Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【レッドハット社員インタビュー vol.4】レッドハットで働くとは・・・?社員のインタビューを通じて、様々な角度からレッドハットについてお伝えしていきます!


【レッドハット社員インタビュー vol.4】 レッドハットで働くとは・・・?社員のインタビューを通じて、様々な角度からレッドハットについてお伝えしていきます!


第4弾の今回は、営業として活躍しているIさんです!!


日系SIerの営業からレッドハットへ

現在、Account Manager兼チームリードとして大手通信事業者様に営業を行っています。

キャリアのスタートは日系のSIerに新卒で入社し、営業として現在と同じお客様のグループ会社を担当していました。8年ほど在籍した後、2013年にレッドハットに入社しました。

レッドハットを次のステップとして選んだ理由は、自身でアカウント全体の責任を持ち、役員クラスと日々会話をしながら、マーケットに後押しされるようなテクノロジーを持つ会社で営業活動をしていきたいと考えていたためです。

前職では組織の規模が大きく、1つの会社に対して担当営業が数十人存在していました。自身の担当としてはお客様の中の1部署を任されていて、営業アプローチとして会社全体が見えないという点がありました。

一方でレッドハットは、企業規模としてはコンパクトでしたが、ソフトウェアベンダーの中でもオープンソースソフトウェアを扱う会社ということで、特にCxOレベルのお客様からの捉えられ方は他社とは一線を画したポジションにいる会社だと想像していました。これが自分の中で他社との差別化となり、レッドハットへの転職を決めた理由の1つです。

前職からの違いとしては、お客様全体が見えるようになったことは勿論のこと、以前はプロダクトアウトの提案スタイルがメインだったのが、お客様の課題を起点にした課題解決型のアプローチに変わったことです。それから、レッドハットは技術系のメンバーもお客様の真の課題が何なのかと積極的にお客様とコミュニケーションを取ってくれるので、営業としては、社内の優秀なメンバーとお客様を引き合わせ、素晴らしい関係性を作っていくという楽しみがあります。


レッドハットのサービスプロバイダ業界におけるビジネスについて

レッドハットにおいては、通信事業のお客様は大きなビジネス規模を占めています。そして、今年の3月からはさらなるビジネス拡大を見据え新しいチーム体制となりました。 私の所属するサービスプロバイダーセールス部門では、日本の三大キャリアと新規参入のキャリアを担当をしております。

昨今、この業界は、GAFAなどのDigital Disruptorが台頭してくる状況下で変革の渦中にあります。さらに、今後通信の世界が4Gから5Gへと変わっていく中で、お客様がいかに堅牢で質の高いサービスをエンドユーザーである契約者に提供できるのか、また、次々に移り変わるテクノロジーに素早く対応し、かつコストを最適化できるのかという課題があります。

これに対しレッドハットは、オープンソースで推進されるクラウドネイティブなソリューション群を擁し戦略的に展開を行なっており、お客様に価値ある提案をするために日々邁進しています。

今後さらにお客様の経営課題を解決できるようアプローチを加速していかないといけないと強く感じています。


業務外の活動への参加について

私個人の思いとして、自分自身がレッドハットでの仕事や今おかれている環境を楽しみたいという思いが強くあり、会社のイベントや部門横断でのコミュニケーションには積極的に参加をするように心がけています。

一例を挙げると、今年に入ってからは全社のNew Year Partyの企画・運営を担当しました。

New Year Partyは全社の大規模なイベントなので、自分事として楽しんで取り組んでいきたいという思いがあり、今年のPartyは周囲のメンバーと協力しながら企画を行い、例年とは違った趣でのNew Year Partyを皆で作り上げることができました。

企画から当日までの取組みを通して、レッドハットのオープンな風土はもちろん、透明性や自由さというようなカルチャーをより一層体感しました。

メンバー間で色々な意見が飛び交い、社員が楽しめる内容をポジティブに作り上げていく過程は充実していましたし、何よりも自分達が思いきり楽しむことができたので終了後の達成感は最高でした。参加した社員も同じ気持ちになっていてくれたら嬉しい事ですね。

日本のレッドハットは、私が入社した2012年当時に比べ社員数は倍以上となり、ビジネス拡大とともに大きな組織になってきました。今後さらに組織が大きくなっても、こういったオープンなところや風通しの良さなど、レッドハットらしさがこの会社の価値だと思っているので、社内での発信や職場環境をより良くできる取り組みは今後も心がけていきたいです。

今後の自身のキャリアの展望について

レッドハットは今期新しい組織体制をスタートさせており、より一層アカウントチームが一丸となり営業活動をすることができるようになったと感じています。

私が担当するお客様向けにもこのタイミングでチームを作り、現在はチームリードの役割を担っています。直近の展望としては、このお客様がビジネスを大きく飛躍させる中で、レッドハットが特別なポジションに位置づけられるような活動をやっていきたいですね。

既存でうまく推進できているビジネスの横展開は勿論のこと、現在手付かずの新規領域の開拓なども行い、お客様から”レッドハットここにあり”と言ってもらう事を目標にチーム一丸となって進んでいきたいと思っています。



ビジネスも成長軌道の真っ只中なので、営業を始めとして色々なポジションで採用を行なっています。

仕事は1日の大半の時間を過ごすことなので、その時間を共に楽しく、モチベーション高く活動できるメンバーが増えてくれたら嬉しいですね。 レッドハットって良いよね!と気持ちよく思える方と一緒に働けたらと思っています。

レッドハットでは、営業, ソリューションアーキテクト(プリセールス), コンサルタント, エンジニアなど様々な職種で採用を行なっております!

Vol.1 営業として活躍する社員のインタビューはこちら

Vol.2 Solution Architectとして活躍する社員のインタビューはこちら

Vol.3 Consultantとして活躍する社員のインタビューはこちら

レッドハット株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる