1
/
5

【インターン生紹介 vol.3】地方国公立大学に通う現役大学生がなぜ東京に?〜これまでの経験から生まれた彼の夢とは〜

こんにちは!株式会社リアステージ インターンの岡村です。

ついに梅雨の6月に突入し、2021年も残り半分です!そんな中、5月には新たに多数のインターン生が弊社にジョインをしてくれました。

今回はその中の一人、地方の大学に通っている藤井さんにインタビューをしました。

なぜ彼はこのタイミングで上京するという行動を取ったのか。彼が秘めている熱い思いとは。そして、リアステージを選んだ理由とは。

長期インターンに興味がある方はもちろん、地方大学に通われている方にも行動を起こす何かのきっかけになればと思います。



藤井 健太 (ふじい けんた)
新潟県出身。新潟大学経済学部3年。スポーツが大好きで毎日バスケと野球、バドミントンの情報収集は欠かさない。カリフォルニア州のシリコンバレーへの留学経験から、新潟県が抱える「創業支援体制との連携への課題」の解消のために活動する学生団体「ベンチャリング・ラボ」の運営を担当。そして、1か月前からリアステージで長期インターンを開始。それと共に、新潟から一人で上京。現在、IS課で熱い思いを胸に日々奮闘中。



本日はよろしくお願いします!早速お伺いします。
藤井さんは新潟生まれ新潟育ちで大学も新潟ということなんですけど、なぜこのタイミングで新潟から東京に出てこられたんですか?

シリコンバレーへの留学経験や新潟で学生団体を運営していた経験から、環境の変化による負荷が自分のモチベーション維持の源になることを体感したからです!

これまで地方と東京の熱量格差を感じてきて、大学はオンライン授業ということもあり、新たなコミュニティに飛び込むことを決意しました。

すごい行動力ですね!
シリコンバレーに行ってみて藤井さん自身にどんな変化があったんですか?

一つ挙げるのであれば、私の人生における壮大な夢ができたことです!自身のキャリアに対して本気で向き合っている人がいるだけで、その周りがどんどん熱くなる、その好循環が、優秀な人材を輩出し続けるコミュニティ創出の根幹的な要因であるということに気付かされました。「このシリコンバレーのようなコミュニティを日本に構築していきたい!」そう思えるきっかけを与えてくれたのがシリコンバレー留学でした。


なるほど!そこから長期インターンを始めよう、新たなコミュニティに飛び込もうと決意したんですね?!

そうですね!

自分の夢へアプローチできる業界は、人材以外にも教育や金融や広告など幅広くあるなと感じていますが、まずは「人材」というキーワードでインターンを探しましたね。


人材業界でも長期インターン生採用している企業は他にもたくさんありますけど、その中でもリアステージを選んだ理由は何ですか?

結論は「人」です!

自分の人に対する判断基準は主に2つです。1つ目は、論理的に物事を捉えることができ、かつ、人の思いに寄り添える合理的感情人であることです。2つ目は、社員の方の目が生き生きとしているかどうかです。この抽象度の高い判断基準の下、人材会社の中で長期インターンを経験する企業としてベストであるのは、リアステージだと判断して入社しました!




そういうことだったんですね!
ちなみに、長期インターン生の多くがtoCの業務を選ぶ中、なぜtoBの業務を選んだんですか?

単純にリテラシーの高い人事の方を相手にする業務の方が、toCに比べてより成長できると考えたからですね。toCを経験してからtoBに部署を移動するという流れよりも、「最短で」圧倒的な成長、このスピード感を意識しました。

ジョインして1か月の今、やってみてなにか感じることはありますか?

集客という顧客成功の入口だけでなく、その後のフォローアップにも物凄く興味を持ち始めています!口だけでなく、いち早く結果を出して、物を言える立場になれるよう、最近気が引き締まっていて、今は実践やロープレなどとにかく数をこなしています。これは他のメンバーには譲れないと思います!(笑)

あとは、自分自身を認識することが出来るようになりましたね。

私はつらいことやうまくいかないことは凄くやめたがる性格なんですね。でも、自分のやりたいことやしたいことの長期的なビジョンに対して、これまでのただ口に出して行動して、挫折するという自分とは変わって、口に出して行動することはもちろんなんですけど、目標達成のためにその行動を常にやり続けるというひたむきな努力が出来るようになったなと実感しています。

おお!自己成長に繋がっているんですね。それでは最後に今後の目標や一言お願いします!

インターンを始めようか迷っているなら、まずは行動です!社会人初心者の学生は知識がない分、考えるよりも行動をしないとそもそもの本質的な課題を発見することはできません。スポーツも同じで、考えるより練習量や試合数がアウトカムに影響するのは確かです。大事なのでもう一度。まずは行動あるのみです!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

現在、リアステージでは「働くをポジティブに」というVisionの下、そんな世界を実現するべく仲間を募集しております。記事をご覧頂き、少しでもご興味を持って頂けましたらエントリーしてください!




もしこの記事が良かったら是非いいねとシェアをよろしくお願いします!!

株式会社リアステージでは一緒に働く仲間を募集しています
46 いいね!
46 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう