1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社員紹介「会社名や場所ではなく、会社の理念に惹かれて入社しました」

株式会社リクルート北関東マーケティング  杉本陽(すぎもと・よう)

スタディサプリ進学事業部営業1グループ 2017年入社。長崎県出身。大学卒業後、地域密着の理念に共感しリクルート北関東マーケティングへ入社。スタディサプリ進学事業部で、実績を上げる。

「会社名や場所ではなく、会社の理念に惹かれて入社しました」

長崎県出身で、大学は宮崎大学、九州育ちである。大学時代に街づくりを学び、将来は地元九州で街づくりに携わりたいという思いがあった。一方で、外の世界を学ぶ必要があると思った。都内を始め全国各地で地域に根ざした企業を模索する中で、「リクルート北関東マーケティング」に出合った。地元の九州ではなく、東京でもなく、縁もゆかりもない未知の北関東へ。

「地域に寄り添いながら、ビジネスモデルが学べて、街づくりに貢献できる会社だったので、迷いなくエントリーしました。東京の企業にはない魅力があると思いました。会社名や場所ではなく、会社の理念に惹かれました」

入社後、ステディサプリ進学事業部へ配属。大学・短大・専門学校の広報を通じて、学生募集の支援を行う仕事をしている。

「学校が求める人材と高校生を、広告を通じてマッチングして、学生募集へつなげていきます。同じ学部やコースでも、学校によって特色があることがわかりました。高校生の将来に関わる仕事なので、高校生の可能性を広げられる進路選択のお手伝いをしたいと思っています」  

入社1年目は、新潟県を担当。2年目は長野県の担当となり、地域の学校を訪問している。

新潟時代は、経験も土地勘もない中であったため、なかなか成果が出なかった。新潟配属時代は、新潟県に住んでいたが、長野県に配属された2年目は本社のある群馬県高崎市に住んで、新幹線で通う日々になった。本社では、実績を挙げる多くの先輩たちから的確なアドバイスを常時もらうことができる環境。特に年齢の近い先輩の存在とサポートが大きかった。その環境変化によって仕事の取り組み方が変わり、成長することができた。

忘れられない仕事の一つに、調理師専門学校のオープンキャンパス集客がある。イベントの説明ではなく、料理写真やレシピなどを載せたところ参加者が例年の3倍以上になったという。

「写真や言葉を一つ変えるだけで成果が大きく変わってくることに、やりがいを感じました。高校生にとっては大事な進路選択なので、多くの情報を届けたいと思っています」

「この2年間で、営業という仕事の意味が分かりました。自分たちが動くことで学校の出願者や入学者が増えて、その対価としてお金をいただく。社会の仕組みが理解できたことで、仕事が、より面白くなっています。笑顔の延長に、地域づくりや街づくりがあるということも少しずつ分かってきた気がします」

大学時代に思い描いていた「街づくり」。ビジネスを通じた地域貢献の携われていることが、一番の喜びだ。

株式会社リクルート北関東マーケティングでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう