメンテナンス店などの大型プロジェクトから、人気の英会話教室、地域の保険ショップまで多様な用途でご利用いただいています。 ◆事前注文システム「COTOL(コトル)」 https://cotol.jp/ COTOLは、準備が必要なギフト商品や、テイクアウト対象となる飲食店メニューのカスタムオーダー・決済・受取時間の指定を、24時間ウェブ上で受付・管理し、人気店や季節・イベント時の店頭業務を効率化する事前注文システムです。 ◆予約研究機関「予約ラボ」 https://yoyakulab.net/ 予約ラボは、「予約の知見」でサービスの現場を科学し、そこに眠る価値を発見・共創していく、予約研究機関です。読者のみなさまやサービス提供者・事業者様との対話・コラボレーション・共同研究・勉強会を通して、予約を起点とした専門性を深め、「予約の可能性」を模索し、ノウハウを蓄積・共有していきます。

なぜやるのか

リザーブリンクの想いの源泉を言語化したものが、以下のとおり会社全体の指針となるミッション・ビジョン・バリューです。3つが相互に補い合い、私たちリザーブリンクを創っていると考えています。 ◆ミッション 「”約束”を守る」 「約束」とは、互いの時間を予約することで信用を築くこと。 つまり、互いの未来に”幸せ”を創り出すもの。 我々はこの「約束」を守ることで、お客様の「未来と幸せ」を守りたいと思っています。 ◆ビジョン 「物語を作る」 そのストーリーの登場人物(脇役・黒子)となり、共に物語をつくっていける人であること。 自分自身がそこに存在する意味があるからこそ作れる物語。 その役割を担えるだけの個性を持つこと。 ◆バリュー 「誰かのために活かせる自分であれ。」 「誰かのために活かせる場に臨め。」 積極的な利他主義であること。我々は「リザーブリンクマンシップ」の価値観の元、日々活動を行う。 「時間を合わせる」ことは、人間の普遍的な営みです。 より多くのタイミングが合うことで、そのときに生まれる機会を素敵な時間にするために、リザーブリンクはプロダクトを作り続けています。 そのため私たちは、会社全体の指針だけでなく「プロダクトミッション」を掲げています。 ◆プロダクトミッション 「世界中のリソースとタイミングを合わせる」 リソースとは、待ち合わせの相手である人(ヒト)、イベントが発生する場所(スペース)、設備、備品、商品などの物(モノ)を指します。これら全てがタイミングを合わせる対象であり、時間の管理をしようとすると、必ずそれらの「調整」が必要になります。 そして、「調整」には限界があります。一定の時間を超えてしまうと、調整が意味を持たなくなってしまうからです。タイミングを合わせるために、たくさん連絡を繰り返したり、キャンセルになってもう一度調整したり……調整には手間がたくさんかかります。 リザーブリンクはこうした人間の普遍的な営みの限界を超えるために、チャレンジし続けているのです。

どうやっているのか

メンバーの平均年齢は30代後半です。いわゆるベンチャー企業の中ではやや年齢層が高めですが、一人一人が自立したプロフェッショナルとして活動しています。 設立から10年経過し、組織は成熟期を超え、第二の成長期に入ると共にそれは第二創業期に入ることを意味しています。 成熟期を超えて衰退する会社が世の中には数多くあります。そんな中でも成長をし続けるためには、メンバー個々人が成長をし続けることが必要だと考えます。 永く世の中に存在し続けるために、まるで創業期のように各自が主体性を持ち、積極的なチャレンジをできるような環境を用意しています。 (1)ゴールは売上ではなく「顧客満足度」 売上をゴールにしてしまうと、お客様に最適なサービス提供をすることが難しくなると考えています。これまで培ってきた信頼から新規のお客様の多くは反響によるものです。 だからこそ、一社一社のお客様に対し誠意とホンネで接し、積極的な利他主義であることを大切にしています。 (2)自分のやり方でやる 私たちは模倣をしません。これは、事業においてではなく個人としても誰かを真似るのではなくオリジナルな存在でありたいという意味も含んでいます。個性は魂、だからこだわります。他と違うことを恐れないで、むしろ他と違うことを誇りに思える会社でありたいと思っています。 (3)企業体ではあるが、「人として」を大切にする 私たちは「企業体」であり、営利目的の事業活動を行っています。とはいえ、事業活動においても「人として」正直に歩いていきたいと考えています。 「普通の会社ならこうするでしょ」をしないでポリシーを優先させることもあります。損得より善悪を大事にしたいと思っています。 その他、自立したメンバーに対して、生産性向上のため、幅広い就労環境の選択肢を用意しています。 ・働く時間は状況に合わせて  本気で働く人にもプライベートがあり結婚・出産・育児・介護などライフイベントやライフステージの変化は避けられません。そういった様々なライフステージに合わせた働き方の選択が可能です。 ・物理的な制限をなくす  業務する「場所」に制限は設けていません。コロナ禍以前からそうでしたが、現在も全従業員がリモートワークを実施しており、自宅、都内数カ所にあるサテライトオフィス、カフェなど業務に集中できる最適な場所を状況に応じて選択可能です。 第二創業期に差し掛かったリザーブリンクに新しい個性を求めています。