1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

人事担当者必見!リクリエの人事が読書の秋にお勧めする本ベスト3を紹介!

どうもこんにちは!REQREA(リクリエ)人事部のヨシダです!
(しつこいですが、Twitterしてます。(笑)良かったらぜひ。)

福岡でも最低気温が10度下回る日も出てきて、一気に寒くなってきました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。秋到来といった感じですが、皆さん秋と言えば何を思い浮かべますか?

スポーツの秋。(最近10キロランニングしたら右ひざ怪我しかけました...)

食欲の秋。(この間キャンプで食べたカレー美味かったな....)

そしてやっぱり読書の秋!ですよね!



リクリエでは、『書籍購入制度』なるものがありまして、インプットを増やし仕事でアウトプットを出すために、年間1人1万円分まで会社から支給され、書籍が購入できます!

書籍購入制度とは?
・年間で1万円分までを上限として会社のお金で本が買えます!
・初回は無条件で購入可能!
・2冊目以降は、前回購入の本のレビューを記載後申請可能。
・読んだ人は必ず会社の本棚に返すこと!

この制度を利用して購入した本が、ヘッダーの画像のように本がたくさん本棚に並んでおり、社員が本を借りて読んでいます!種類的には、自己啓発や、デザインなどのスキル本、ホテルの運用に関する本など多種多様あり、実務はもちろん自身のスキルアップにつながる本もあります!その中でも『イシューからはじめよ』は多くの社員が読んでいる印象があり、社長からも課題図書として言われるケースもあり、社内では読んだ人が多い本です!

そんなリクリエの書籍購入制度を利用し、その他自分で購入した本を含めると今年30冊近く読んだ私がお勧めする本ベスト3を今回は紹介していきます!

特に人事の人は必見です!

それではいってみましょう!レッツゴー。

■第3位 『EX(エンプロイー・エクスペリエンス)社員のモチベーションを高める新戦略』

第3位は『EX~エンプロイーエクスペリエンス』になります。

この予測不可能な時代の会社経営において、経営資源の一つである「ヒト」は改めて大事な存在で、従業員エンゲージメントを高めることが現代の会社経営においてはこれまで以上に、非常に重要だという内容になります!

この本を読むまで従業員エンゲージメント=職場環境や待遇、人間関係などと思っていたのですが、読んだあとその考えを改めました。よく人間関係を良くするために「飲みにケーション」などもありますが、そういったことでは本質的な従業員エンゲージメントには繋がりません。従業員エンゲージメントを高めるためには、その会社に所属する従業員1人ずつと期待値を調整することだということをこの本が教えてくれます。

期待というには目に見える契約のような形のもの(労働条件通知書などに記載されている労働時間や残業、給与、福利厚生など)もあれば、目に見えない期待(明示はされていないが期待されているであろうと感じるもの。)もあります。そして登場人物が2名以上出てくるときには期待のギャップが生まれ始めます。

つまり期待を明確にし、それをすり合わせ続けることでエンゲージメントは保たれるということをこの本から学びました。

■第2位 『最高の企業文化を生む少数の法則』

第2位は「最高の企業文化を生む少数の法則」になります!

企業が成長し続けていくためには、その企業にあった企業文化を醸成していく必要があります。リクリエは昨年10月で正社員が8名ほどだったのに対し、現在は24名ほどが在籍をし一気に組織が大きくなってきています。つまり”今”企業文化を醸成していくフェイズということで読むことにした本です。個人的に一番重要だと感じた点としては、企業文化という目に見えづらいものをなるべく見える化し、影響を常に理解しておくということでした。

まとめると下記の3つが重要です。

1:クリティカルフュー(その会社が優先的に大事にするべきこと)が何なのか議論すること。

2:その行動がどのような効果を生むか影響を常に確認し、測定すること。

3:感情に訴えるこということ。

■第1位 『7つの習慣』

第1位は7つの習慣になります!

国内でも販売部数240万部を超える大ベストセラー本。読んだよ!っていう方も多いと思います。私も前に読んだことがあったのですが、再度読み直してみました!

下記が7つの習慣の項目です。

第1の習慣:主体的であること

第2の習慣:終わりを思い描くことから始める

第3の習慣:最優先事項を優先する

第4の習慣:Win-Winを考える

第5の習慣:まず理解に徹し、そして理解される

第6の習慣:シナジーを創り出す

第7の習慣:刃を研ぐ

その中でも久しぶりに読み返して、第1の習慣である「主体的であること」が改めて心に刺さりました。

主体性をもって自分の人生を生きていくには、自分との約束を守ることを積み重ねることが大事。そしてその意思の度合いは日ごろから自分自身に誠実に向き合い、自分との約束を常に守れているかどうかで測ることができる。

毎日自分との小さな約束を守りそれを積み重ねること、つまりは自分で決断し、実行を繰り返すことで自分の人生に意思が生まれ主体的になれると感じました。

今年はコロナもあり家に籠ることも多いと思うので、この3つで読んだことない!って本があった方はぜひ読んでみてください!特に人事で組織開発などを担当されている方は必見です!

そんな人事担当者が絶賛「事業開発」のポジションを募集しています!

気になった方は「話を聞きに行きたい」ボタンをお気軽に押してください!

ご応募お待ちしておりますー!

株式会社リクリエでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう