Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

weworkにある打合せスペース。おしゃれで開放的な環境
ローカルフォリオ(旧社名:リーチローカル・ジャパン)は、インターネットを通じて地域に根差す企業の成長を後押しすることをミッションに掲げています。当社の事業ドメインは広告代理業ではありますが、独自のプロダクトを持つことで、競合優位性のある事業展開を行っています。 通常インターネット広告ですと、インターネット上でお問い合わせをどれだけしたのかという【成果】を図ることができますが、電話でのお問い合わせに関しては【成果】を図ることができないのです。当社は電話でのお問い合わせを図ることで、真の費用対効果を見ることが可能です。その為、サービスの継続率は90%を誇り、クライアントから圧倒的な支持を得ています。 次世代型の広告運用も社名変更に合わせて実現しました。今まで手運用でしか対応できなかった広告運用を【機械学習】を用いた運用にすることで、広告の入札状況の最適化やGoogle、Yahoo!の広告媒体を横断した予算の最適化が可能となりました。 低額の広告予算しかもっていない企業に対してもしっかりと伴走できる仕組みとなっており、競合他社とは異なる営業が可能となっています。

なぜやるのか

世の中に大企業と言われる会社の割合ってご存知でしょうか?調べてみると1割にも満たない割合が大企業でそれ以外は中小企業に当てはまります。そこから考えると日本の大半は中小企業で成り立っているのです。インターネットが普及し、SNSが普及し、そこについていける企業はまだまだ少ないのが現状です。 新聞、紙、看板広告・・・これらの手法から脱却し、新しい集客チャネルとしてインターネットを活用し、企業の成長を後押しするのが当社の役割になります。 しかしながら、インターネット広告について「やり方がわからない」「費用が高い」などと、まだまだ障壁があるのも事実です。当社はそんな企業に対して寄り添い・伴走し、成長できる為の後押しをしていきます。

どうやっているのか

Google、Yahoo!、Facebook(リスティング、ディスプレイ、SNS広告)の入札単価調整と予算配分をAIでも自動最適化する広告運用代行サービス「LocalFolio(ローカルフォリオ)」を新たにスタート!当社のお客様から予算を預かり、当社でAIを活用しながら、どの媒体にどれだけの予算を費やすかを決める、いわゆる「信託型」のサービスとなります。 当社の「LocalFolio」は複雑な知識を習得しなくても最先端のデジタルマーケティングを中小企業で活用できるようになっています。 ◇◆◇◆当社の社風について◇◆◇◆◇◆ 元々外資系の日本支社としてスタートした当社ですが、現在は独立して事業を展開しています。独立するにあたって、外資系特有の社風から横のつながりを大事にした、チームワークを重要視した組織の動き方になっています。特に当社で大事にしていることが、mission,vision,value(頭文字を取ってMVV)。この3つの軸は入社したメンバーに対して代表自らレクチャーするほどです。このMVVに共感できるメンバーを当社は求めています。 ●MISSION インターネットを通じて地域に根差す企業を後押しします。 全従業員の物心両面の幸福を追求します。 ●VISION 集客に取り組む企業を支える一流のパートナーとなる ●VALUE 顧客第一主義 革新 高い実行力 チームワーク また、社員同心の仲は良く、フットサルをしたり、マラソンをしたりと仕事以外のつながりも大切にし、会社も活動支援を行っているほどです。仕事終わりにはwework提供のフリーアルコールを通じて社長を交えたコミュニケーションも活発になっています。