1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【IT出身者インタビュー】 営業→SE→コンサル。何故コンサルタントにキャリアチェンジしたのか?

こんにちは。リグリット・パートナーズの黒川です。今回は歩くGeeklyとの呼び声たかい(?)谷本さんの登場ですね。GeekもおののくIT知識の持ち主です。

人は見た目には寄らないとはよく言ったものですが、この柔和そうな見た目で実はバイタリティと行動力の鬼だとは誰が想像つくでしょうか。ツワモノ揃いなリグリットの中でも目を見張るガツガツさです。

ちなみに趣味は旅行らしいです。Not Go Toな今、谷本さんは何を楽しみに日々過ごしておられるのでしょう。まあ、仕事でしょうね。

仕事人間谷本さんにとって天職に違いないコンサルへのご転職背景、一緒に見てみましょう。

顧客最適な働き方に魅力を感じた。

黒川:簡単にこれまでの経歴を教えて頂いてもいいですか?

谷本:リグリット入社前は複数社経験しているのですが、新卒では商社に営業職として入社しました。そこで4年間営業をしながら、社内の業務改善やシステム改善も行っていました。ITのパワーに魅力を感じ、SEへ転身し、業務の自動化や効率化で4年ほど開発を行っていました。

前職ではプリセールスコンサルタント(技術営業職)として、様々な製品を調査・検証したり、RPAの比較サンプルを作成して顧客へプレゼンしたりもしていました。


技術職だけではなく、営業も経験されていたんですね。様々な業種に携わってきた谷本さんは何故リグリットに転職されたのですか?

複数社で開発や販売に関わる中で、ユーザー最適なシステムにしたいと思っていても、仕様がユーザー置き去りで決められたり、売り手側の論理で物事が決まるような企業活動に強い疑問を抱いていました。

そのような中で、売り物に縛られる事なく顧客の立場に立って提案を行うコンサルタントに興味を持ちました。リグリットに決めた理由の1つとして、社員の境さんとカジュアル面談した際に出てきたメッセージ「企業に寄生しない」があります。特定のプロダクトに依存せず、最大限顧客に貢献しコンサルタントが必要なくなれば潔く去る、というストイックな価値観に共感したのが大きいです。


リグリット入社後について教えていただけますか?

入社後はAI推進プロジェクトに参画し、現在は新規ソリューション開発のプロジェクトに注力しています。私の強みでもある技術的な知見からチームメンバー・お客様に提案を行い、業務に邁進しています。

その他にも、セミナー企画や採用面接・イベントなどの社内業務に携わっています。セミナーでは協業する会社の選定、ターゲティング、コンテンツ作成など、日々のコンサルティング業務とはまた違った視点が求められます。社内外の様々な人と関われることは非常に刺激的で面白く、また考えたアイデアや企画に対してレビューを貰うことで、考えの深さや幅、視点など学びを実感しています

(最近オシャレ過ぎる美容院でカットされたが1度も再現できずにいる谷本さんですね)

似てるようで違う。SEとコンサルタント

SEとコンサルでは、業務上異なる点は多いと思います。入社後に苦労されたのはどういったところでしょうか?

SEとコンサルで大きく違いを感じたのはコミュニケーションの取り方と、業務の進め方・アプローチの仕方でしょうか。

コミュニケーションの取り方の差

SEの時は、少ない頻度で的確に情報が伝わるよう、テキストベースのコミュニケーションが中心でした。

コンサルになり、口頭でのコミュニケーションが増えたように感じています。フットワークが軽く、レスポンスが速い人が多いため、人を介した情報入手のリードタイムは短くなった反面、自己解決を促すような情報体制はあまり出来ていないように感じています。

これは営業職の時にも感じた課題です。改善の取り組みとして、積極的な情報発信やナレッジ化をしています。自己解決を促す仕組みと文化の合わせ技でより良くしていきたいです。


業務の進め方・アプローチの仕方の違い

SEでは最終成果物を得るために、ある程度決まった手段でどのように実現するかに注力します。

コンサルタントは、ゴールや方向性、手段の制限が無い状態で試行錯誤をしていくことがあります。選択肢が無数にあるとプラスに働くだけではないのだなと感じています。

また、決められた期間で成果を出すために、効率的にタスクをこなすことが重要なのですが、そこが今まさに苦労している点でもあります。社内の優秀なメンバーらに刺激を受けながら取り組む中で少しずつ自分の成長も感じています。

VUCAな時代に対応できる人材になるために

IT業界からの転職を振り返って思うことは何かありますか?

SEでは己の技術力を高めれば将来に心配はいらないと考えていましたが、独立・起業を意識した際に、テクノロジーが急激に進化し、社会の変化も予測しづらいVUCAの世界においては、技術一本で生きる事が最適解にはなり得ないと感じました。
(※VUCA - Volatility, Uncertainty, Complexitiy, Ambiguityを指し、現代社会の特性を指し示す略語の1つ)

コンサルタントとして、技術の知見を活かしながら様々な業界やトレンド、ビジネスの仕組みを学べることは転職して非常に良かった点です。


最後にリグリットに興味をお持ちの方に向けて一言お願いします。

リグリットではコンサルティング業務だけでなく、様々な領域に携わることができるので、チャレンジしたい方はリグリットにあっていると感じます。また、会社として「1,000人のCxOを輩出する」というメッセージがあり、将来的に独立・起業を考えている方も学びがあると思います。

(Slackの登場回数上位です。特にIT技術系。)

谷本さんとは非常にまじめな会話しかしたことが無いのですが、やはり今回も真面目な方だなあと思いました。次回は「最近みつけた使いづらいツール5選」とか伺ってみたいですね。真摯にお答えくださるはずです。

では、CxOとはなんぞやと思われたそこの皆さま、ご連絡お待ちしてます。今後ともインタビューにご期待下さいませ。

Regrit Partnersでは一緒に働く仲間を募集しています
21 いいね!
21 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう