1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【エンジニア】チームの司令塔として、 仲間が受けやすいパスを出す

本日は、2016年新卒入社、WEBエンジニア(フロントエンド)の久保 史明さんにインタビューをしてみました!

ーラルズネットを選んだ理由を教えてください。

ビジネスモデルの安定感と、圧倒的なワクワク感からです

決め手となった要素は2つあります。「安定感」と「ワクワク感」です。

会社の売上構成において、毎月入ってくるランニング売上の比率がイニシャル売上に比べて大半を占めているデータと、その利点を会社説明会で聞き、「ビジネスモデル的にすごく安定している会社だな」と感じました。

また、これは説明会をライブで聞くのが一番なんですが、他の会社に比べ、ラルズネットはワクワク感が圧倒的だったんです!
自分もいつか、時代を変えてしまうようなものすごい可能性を秘めたテクノロジーの分野に携わりたい!と思ったのが入社の理由になります。

北海道内のIT企業で、これだけの事業規模で、ビジネスモデル的に安定していて、めちゃくちゃワクワクする会社はそうはないと思い、すぐに応募しました。

ーラルズネットの研修はどんなものでしたか?

技術と心構えの両面から丁寧に教えてくれました

入社前の段階から何度か研修が行われ、基本的な業務やスキルについて丁寧に教えていただきました。

また、入社後の研修においても、まだ学生気分が抜けていなかった私に、社会人としての心構えや在り方もきちんと教えていただきました。
一番不安だった電話対応も、マナー研修のおかげでしっかりこなせるようになったんです。

「対価をいただいているお客様がいる」という、会社としては当たり前の状況が、社会人になって間もない私には新鮮で、同時にものすごく緊張したことでもありましたが、技術と心構えの両面から研修で鍛えていただいたことにより、その状況に割と早く馴染むことができました。

ー今、担当している業務について教えてください。

制作案件チームの『司令塔』として仲間が受けやすいパス(業務依頼)を出しています

私はフロント側のエンジニアなので、デザイナーさんが作成してくださったサンプルを元にコーディングを行うことが主な業務ですが、最近、制作案件チームの『司令塔』のポジションに抜擢されました。

周囲にうまくパスを出す人ーーつまり、営業部が受注してきた顧客ホームページ制作案件で必要な業務を、各制作スタッフにそれぞれ割り振る役割です。

ホームページ制作案件というのは、大きく分けて「デザイン」と「コーディング」に分かれています。
まず作業内容と工数を割り出し、それをデザイナーとコーダーの皆さんに割り振り、スケジュールに落とし込んでいくという流れです。

チームメンバーのスキルや忙しさを加味しながら、仲間が受けやすいパスを出さないとうまくいきません。

お客様からお金をもらって作るわけですから、当然、納期もきっちり守る必要があります。
また、顧客案件だけでなく、社内案件も並行して進める必要があります。

そんな状況で舵取りする人が頼りないと、「わけがわからなくなってきた…」となってしまいかねません。
社内の誰が見ても進捗がパッとわかる状態にしておくことや、関係者に「あの案件はいつ頃までにできそうかな?」と聞かれてもすぐ答えれるようにしておくことが、私の役目だと思っています。

すべては私の舵取りにかかってくるため、プレッシャーはあります。ですがその分、スムーズに納品できたときはみんなに喜んでもらえるので、すごくやりがいを感じています。
まだまだ経験が浅い私ですが、いきなりこんな大仕事を任せてもらえているので、ラルズネットは若くして色々なことにチャレンジできる会社だなぁとあらためて思います。

ー社内の雰囲気について教えてください。

アットホームで風通しの良い職場。あと、とにかく先輩が優しい

アットホームで風通しの良い職場です。あと、とにかく先輩が優しいですね。

入社当初は右も左もわからない状態で、15分に1回くらいのペースで質問してしまったのですが、先輩方は嫌な顔一つせず、疑問点をわかりやすく丁寧に教えてくれました。
また、私の代から新卒採用が活発になったので、若いメンバーが増えて仕事以外の楽しみも増えました。

エンジニアはデスクワーク中心なので、どうしても体が訛ってしまいます。

そこで空き時間を利用して、卓球やキャッチボールなどをして体を動かす習慣が自然と生まれました。

筋トレもしたいなと思い、自分で筋トレ器具を買ってオフィスに置いていいか聞いたところ、上司から「そんなの会社で買ってあげるよ」と言われたときは、「なんて太っ腹な会社!」と思いました(笑)

今ではスタッフみんながそれぞれ器具を持ち寄ったりして、オフィスの1室がトレーニングルームになっています(笑)

ー最後に、学生の皆さんにメッセージをお願いします。

自分が興味あることにとことんチャレンジしよう

学生時代は、自分が興味あることにとことんチャレンジしてください。

分野はなんでもいいんです。勉強だけでなく、遊びに打ち込んだっていいと思います。
何かに熱中した経験というのは、社会に出たあと間違いなく自分の役に立ちます。
とくにエンジニアは、「熱中する力」が何よりも大事なんじゃないかと思うくらいです。

貴重な残りの学生生活を、とにかくエンジョイしまくってください!

久保 史明 プロフィール

【略歴 】
北海道出身。北海道情報大学 情報メディア学部 情報メディア学科 メディアデザイン専攻卒業後、2016年ラルズネットへ新卒入社。現在札幌オフィス勤務。

【好きなこと】
スポーツ全般(卓球・テニス・バドミントン・野球)、動画視聴、漫画、ゲーム
株式会社ラルズネットでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング