This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

3人の子育てと仕事を両立しながらも、ワクワク楽しく働き続けられる理由とは・・・。

狩野 香里 (かりの かおり) 1988年生まれ 2016年中途入社 

アールキューブで楽しそうに働く友人の記事を見て、即連絡をしたことがすべての始まりでした。現在、営業企画の仕事と3人の子育てを両立しながら、イキイキと働く狩野さんをインタビュー。

( 私もママなので、若干ママ対談となり色々とアドバイスも頂きました! )

アールキューブとの出会い

狩野:2児を出産した後、子供との時間を大切にしながら在宅で出来る仕事を就職サイトやWantedlyで探していました。学生の頃からウェディングの仕事に興味があったので、ウェディング系で在宅でできる仕事があったら更にいいなとも思っていました。でも、なかなかなくて・・・。

児島:確かにウェディングって、現場で働くイメージがありますよね。

狩野:そうなんですよね!でもそんなある日、facebookで大学時代に同じクラスだった友人の記事がシェアされているのを発見して、それがアールキューブで楽しそうに働く大和まゆの記事でした。その記事から、ホームページに飛ぶと「ライター募集」の求人があったので、ライターなら在宅でできるかもしれないと思い、速攻で連絡をとったのがきっかけですね。

児島:すごくいいタイミングでしたね!!

狩野:まゆは大学入学後初めて同じゼミで一緒になった子だったんですが、当初から一人だけすごく目立っていましたね(笑)大学での一番最初の授業で、みんなが様子を伺いながら受けている中、一人だけ、「はい!はい!はい!」ってものすごい勢いでたくさん質問していたのがものすごく印象に残っています(笑)

児島:昔から大和さんのパワフルさは変わらない感じですね!!そんな、大和さんの記事を見て連絡をとられて・・・?

狩野:連絡をしたら「1回おいでよサロンに!」と誘ってくれ、ライターのお仕事を在宅でやらせてもらえることになり、毎日決められた時間まで原稿作成をして送ったりしていました。その後、ライターと平行しながら、週1〜2回アルバイトとしてサロンに通い、結婚式の席次表や招待状のデータ作成や雑務をするようになりました。
しばらくして、子供も成長し保育園も決まったので、本格的に仕事を再開しようと決断、就職活動を始めました。色々なご縁もありアールキューブとは異なる会社に正社員として就職が決まりました。ただその矢先、3人目の妊娠が発覚して・・・。就職が決まっていた会社は、子供を育てながら働いているママ社員が一人もいなかったので前例もなく、みんな独身でバリバリやっている社風でした。

児島:それは、就職しても不安ですよね。。。

狩野:仕事と育児を両立する社員の前例がない会社で働く不安はもちろん、働く気持ちはあるものの子供を諦めたくない気持ちもあり、すごく悩みましたね。そんな時に、再度まゆに相談をしてみたところ、「社長に話してみる!」と言ってくれ、その後社長から「アールキューブで働けばいいじゃん!」と言っていただきました。もうその社長の一言ですべての悩みが払拭され、アールキューブに入社することを決めました。

児島:アールキューブは入社当時(2016年頃)、働いているママさんっていたんですか?

狩野:一切いなかったですし、私と社長くらいしか結婚してる社員もいなかったと思います。でも、社長の考えの中に子供がいるママが働きにくい社会っておかしいし、ママでも働きやすい会社にしていきたい!という想いがあったようで、産休にこれから入る私をなんの躊躇もなく受け入れてくださったことがとても嬉しかったですね。

児島:確かに!!私自身も子供がいることが転職のマイナスになるんじゃないか・・・って不安だったんですが、社長と面接した時にそういった部分は気にも留めていない様子だったので、逆に拍子抜けして嬉しかったの覚えています(笑)

狩野:そうですよね!もちろん、採用するにあたって、子供が熱出したりとか、急な休みとか考えると会社的に不安要素はたくさんあったとは思うんですが、社長は自分の考えを実行される方なんだなとすごく嬉しく思いましたね。

入社後の仕事・やりがいとは

狩野:最初は、管理部に配属をして労務や総務関係の仕事をしていました。その後、産休に入り無事出産、育休を取得後、営業企画という新設された部署ができていたので、そこに復職しました。現在も営業企画の部署で時短勤務で働いています。

児島:営業企画のお仕事とは?

狩野:お客様の婚礼1ヶ月前に当日必要になる席次表、プチギフト、会場で使用するものなどが大体このくらいある、といった初回発注を業者にかけ、在庫を確保します。その後、婚礼約20日前に、結婚式の内容が最終決定した資料が送られてくるので、その資料をチェックし、発注、請求書の発行を行います。そして、婚礼1週間前になると、当日のプランナーに発注した商品が間違っていないか、といった発注確認を行います。初回発注、最終発注、発注確認を合わせて100件近くを1週間でさばいていく仕事ですね。

児島:要するに、新規のお客様は会費婚の営業メンバーが接客をし、その後、プランナーさんに引き継ぎ、プランナーさんがお打ち合わせの中でお客様と決められた商品等を営業企画の皆さんが婚礼当日までに手配するという流れなんですね。

狩野:そうですね。なので、すごく責任重大な仕事です。絶対にミスがあってはいけないですし、100%やれて当たり前の仕事です。その中でも最終発注が一番重要な仕事になってくるので、チームの人間でトリプルチェックをしています。営業企画のメンバーは、それぞれタイプがあって、スピードをもって量をこなす人や、じっくり抜かり無くやってくれる人など、その皆のバランスが上手くチーム内で取れている気がします。だから、これまでミス0でやってこれていますね。

児島:素晴らしい!営業企画の仕事のやりがいとは?

狩野:結婚式って、決して1人だけではできないサービスです。はじめてご来店いただいたお客様の成約をする「営業の皆さん」から、お客様と結婚式の内容をプランニングしてくれる「プランナーさん」など、1つのパーティーを開催するのに、アールキューブスタッフだけでも約8名、それに会場のサービススタッフはもちろん列席してもらうゲストも入れると最低でも約80名〜100名の人達が新郎新婦お2人の為だけに集まりパーティーをつくります。私達は、その大切なパーティー当日に必要なものを確実に発注する仕事になり、直接的にお客様の前に出る機会ありませんが、「皆で一緒にパーティーをつくっている!」と感じながらお仕事が出来ることに、本当にやりがいを感じています。
また、アールキューブの中でも、一番プランナーさんとコミュニケーションをとる部署が営業企画になります。プランナーさんが何か困った時や相談をしたい時の窓口になれたり、サポートできるところにもやりがいを感じています。ミス無く結婚式を開催するために、事前にこちらが気づいてフォローをしたり、逆にプランナーさん側から頼ってくださったり、そういった信頼関係をこれからも築いていきたいと思っています。

アールキューブでの働きやすさとは

児島:狩野さんは3人のお子さんがいらっしゃいますが、仕事と育児の両立ってどうですか?

狩野:これは、難しい質問ですね(笑)朝、子供を起こして、ご飯を作って、送り出して、、、仕事に行って、帰ってきたらまたご飯作って、お風呂入れて、寝かせて、といった一連の流れを作業レベルではこなせてはいるとは思います。自分なりの工夫としては、前日に翌日分のご飯を作って、帰ったらすぐ食べれる状態にしたり。ただ、子供とどういう風に関われているのか・・・等を突き詰めていくと、もっと子供にやってあげられることってたくさんあるし、それを自問自答するとこれって両立できているのかな、、、?と思うことはあります。

児島:すごくよくわかります!!いま時短で働かれていて16:00までの限られた時間の中で効率よく働く方法ってありますか?

狩野:仕事では、「常に時間を計る」。自分がこの作業に何分かかるのか把握できていないと、今日自分がどのくらいの量の仕事がこなせるかわからないと思うので、そこは徹底しています。自分だけでやっている仕事ではないので、自分の1週間のシフトや作業時間を計算して、チームの皆ときちんと連携を図るようにしていますね。あとは、往復2時間の通勤時間を有効活用して、メールや連絡のチェックをしておくと、会社に着いてからの時間の使い方が変わりますよね。

児島:確かに、参考にします!アールキューブの働く環境ってどうですか?

狩野:働きやすいです!働きやすくないですか?

児島:働きやすいです!

狩野:子育てと両立をしながら働く上で、自分にとってプラスにならない職場環境や仕事なら、絶対にやらないで子供と一緒にいたほうがいいと思っているので、今は毎日がすごく楽しく充実しています!
時短で働かせてもらえることはもちろん、16:00に私が帰る時に、「あとはやっておくので大丈夫ですよー!!」ってチームの皆がすごく気持ちよく送り出してくれたり、それでいて責任のある仕事もたくさん任せてもらえるので、本当に感謝しています。だからこそ、自分も全力で皆さんをサポートすることで恩返ししたいと思っています。
児島:素敵!ママが楽しそうなのって子供にも伝わりますしね!
狩野:そうなんですよね!私の場合ですが、専業主婦をしていた頃、毎日子供と向き合うってすごく楽しい半面、すごく大変でした。2歳頃までって、言葉が通じないし、話せる大人って旦那さんしかいないから、孤独を感じて心が塞いでくるような感じがありました。
こんな精神状態で子供と接するのは良くない!と思い仕事をしようと思ったら、専業主婦だった母には反対され、、、自分って専業主婦もできない、仕事をしようとしたら子供がかわいそうと言われ、、、じゃあどうしたらいいんだろうと悩んでいた時に、前の職場の友人が、「母親が楽しそうにしていることが子供にとって一番幸せなことなんじゃないの」って言ってくれたんですよね。
「イライラしたママと一日過ごすのと、外で仕事をしてリフレッシュして、充実感を得てニコニコで接してくれるママと、子供はどっちが嬉しいと思う?」って言われた時に、人にどう思われるとかじゃなくて、自分や家族にとって何が幸せなのかは自分で決めることなんだな、と思ったら悩みがなくなり、自分を信じてやればいいんだ!って思えるようになりました。働きながら子育てって大変だけど、自分が楽しんでいればOK!って切り替えられた瞬間ですね!

児島:ものすごく共感します!!ちなみに両立してるからからこそのメリットってありましたか?

狩野:旦那さんにアールキューブで働き始めてから、「変わったね」って言われるようになりました。ずっと家にいた時は、自分が関わる大人が旦那さんしかいないし、旦那さんのすべての行動や発言が気になっていたんです(笑)そして、自分のイライラの的が彼にいくわけで、きっと旦那さんも辛かったと思います。でも、アールキューブで働くようになってからは、会社で充実感を得るようになったので、ぶつかることもないし、すごく良い関係が築けるようになりましたね。

プライベートの過ごし方は?

狩野:お休みの日は、3人の子供と一緒に公園に行ったりして遊んでいます。旦那さんがお休みの時は、山とか川に行って自然に触れてますね。というのも、アウトドア関係で仕事をしている旦那さんが自然の中で子どもたちを育てたいという思いが昔からあったので、会社からは少し遠くなりますが、自然いっぱいの場所に引っ越しをする予定です!

アールキューブの魅力とは

狩野:ブライダルの仕事をやりたいという学生時代からの思いは、今ここにいる一つのきっかけにはなっているんですが、今は社長や会社が目指しているミッション・ビジョンが自分の目指している道、そして働いている意味だなと感じますね。あとは、アールキューブって個性のある色んな人がいますが、皆しっかり自分を持っているし、付き合いやすい素敵な人が多いなって思います。

営業企画はこんな方募集しています!

狩野:営業企画は、細かい作業やチェックが多いので、細かい人は向いています(笑)あとは、プランナーさんや業者さんなど、色んな人と関わることが多い仕事です。目の前の人、そしてその場にいない人でも、関わる方を全力でサポートすることが好きな人、そこにやりがいを感じられる人、そして世話好きな人はすごく向いてますね!ぜひ一緒に働きましょう!!!



営業事務・アシスタント
人をサポートするのが好きな営業事務募集!全国展開するウェディングベンチャー
はじめまして。 私たちは、『結婚式の新たな常識をつくる』ブライダルベンチャー企業( https://rcubeinc.com/ )です。2006年に創業し、2011年から会費制結婚式サービス「会費婚」を展開、1年で全国に3店舗オープンし、前年比170%以上で成長中です。 < Vision >こころがつながる社会をつくる < Business Concept >結婚式の新たな常識をつくる - 会費婚 - 2011年に開始した、"会費制の結婚式"に特化したサービス。人気ホテルや高級レストランでの結婚式をクオリティは下げずに通常価格の約半額で実現する、仕組み作りを行っています! 現在は、右肩上がりの成長を続け約2,300組のプロデュース実績があり、2017年からは全国展開がスタート。2017年9月に名古屋、2018年4月に大阪店、9月に福岡店がオープンし、今後も経済的理由で結婚式を諦めているカップルを1組でもなくすため、日々奮闘中です。 【会費婚HP】 https://www.kaihikon.com/
株式会社アールキューブ
営業事務・営業アシスタント
営業事務 募集!全国展開するウェディング事業を支える縁の下の力持ち募集!
はじめまして。 私たちは、『結婚式の新たな常識をつくる』ブライダルベンチャー企業( https://rcubeinc.com/ )です。2006年に創業し、2011年から会費制結婚式サービス「会費婚」を展開、1年で全国に3店舗オープンし、前年比170%以上で成長中です。 < Vision >こころがつながる社会をつくる < Business Concept >結婚式の新たな常識をつくる - 会費婚 - 2011年に開始した、"会費制の結婚式"に特化したサービス。人気ホテルや高級レストランでの結婚式をクオリティは下げずに通常価格の約半額で実現する、仕組み作りを行っています! 現在は、右肩上がりの成長を続け約2,300組のプロデュース実績があり、2017年からは全国展開がスタート。2017年9月に名古屋、2018年4月に大阪店、9月に福岡店がオープンし、今後も経済的理由で結婚式を諦めているカップルを1組でもなくすため、日々奮闘中です。 【会費婚HP】 https://www.kaihikon.com/
株式会社アールキューブ
営業・法人営業
前比170%以上で成長中 世界の概念を変えるようなサービスを創りたい方!
はじめまして。 私たちは、『結婚式の新たな常識をつくる』ブライダルベンチャー企業( https://rcubeinc.com/ )です。2006年に創業し、2011年から会費制結婚式サービス「会費婚」を展開、1年で全国に3店舗オープンし、前年比170%以上で成長中です。 < Vision >こころがつながる社会をつくる < Business Concept >結婚式の新たな常識をつくる - 会費婚 - 2011年に開始した、"会費制の結婚式"に特化したサービス。人気ホテルや高級レストランでの結婚式をクオリティは下げずに通常価格の約半額で実現する、仕組み作りを行っています! 現在は、右肩上がりの成長を続け約2,300組のプロデュース実績があり、2017年からは全国展開がスタート。2017年9月に名古屋、2018年4月に大阪店、9月に福岡店がオープンし、今後も経済的理由で結婚式を諦めているカップルを1組でもなくすため、日々奮闘中です。 【会費婚HP】 https://www.kaihikon.com/
株式会社アールキューブ
株式会社アールキューブでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう