Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

Relicにいると、なぜ「成長」できるのか?自分の"思考の浅さ"に気づき、スイッチが入った瞬間

若くして、Relicに参画したメンバーに話を聞くと、入社後の成長角度が圧倒的だという声がよく聞かれます。Relicのどのような環境が社員の力を伸ばすのか、池本圭吾(いけもと・けいご)のインタビューを通して、紐解いていきましょう。

ずっと新規事業がやりたくて、モヤモヤしていた前職時代。

新卒で調査会社大手のマクロミルに入社、リサーチディレクターや営業の経験を積んでこられたそうですね。マクロミルからRelic、ちょっと意外なキャリアです。

自分の指向性を決定づけたのは、もう少し遡って大学の単位外活動。「起業家精神育成ゼミ」といって、神戸大学出身の起業家が集まり、後輩のアントレプレナーシップを培う目的で結成された勉強会。
そこでたくさんの起業家と時間をともにしたこと、そのゼミ自体の集客や収益化支援を担当するなかで、ゼロイチで事業を形作っていくベンチャー企業が自分の気質にあっているのではないかと感じるようになりました。

そこで、"リサーチの牛丼化(早い・安い・品質が高い)"を掲げ、調査業界内で破壊と創造を成し遂げて注目を集めていて、「新規事業開発」と「グローバル」をキーワードに次世代の人材を募集していたマクロミルに就職を決めました。

実際、マクロミルでは「M-Bump」という名称の社内新規事業プログラムが行われ、企業として新しい事業を見出そうとする姿勢がありました。学生時代から新規事業に関心を寄せていた私は、もちろん在職時はすべての回に事業アイディアを応募しましたが、残念ながら実施には至りませんでした。

また、自分が提案したもの以外でも、在職4年間中で「事業性検討フェーズ」に移行した事業アイディアは数えるほどしかなく、ボトムアップで新規事業を生み出す難しさを痛感するとともに、自身のキャリアにも悩みを感じるようになります。


新規事業立ち上げに憧れる気持ちはあったものの、空回りの4年間だったのですね。

かといって、他の会社の新規事業創出ポジションに転職するにも踏み切れずにいました。
「新規」といえども、事業会社である以上、既存事業とのシナジーが求められますし、新規というのは名ばかりで、単に「カイゼン」レベルでしか挑戦できないのではと感じていたためです。

そんな折、たまたまRelicが1週間だけリクナビに出稿した際に、求人票と出会いました。
事業領域に囚われず、新規事業というドメインで挑戦を続けられる会社がある!」
これだ!と思った私は、その場でエントリーボタンを押しました。

飲み会の前に入った喫茶店で、たった30分しか時間がなかったのを覚えています。
普通だったら、ブックマークしてあとでエントリーしようと思いますよね。しかし、どうしてもこの会社に入りたいという気持ちが強くて……「翌朝、ポジションがクローズしていたら絶対に後悔する!」そんな一心で、スマホからポチポチと履歴書を入力したんですよ。

入社したい気持ちが溢れて、面接の前に当時の会社があったビルを下見に行き……面接の日程調整メールに「この白い外観の素敵な建物(※当時)でみなさんと働きたいです」なんて追伸を書いたりしました。とにかくインパクトを残さなくては!と必死だったんです。(笑)


"自分は考えている"と思っていた。しかし、それは思い上がりだった。

念願叶って面接を突破し、Relicに参画。マクロミルでも新規事業のための調査業務に就くことがあったそうですが、同じ「新規事業」でも、やはり違いを感じますか?

私は「インキュベーション事業部」に配属されましたので、顧客の新規事業をサポートする機会が多いのですが、クライアントをサポートするためには「Relicが持っている新規事業立ち上げノウハウ」を完璧に理解しないといけないですから、入社したての時期は知識の吸収で手一杯でしたね。

サポートする事業領域が変わるたびに業界知識のインプットは必要ですが、「新規事業の立ち上げ方」についてのベースとなる知識は共通するもの。
Relicには、自社事業の立ち上げ/拡大に関わることで、それらを経験から学ぶ環境がありました。
事業検討フェーズで絶対に決めなければいけないこと、確認すべきことといった新規事業開発のベースとなるノウハウを得てからは、より効率的に事業サポートができるようになってきました。


また、新規事業立ち上げのプロセスを通じ、特にCEOの北嶋から大きく影響を受けたのが「徹底的に考え抜く」という習慣です。

フィードバックの際によく指摘されるのですが、机に座っている時間だけが仕事をする時間ではないんですよね。
例えばRelicの経営陣は、打ち合わせが終わって、会社に帰ってきた時点で次回の提案骨子が頭の中で出来上がっているんですよ。そのあとの時間はより思考を深めることに使うから、自然と提案の精度は上がっていく……どこにも無駄な時間がないんです

もちろん、以前から自分は"考えている方"だと思っていました。 ただ、この会社に入社して以降、これまで考える量・質、どちらも圧倒的に足りていなかったということを痛感しています。


また、「助けてほしい」と周りの力を借りられるようになったのも大きいです。
前職がチームというよりは個人の成果を重視する社風だったこともあり、Relicに入社して半年くらいは、周りに助けを求めるのはNGだと思っていましたし、「自分の責任でやる」ことと「自分だけの力でやる」ことを混同していました。

当初、アウトプットの作成/磨き上げに時間をかけてもクオリティが上がらず悩んでいたところ、北嶋から「組織で最高の結果を出すために、もっと早く聞いて欲しい。周りのメンバーに頼って欲しい」とアドバイスされたことがきっかけで、チームで働くという意識がガラッと変わりました。

Relicで重要視されることは、個人の成果でも、ましてやひとりで頑張ることでもありません。
求めるのはたったひとつ「事業を成功に導く」こと。この達成のためには、チームの力を結集し、最短の時間で最高の結果を出す必要があるのです。


最後に、今後どんな人にRelicに入社して欲しいですか?また、事業プロデューサーになるにはどんな能力が必要でしょうか。

職歴や経験、年齢は関係なく、「考える」「勉強する」という習慣があることが重要だと思います。

Relicの事業プロデューサーと全く同じポジションというのは、既存の会社には存在しないでしょうから、どんな職歴の人が転職してきたとしても、大なり小なり既存メンバーの教えを請い、調べながら新しい知識を吸収しなければならないと思います。

さらには、他社の事業をサポートするときでさえ、その事業責任者に成り代わり責任感をもって仕事に向き合い、周囲の教えを素直に受け入れ、貪欲に新しい知識やノウハウを自分のものにできる人。

これこそ、Relicが求めている人材です。
Relicは、ひとりの責任範囲が広く、打席数も多い。

日々、成長しているという実感がある会社です。一緒に働きましょう!

株式会社Relicでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう