1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なぜ教師を続けなかったのか?元中学教師の選んだ新たな挑戦!

中学教師がベンチャー企業に転職した理由とは?


大学時代はプロ野球選手を目指していていたが挫折し、中学教師を選んだがたった1年で退職。
そして転職先で選んだのは成長中のベンチャー企業。

そんな社員について紹介します!


■プロフィール
氏名:赤岡三志郎
年齢:24歳
肩書:キャリアアドバイザー
資格:中学校教諭1種免許(技術)小学校教諭1種
経歴:山梨県出身 
   横浜国立大学教育人間科学部    
   相模原市中学校教諭     
   現職


■現在の仕事内容:キャリアアドバイザー
就活生の就職活動のサポートを始め悩みなど現状の課題に対してカウンセリングを行い学生の可能性や魅力を引き出し、 入社までをサポートする仕事をしています。



■大学時代どういう就活をしてきたのか
野球部に所属し、プロか実業団を目指し毎日部活に励んでいましたが、
その夢は叶わず7月から教員採用試験の勉強を必死にしてました。


■なぜ教師になったのか
私は大学生の時にプロ野球選手を目指していたのですが、その夢は叶わず大きな絶望を味わいました。
そこでプロ野球選手のように子どもに夢をあたえたり、社会に大きな影響力を与えられる仕事をしようと思い中学教師になることにしました。



■教員としてどんな仕事をしてきたのか
全校生徒750人の中学校で、全クラス技術科の担当をしていました。
さらに1学年の担任と卓球部の顧問をしていました。


■転職を決めたきっかけ
分かってはいたものの、教員は年功序列で影響力を持てるポジションに行くためには40年もかかるため、
私の夢を叶えるまでに時間がかかり過ぎてしまうと感じてしまいました。
教員という世界は夢や目標が大切であることを伝えていくのにとても狭い環境であり、伝えられる言葉には限界があったこと。キャリアステップが決まっていて、教育委員会や学校単位での決められている制限がかなりあるため自分が主となって活動できないことなど、
私の理想を叶えていくためには障壁が多くありすぎたのです。
これが転職をしようと考えたのがきっかけです。



■リアステージに入社を決めた理由
転職活動をしていく中で現在の職場であるリアステージに出会いその事業内容の社会貢献度の高さや会社の成長性、 会社の雰囲気や働く人たちのモチベーションに強く魅力を感じました。
ここなら絶対に成長できる!きっとプロ野球選手を超える価値のある人間になれる! そう確信し現在の会社に入社を決めました。


■自身の今後の目標
社内で一番多くの就活生を救えるキャリアアドバイザーになることです!

株式会社リアステージでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう