1
/
5

なにをやっているのか

家電、カメラのレンタルサービス「Rentio」
最新ガジェットの情報サイト「Rentio PRESS」
レンティオでは『不要な「所有」を減らし、価値ある「体験」を増やしたい』というミッションのもと、以下のサービスを運営しています。 ―レンタルを感動するほどカンタンに― レンティオは家電やカメラを気軽にレンタルできるサービス、「Rentio」を運営しています。 https://www.rentio.jp/ また、最新家電とともに過ごすライフスタイルを提案する「Rentio PRESS」も運営しています。 https://www.rentio.jp/matome/ 家電やカメラをレンタルができるサービスは、実店舗、インターネットを問わず多くある中で、私たちは“お客様にとってカンタン”であることを第一にサービスを設計しています。 ・ロボット掃除機が自分の部屋にあうことを確かめてから買うことができてよかった! ・旅行でスマホよりいい写真が撮れてよかった! ・同窓会で昔の写真をプロジェクターで写してみたら盛り上がった! 日々の暮らしから特別な日まで、さまざまなシーンを少し豊かにする体験を、指先一つで実現できるようにする。 それがレンティオのやっていることです。

なぜやるのか

旅行の間など、短期間だけすきなものを利用できるレンタルサービス
買わずに好きな製品を使える月額プラン
『欲しいものがあるときに"買うこと"が当たり前になっている』 私たちは、この当たり前の消費行動を変えたいと考えています。 日々の生活を豊かにしてくれる家電製品は、ひょっとしたらときどきしか使わないかもしれません。また、高機能で素晴らしい商品であっても、高価で買うことを躊躇してしまうなんてこともあるでしょう。 代表の三輪は、子どもが生まれたときにたくさん写真を撮ってあげたいと一眼レフカメラを買いましたが、年一回しか使っていないことに気がつきました。防水カメラにいたっては数年前の沖縄旅行に一回使ったきり。 高い買い物をしてしまったなと後悔しましたが、「このような経験は誰にでもあるのでは?」と思ったことがレンティオを立ち上げたきっかけです。 ・自分のライフスタイルに合うかわからないけど試してみたいなら「お試しレンタル」 例)ロボット型掃除機、布団用掃除機など ・たまにしか使わないけど、いいものを使いたいときのための「短期レンタル」 例)水圧洗浄機、防水カメラなど ・仕事での使用頻度が少ないので、必要な時だけ欲しいという「法人レンタル」 例)プロジェクター、360度など特殊なカメラ など、いろいろなニーズに対してお応えできるサービスでありつづけたいと考えています。

どうやっているのか

2019年5月から240坪のオフィスで運営しています
年間数万件のレンタルの注文をいただくため、運営面、システム面ともに盤石な体制を整えています
2015年4月のサービス立ち上げ直後から着実に成長を続けています。またサービス成長とともにオフィス兼倉庫も拡大。ロジスティクスの規模もさらに成長しつつあります。 - 2015年4月 大田区にある6坪のオフィスで創業 - 2016年1月 品川区にある25坪のオフィスに移転 - 2017年1月 同じく品川区の120坪のオフィスに移転 - 2019年5月 増床し240坪のオフィス兼物流倉庫に。さらに外部委託倉庫を新設 - 2020年6月 品川区に480坪のオフィス兼物流倉庫を拡張し計720坪に。外部委託倉庫も3箇所になる。 また、働きやすい環境づくりに向けて、社内に休憩室(リフレッシュスペース)をつくり、フリードリンクも設置。福利厚生は、書籍購入制度、部活制度なども取り入れて充実させました。※屋内の受動喫煙対策あり(禁煙) メンバーは20代中盤〜30代中盤が中心で、経験と若さのバランスの良いチーム構成です。 ビジネスはチャレンジングですが、堅実に成果を残すタイプのメンバーが多く、落ち着いた組織の中で仕事に取り組みたい方にはおすすめできる環境です!