1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

テクノロジーの力で廃棄物処理・リサイクル産業のコスト削減、リサイクル技術の発展を目指します
代表取締役 白土悠平はゴールマン・サックス証券、シンガポールベースのベンチャービルダー Reapraを経て起業
「リサイクル産業の力を引き出し、 躍進を支援する。」 私たちは、国内市場約12兆円という巨大な廃棄物処理・リサイクル産業において、産業の力を最大限引き出す情報インフラの構築に取り組んでいます。 ◆ビジネスモデル◆ 産業で起きている人材不足に応えるべく、ドライバー採用支援サービス「はこジョブ」の展開を皮切りに、廃棄物処理・リサイクル業務を効率化するSaaSやメディア事業等、戦略的に新規事業を展開していきます。 最終的にはリサイクル産業における総合的なプラットフォームを構築。業務効率化、採用支援、広報・マーケティング、法務、財務マネジメント、技術投資などあらゆる面から産業を支援していきます。 ◆現在の主要サービス◆ (1)ドライバー特化の転職支援サービス『はこジョブ』 廃棄物処理・リサイクル業界、運送業界の事業者様向けに、ドライバーでの転職希望者をご紹介しています。人材難が深刻化している事業者の皆様にご利用頂いており、迅速な人材確保ニーズにお応えしています。 転職希望登録者数の多さや豊富な転職サポートが強みのサービスで、直近では関東圏を中心に運営。本年度より関西/東海地域等、日本全国への展開を進めます。 (2)廃棄物処理会社向け 経営支援コンサルティング 処理会社向けに経営課題に関するコンサルティングを行い、一緒に新規事業の開発を行います。

なぜやるのか

そ既存の資源循環システムには、まだまだ効率化の余地が残っています
リサイクル産業は経済発展に伴う環境汚染を食い止め、全ての産業を支える重大な役割を担っています。 しかし日本では、廃棄物処理の許認可は産業廃棄物の場合は都道府県ごと、一般廃棄物の場合は市町村ごとというように、細分化された産業構造により多くの中小事業体が乱立しているため、産業全体では決して効率的とは言えない現状です。 また、深刻な人手不足とITの非浸透によるアナログな業務管理により、生産性が低止まり。現場は疲弊し、産業の競争力となるリサイクル技術の進歩も望みにくい状況です。 廃棄物処理・リサイクル産業で働く人々と技術の力を最大限引き出すこと。 日本の先進的なリサイクル技術や、情報インフラを新興国へ展開していくこと。 世界中の人々が、地球と幸せに共生していく社会を作ること。 これらは、非常に社会的意義の大きいミッションであると我々は捉えています。

どうやっているのか

明るい雰囲気で社員同士が活発なコミュニケーションをとっています
全員で会社を成長させるための施策を出し、スピード感を持って事業に取り組んでいます
◆チーム◆ 創業者の白土は、外資系投資銀行→ベンチャービルダーを経て、リバースネットを創業。 社外取締役には、諸藤周平(東証一部2175、株式会社エス・エム・エス創業者兼初代CEO)を迎えております。 メンバーはメガベンチャー、広告代理店、戦略コンサル、人材、アパレルブランド等、バックグラウンドが多種多様となっておりますが、共通する点は皆成長意欲、貢献意欲の高いメンバーであり、優秀なメンバーと熱量高く切磋琢磨できる環境があります。 ◆バリュー◆ 強さと優しさを持って、全てのステークホルダーに向き合える組織であり続けたいと考えています。 1. 変革者であれ - Be a change-maker 自己を変革し、組織を変革し、社会を変革する者であれ 2. 学習者であれ - Be an enthusiastic learner 世の中のあらゆるものから、謙虚に学び続ける者であれ 3. 支援者であれ - Be an empathetic helper 他者を思いやり、共感し、支援できる者であれ