1
/
5

【スタッフインタビュー企画】第3弾!Rebaseでバックエンドエンジニアとして働く理由

『Rebaseってどんな会社?どんな人が働いているの?』ということはもちろん、『エンジニアとは?マーケティングとは?』などなど様々な角度からお届けするこの企画。

第3弾となる今回はバックエンドエンジニアとして大活躍中の高松さんにお話を伺いました。

プロフィール

名前:高松
所属:プロダクトグループ バックエンドチーム
略歴:大学ではコンピューターサイエンスを専攻。
その後、大学院の博士課程に進みコンピューターサイエンスの中でもWebアプリーケーションのセキュリティをテーマに研究。
新卒で入社した会社で2年間エンジニアとして、さらに2年間セキュリティエンジニアとして勤務。
2019年8月RebaseにJoin。

自分の力を試すべくRebaseにJoin

ーこれまでの経歴とRebaseにJoinされたきっかけについて教えてください。

大学院の博士課程でWebアプリケーションのセキュリティをテーマに研究後、新卒で入った会社で2年間エンジニアとして、さらに2年間セキュリティエンジニアとして働きました。

その後、元々会社の同期だったRyoに誘われたことをきっかけにRebaseにJoinしました。


ーRebaseにJoinしよう!と思った決め手があれば教えてください。

「人」ですね。

もともと、出来上がったサービスを維持するのではなく、自分の手でサービスや会社を大きくしたいという思いがあり、スタートアップ企業で自分の力を試してみるためにも転職を視野に入れていました。

信頼している元同期の誘いや、会社の方々と話した雰囲気から居心地の良さを感じ、自分に合った環境で、自分の力を試せそうなRebaseにJoinすることに決めました。


裏側の影響力

ー今はRebaseでどのような業務を担当されていますか。

一言でいうと、バックエンドエンジニアとしてインスタベースを作ることです。

バックエンドなので、ユーザから直接見えないサーバ内のビジネスロジックが実装対象となります。

その中で、新機能の開発やバグの改修をしたり、システムをより使いやすいものにすべく追加や変更を行っています。


ーバックエンドエンジニアならではの、仕事のやりがいについて教えて下さい。

予約や決済などの、サービスの根幹となる部分を扱うため、やりがいを感じます。

またバックエンドではあるものの、実装したロジックがサービスの品質やスピードに直結し、ユーザ体験に影響を及ぼす点も面白いと思います。


ーでは、大変なことは何かありますか。

責任の大きさです。先ほど話したようにやりがいがある一方で、小さなエラーやバグであっても、サービスに与える影響はとても大きいです。

やりがいを感じる仕事ではありますが、責任はとても大きく、緊張感のある仕事です。


ー仕事面での、これからの目標はありますか。

今後 Rebase のサービスは、大きくなるだけでなく、沢山増えていくと思います。

その中で、Rebase のサービスを作り、運用する上で、より良い選択ができるように、技術でリードできるようになりたいと思っています。

ロジカルな思考力

ーバックエンドチームとして、求める人物像を教えて下さい。

予約や決済など、センシティブな情報を扱うことも多い仕事なので、ロジカルな思考ができる人ですね。「なんとなく」ではなく、筋が通った思考から結論を導き出して行動して欲しいです。

あと、もう一点、大切なこととして「ユーザーファースト」で行動できて欲しいですね。技術ももちろん大切ですが、ユーザに価値を提供できることをもっと大切に考えています。


ー経験面ではどうですか。

まず、Ruby on Railsを使えることは必須です。

B to Cでサービスを展開したことがある人や、「センシティブな情報を取り扱うサービスを運用した」ことのある人に来てもらえると有り難いですね。

さらに、ゼロからサービスを立ち上げて、拡大・運用してきた経験があるとより理想的ですね。


Rebaseの誠実さ

ーRebaseの良さについて教えて下さい。

誠実で真面目なところですね。
過去に、サービスに不具合があり、ご迷惑をおかけしてしまった際の対応を見て感じました。

自社にとっての不利益よりも、利用者にとっての利益を最優先し、誠実な対応をする姿を見て、信頼できる会社だと思いました。


ーでは、Rebaseの課題点はありますか。

人が優しすぎることですね。

会社が大きくなる中で、結果を出すことも更に大事になってくると思います。

そのためにも、感情に流されずに、時には厳しいジャッジをすることが必要になっていくと考えています。


ー最後に、これから一緒に働くかもしれない方々に向けてメッセージをお願いします!

今のRebaseは、会社としても、サービスとしても、どんどん大きくなっている段階です。

その中で、自分が中心となってサービスを大きくしたり、新しいサービスをつくり出せることは、とても面白く、やりがいのあることだと思います。そういったことに興味がある人は是非一緒に働きましょう!



第3回は以上となります。お読みいただきありがとうございました!


〜編集後記〜

今回はバックエンドエンジニアの高松さんにお話を伺いました。

サービスや会社をより大きくしたいという熱い思いを持ちながら、誠実に仕事に向き合う姿が印象的でした。

ご協力ありがとうございました。



バックエンドエンジニアの募集はコチラ

株式会社Rebaseでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング